不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

遺品整理ガイド

初めての方でもわかる遺品整理の準備と進め方

段ボール1 遺品整理について

矢印アイコン右 遺品整理とは

遺品整理とは、亡くなられた人が残した遺品を整理し、使われていた部屋を元の綺麗な状態に戻すことを言います。
残された大切な遺品の保管や処分を判断をする必要があるため、遺品整理は親族や遺族が行うのが一般的です。

遺品整理の方法としては

業者に依頼
自分で遺品を整理

の2通りがあります。

遺品を不法投棄するのは、近隣に迷惑がかかるうえ、亡くなられた方にも失礼なため、正しく遺品を整理しましょう。

矢印アイコン右 遺品整理の費用は相続人が負担する

遺品整理を業者に依頼する場合の費用は相続人が支払います。亡くなられた方の財産からは費用は支払えないので注意しましょう。

矢印アイコン右 時期に決まりはない

「この日から始めなければならない」という遺品整理の行う明確な時期は特に決まっていません。

一般的なタイミングとしては以下の時期が一般的です。

心の整理がついた後
葬儀を終えた後
四十九日を迎えた後

亡くなられた方が賃貸物件にお住まいの場合は、賃貸契約の解約や法的な手続きを行う必要があるので、早めに引き払うようにしましょう。

段ボール4 遺品整理の準備・進め方

葬儀や埋葬を終えた後、遺品整理をした経験がない方は「まず何をすれば良いかわからない」と悩んでしまうのではでしょうか。
先述した通り遺品整理には、「業者に依頼する場合」と「自分で行う場合」があります。
ここでは事前に準備しておくべきことや遺品整理の進め方について解説します。

矢印アイコン右 事前に準備・確認しておくべきこと

遺品整理をする上で、業者に依頼する場合でも自分で整理する場合でも事前に準備しておくべきことがあります。

事前に準備しておくべきこととして、

貴重品がないか探す
遺品整理前には親族に知らせる

特に遺品を勝手に処分されてしまい親族とトラブルになるケースが珍しくありません。整理を始める前に、遠方にいる親戚にも確認をとってから遺品整理に取り掛かりましょう。

矢印アイコン右 業者に依頼する場合

遺品整理は一日で作業が終わらないことも多く、普段仕事が忙しい方や亡くなられた親族が遠方に住んでいる場合にご自身ですべて行うのは大変です。 遺品整理を専門の業者に依頼すれば、処分する不用品の分別や運び出し作業をすべて任せられます。

特に

チェックマーク残された遺族が高齢
チェックマーク労力や時間をかけられない
チェックマーク遺品が多すぎて手に負えない

のような場合は遺品整理を業者に任せるのがおすすめです。

業者に依頼する遺品整理の流れは以下の通りです。

ステップ1
矢印アイコン右
矢印アイコン下
ステップ2
矢印アイコン右
矢印アイコン下
ステップ3

遺品整理は業者によってサービス内容や料金が異なるので、事前に確認して納得した上で依頼しましょう。

矢印アイコン右 自分で行う場合

遺品を整理しながらご自身の気持ちも整理したい方や、できるだけ費用をかけたくない方にとっては、ご自身で遺品を整理する方法をおすすめします。

ご自身で遺品整理を進める手順としては、

手順.01 軍手や段ボール、カッターナイフなど遺品整理に必要な道具を揃える。
手順.02 処分する遺品と残しておく遺品を仕分ける。
手順.03 処分するものは、不用品として自治体の規定に従って家庭ゴミとして廃棄する。
手順.04 すべての遺品を搬出した後に清掃を行う。

普段のご自身の部屋の整理とはかなり内容が異なるので、体力的にも精神的にも労力がかかります。

段ボール3 不用品回収ルートの遺品サービス

遺品整理を業者に依頼しよう検討している方はぜひ不用品回収ルートにお任せください。
スタッフが自宅に伺い分別作業や搬出作業を行うので、お客様が仕分けを行う必要はありません。
また、遺品整理をするにあたってご依頼人の立ち合いも必要ありませんので、時間がない方でもご依頼いただけます。

その他にも、

遺品のサイズや数に関係なく回収
追加料金が発生しない積み放題定額プラン対応
状態の綺麗なものは買取に対応
最短即日で遺品整理が可能

そのほか、回収してほしくない契約書などの書類や貴金属がある場合など、細かい要望にも柔軟に対応しております。

遺品サービスについて

遺品整理のお見積もりや気になる疑問点は、WEBや電話、LINEから無料で受け付けています。お気軽にご相談ください。

段ボール4 遺品整理の料金相場と比較

冒頭に説明した通り、遺品整理の料金は残された相続人や親族が負担します。
遺品整理行った経験がない方にとっては、料金の相場がわからず困っている方も多いはずです。
そこで「一般的な遺品整理業者に依頼した場合の料金」と「不用品回収ルートの料金」について掘り下げていきます。

矢印アイコン右 一般的な遺品整理業者の相場

一般的な遺品整理業者の場合は、部屋のサイズ・スタッフの人数・作業時間に比例して料金が高くなっていきます。

間取り 処分品の容量 料金
1DK 2立方メートル〜8立方メートル 30,000〜100,000円
1LDK〜2DK 5立方メートル〜15立方メートル 80,000〜200,000円
2LDK〜3DK 12立方メートル〜25立方メートル 120,000〜250,000円
3LDK〜4DK 17立方メートル〜30立方メートル 17,000〜300,000円
市営・都営住宅 20立方メートル〜45立方メートル 200,000〜450,000円
一般的な戸建て 30立方メートル〜80立方メートル 300,000〜800,000円

※上記遺品整理の料金は一般的な業者の参考料金となります。

上記の他に、ハウスクリーニングやエアコンの取り外しなど、オプションサービス料金がかかる場合もあるので、依頼する際は業者のサービス内容を確認しましょう。
以上のようにお部屋のサイズや状態によって料金は代わりますが、すべての料金トータルで5万〜10万円くらいが、一般的な遺品整理業者の料金相場になります。

矢印アイコン右 不用品回収ルートの料金プラン

不用品回収ルートの場合も同じく遺品整理する規模によって料金が変わりますが、スタッフ追加料金やエアコン取り外し料金をすべて含めた「不用品回収ルート定額プラン」なら追加料金が発生する心配なくお任せできます。

サービス名称

不用品回収ルート

軽トラ積み放題

利用料金 5,0000円 40,000円〜60,000円
トラックの種類 2tトラック 2tトラック
トラックの追加料金 0円 5,000円〜15,000円
スタッフ対応可能人数 2名 1名〜2名
回収NG品目 生ごみ、液体類 NG複数あり

不用品回収ルート

利用料金 5,0000円
トラックの種類 2tトラック
トラックの追加料金 0円
スタッフ対応可能人数 2名
回収NG品目 生ごみ、液体類

軽トラ積み放題

利用料金 40,000円〜60,000円
トラックの種類 2tトラック
トラックの追加料金 5,000円〜15,000円
スタッフ対応可能人数 1〜2名
回収NG品目 NG複数あり

不用品回収ルートの定額プラン「LLパック」であれば、2K~2DKのお部屋の料金が追加料金コミコミで100,000円。
残された遺品が多ければ多いほどお得なプランとなっております!

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

万が一の場合もご安心ください 安心の損害賠償保険付き! 3,000万円

コロナウイルス対策実施中!作業前後にマスク・消毒を徹底! コロナウイルス対策実施中!作業前後にマスク・消毒を徹底!

page top