不用品パンダ
アルミゲート(門扉)の処分方法とオススメの不用品回収業者

玄関の防犯などに使われており、ホームセンターなどでも簡単に手に入るアルミゲート(門扉(以下アルミゲートとする))ですが、処分となれば簡単にはいきません。

 

ここでは「アルミゲートを買い換えるので古いものを捨てたい」「引っ越すのでアルミゲートを処分したい」と考えている方に向けて、処分方法と手軽に処分できるオススメの不用品回収業者について紹介していきます。

アルミゲートの処分方法

アルミゲートの処分方法はおおよそ3通りあります.アルミゲートのサイズによっては処分に対応していない方法もあるので、サイズを測ったうえで確認しましょう。

粗大ゴミとして処分する

アルミゲートの1辺の長さが、2m未満のものは「粗大ゴミ」として廃棄処分することができる自治体もあります。粗大ゴミ処分のサイズ規定は各自治体ごとによって異なるので、お住まいの自治体ホームページなどから確認しましょう。

 

アルミゲートの粗大ゴミ処分の手順は以下の通りです。

 

  1. 各自治体の粗大ゴミ受付センターに問い合わせて、収集依頼をする。
  2. 粗大ゴミ処理券取扱所で粗大ゴミシールを購入して、アルミゲートに貼り付ける。
  3. 粗大ゴミの収集日までに指定された場所に出しておく。

リサイクルショップで買取してもらう

スチールまたは鋳物製のアルミゲートをリサイクルショップに買取に出すことで、わずかながら収入を手に入れながら処分することができます。

 

アルミゲートの重さによって買取金額が変わってくるので、買取業者の出張費用などを考慮した上でプラスになるようなら、依頼するようにしましょう。

 

鉄やアルミなどの他の材質が含まれている場合は、買取に出す前に外しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

回収費用はかかってしまいますが、不用品回収業者に依頼することで手軽かつ素早くアルミゲートを処分することができます。

 

粗大ゴミや買取などとは違い、処分する際の細かいルールについて一切考えることなく処分することができるので、手間を掛けたくない方にオススメの処分方法です。

アルミゲートを不用品回収ルートで回収するメリット

ここからは、不用品回収ルートにアルミゲートを回収してもらうことのメリットについて説明します。

どんなサイズや規模でも回収可能

不用品回収ルートでは粗大ゴミとして処分できない2m以上のアルミゲートから、小型のアルミゲートまで、サイズや規模に関係なく回収いたします。

 

また他社様で断られたアルミゲートでも回収対応していますので、回収できるか心配する必要はありません。

 

回収費用はサイズや費用によって変わるので、まずはWEB・電話・LINEから無料でお見積もりできますので気軽にご相談ください。

損害補填付き

不用品回収ルートでは常に最新の注意を払って作業しておりますが、万が一のアクシデントに備えて最大で3,000万円の損害補填が備わっています。

 

小型のアルミゲートでも自力で作業すると事故や怪我の恐れがあり、自分で作業した場合は保証がありません。アルミゲートや門扉などの大きなものは業者に依頼するようにしましょう。

最短で即日で回収できる

不用品回収業者のなかには、不用品の回収までに数日かかる業者も存在するので、「改修してもらいたい」と依頼してから実際に手元から離れるまで時間がかかることがよくあります。

 

全国各地にトラックを配備している「不用品回収ルート」なら、最短で依頼したその日のうちにアルミゲートを回収致しますので翌日に持ち越すことなく片付けることができます。

 

お見積もりや回収は深夜や早朝でも承っておりますので、気兼ねなくお問い合わせください!

まとめ

サイズの大きいアルミゲートは粗大ゴミとして処分できないので業者に依頼して処分する必要があります。

 

少しでもお得に処分したい場合はリサイクルショップなどに買取依頼することでお得になり、面倒なルールを考えずに手間を掛けたくない場合には「不用品回収業者」をオススメします。もし本日中に片付けてしまいたい場合は、即日回収に対応している「不用品回収ルート」にお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top