不用品パンダ
使わなくなったアンプの捨て方は?処分方法5つをかんたん解説!

ベースやギターなどの音楽の信号を増幅させるためにライブなどで使われるアンプ。普段から音楽活動をしている方にとっては、欠かすことのできないものですが、日常の生活で使う機会はありません。

 

ここでは、使わなくなったアンプが押入れの中で眠ったままになってしまわないように、アンプの処分方法について解説しています。ご自身にあった処分方法を見つけて正しく処分しましょう。

使わなくなったアンプの処分方法5つ

ここで紹介するアンプの処分方法は5つです。処分方法はそれぞれ特徴が異なり、何を優先して処分するかで選ぶ方法も変わってきます。

 

お持ちのアンプの状態と見比べながら確認しましょう!

粗大ゴミとして捨てる

サイズが30cmを超えるようなアンプは粗大ゴミとして捨てることになります。サイズが小さい小型のアンプであれば、燃えない・燃えるゴミとして捨てられる自治体もあります。粗大ゴミサイズの規定については自治体のホームページ等から確認してください。

 

下記はアンプの粗大ゴミ処分の手順です。

 

  1. お住まいの自治体の粗大ゴミ受付センターにホームページ等から問い合わせて、粗大ゴミの収集依頼をする。
  2. スーパーやコンビニなど、最寄りの粗大ゴミ処理券取扱店で粗大ゴミシールを購入して、貼り付ける。
  3. ゴミの収集日時までに、お問い合わせの時に指定した収集場所へアンプを出しておく。

 

アンプはサイズが大きく、家から外へ運び出す際は台車などを使うことをおすすめします。また、エレベーターがないアパートやマンションにお住まいの方は、十分に気をつけて運びましょう。

小型家電としてリサイクル

アンプの中にはサイズが小さく、小型家電としてリサイクルできるものがあります。回収方法は家電量販店・公共施設・などに設置された「回収ボックス」に投入する方法がもっとも一般的です。

 

回収されたアンプは、金や銀、レアメタルなどの金属を取り出して再資源化されます。環境汚染の防止に貢献できるので、環境に優しく処分したいと考えている方におすすめの方法です。

 

その他の小型家電の詳しい回収方法については、お住まいの自治体に問い合わせて確認しましょう。

知人や友人に譲る

壊れていないアンプを処分しようとしているなら、一度周りの人に必要としている人がいないか尋ねてみたほうがいいかもしれません。

 

アンプをはじめとしたオーディオ機器は高額のものが多いので、中古品でもいいかから安く手に入れたいと考えている方は意外に多いものです。また譲る側からしてみても、赤の他人に渡してしまうより、仲の良い友人に使ってもらうほうが心置きなく手放すことができます。

楽器・オーディオ専門店で買取してもらう

有名メーカーの高級アンプであれば、経験豊富なスタッフが在籍している楽器・オーディオ専門店で買取に出す方法がおすすめです。

 

アンプを買取に出す際は、同梱されていた付属品などが揃っているほど高値がつきやすいです。

 

ネットオークションやフリマアプリなどでも買い取ってもらうことは可能ですが、発送時にアンプを梱包したりする労力が発生します。手間を省きながら、高額で買取してもらいたい方は出張買取に対応している楽器・オーディオ専門店を探しましょう。

不用品回収を利用して回収

買取のようにアンプを査定に出したりするのが手間に感じたり、ゴミ分別するのも面倒に感じる方には不用品回収の利用をおすすめします。

 

不用品回収業者の中には、無料回収と伝えておきながらトラックに載せたあとで、高額な費用を請求する業者も珍しくありません。

 

そのため不用品回収を利用する時は、料金プランがわかりやすく、他の業者にくらべて安いことが重要なポイントになります。

アンプを不用品回収ルートで回収するメリット

アンプを処分したいと考えている方の中には、その他のオーディオ機器も処分してしまいたいと考えている方も多いかもしれません。不用品回収ルートでは、CDプレイヤーやスピーカーなども一回のご依頼でまとめて回収することができます。

 

また、追加料金が発生しない「定額プラン」も設けておりますので、回収料金が不正に吊り上がることはありません。

 

その他にも下記のようなメリットもあります。

 

  • 見積もりや出張費が無料
  • 他社より1円でも高い場合は料金相談ができる
  • 早朝や深夜でも回収・お見積もり可能
  • 万が一の時の損害補填(最大で3,000万円)

 

最短でその日のうちにアンプを回収いたしますので、「なんとか今日中に処分してしまいたい」と考えている方にもおすすめです。

 

無料お見積もりは電話・LINE・WEBから受け付けております。まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

アンプには5つの処分方法がありますが、なにを重視するかによって選ぶべき方法は変わってきます。自分が何を重視しているのか、アンプの状態とあわせて考えましょう。

 

もし、アンプの他に処分したいものがあり、可能な限り手間を省いて捨てたいと考えているなら、即日回収にも対応している不用品回収ルートにお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top