ビーズクッションの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
ビーズクッションの処分方法・捨て方は?どこよりも分かりやすく解説
公開日: / 最終更新日:

「人をダメにするクッション」としても人気なビーズクッション。

自宅でリラックスできるグッズの一つとして人気ですが、どのように処分すれば良いかご存じでしょうか?

今回は、いらなくなったビーズクッションの処分方法をご紹介いたします。

ビーズクッションの処分方法

ビーズクッションの処分方法は主に3つあります。

  • 粗大ごみとして処分する
  • 一般ごみとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する

順にご紹介いたします。

粗大ごみとして処分する

まず一つ目が、「粗大ごみとして処分する」方法です。

ビーズクッションのサイズにもよりますが、大きめのものでしたら大抵は粗大ごみの区分になります。

自治体により処分方法は異なりますが、一般的には以下のような流れで処分することが多いようですね。

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセスし、電話やインターネットなどで申し込む
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を取り扱い店(コンビニ等)で購入
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、ビーズクッションに貼り付け指定された収集日に収集場所に出す

特別難しい手順はありませんが、有料ゴミ処理券を購入する必要があるので、近くに販売店がない場合は少々面倒かもしれません。

また、有料ゴミ処理券分の費用はどうしても発生してしまいます。

一般ごみとして処分する

もう一つの方法として、ビーズクッションを一般ごみとして処分する方法もあります。

先ほど、大きめのビーズクッションは粗大ごみになるとご紹介しましたが、中身を全てあけて布の部分とビーズの部分に分けてしまえば良いのです。

作業する場合は、中のビーズが飛び散らないように工夫が必要です。

この際に、ペットボトルなどを利用して、じょうごのように使うと簡単にビーズと布の部分を分けることができます。

実際に作業する手順としては、以下のようになります。

  1. ペットボトルの底をカッターナイフなどで切り取る
  2. ビーズクッションの角をはさみやカッターナイフで切り取る
  3. ビーズクッションの角をペットボトルに入れる
  4. ペットボトルの筒の周りをガムテープなどで固定する
  5. ビーズクッションを傾けてビーズをごみ箱に流す

これで簡単にビーズと布を分けることができます。

布の部分は燃えるごみ、ビーズは資源ごみとして捨てるのが一般的ですが、こちらも自治体のルールによって少々異なるので注意が必要です。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介する方法が、「不用品回収業者に回収依頼をする」と言った方法です。

不用品回収業者は、ビーズクッションをはじめ、ベッドなどの寝具、タンスなどの家具、家電製品や日用品などほとんどあらゆるものを回収しています。

不用品回収業者を利用するメリットとしては、ビーズクッションだけでなく様々な不用品を同時に回収してもらえる点です。

また、運搬をすべて任せることができるので、大きめのビーズクッションでも安心です。

弊社の不用品回収ルートでも、ビーズクッションの回収を行っております。

不用品回収ルートのサービスとして、以下のような特長があります。

  • 最短で即日回収が可能
  • 大量の不用品やごみの片付けから単品まで全て対応
  • 買取可能なものは買取が可能
  • 他社より回収料金が高ければ料金相談が可能
  • 万が一のアクシデントが起きても最大3,000万円の賠償補填がある

お問い合わせ・お見積りはWeb・LINE・お電話にて無料で受け付けております。

是非お気軽にご相談ください。

まとめ

ビーズクッションの処分方法についてご紹介しました。

粗大ごみとして処分するのも可能ですが、できるだけ手間をかけたくないのであれば不用品回収業者への依頼がおすすめです。

多少手間がかかってもコストを安くしたいのであれば、ビーズと布部分を分けて一般ごみとして処分する方法もおすすめです。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top