本棚の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
本棚の処分方法4つと不用品回収のメリット

処分する本棚

本棚には腰までの高さのものから、天井まで届く高さの物まであり、処分方法も大きさや素材によって異なります。また棚いっぱいに並べてある本を全て取り出すことを面倒に感じて、処分するのが億劫になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは本棚を処分したい人に向けて、本棚のさまざまな処分方法とお手軽に処分できる不用品回収業者のメリットについて解説していきます。

不要になった本棚の処分方法4つ

処分方法は本棚の素材や大きさによって異なります。自分が処分したい本棚が、どの処分方法に適しているか考えながら確認していきましょう。

木製の本棚は可燃ゴミとして廃棄する

サイズが小さく木製の本棚の場合は、自治体の規定サイズ以下に分解することで可燃ゴミで出すことが出来ます。本棚に使用されている木の板は薄いものが多いので、ネジやボルトを外せば自力でも分解してすることが可能です。

 

しかしノコギリなどの工具を使う必要もありますので、分解作業に慣れていない方は怪我をする恐れがあるので注意しましょう。また本棚の扉にガラスを使用しているものは取り外す必要があります。

粗大ゴミとして自治体の規定に従って処分する

住んでいる自治体の粗大ゴミ処分の規定にしたがって本棚を処分する方法です。

 

手順は以下の通りです。

 

  1. 各自治体に問合せて、粗大ゴミの回収依頼をする。
  2. 最寄りのコンビニや郵便局から粗大ゴミ処理券を購入し、本棚に貼り付ける。
  3. 収集日の朝までに指定された場所へ粗大ゴミを出す。

 

自治体によっては180㎝を超えるもの大きなものは回収を受け付けていない場合もあるので、必ずお住まいの自治体のルールを確認するようにしましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらうことで、収入を得ながら本棚を処分することができます。リサイクルショップの中には自宅まで出張して買取を行っているお店もありますので、利用出来る場合はこちらが一番お得な方法かもしれません。

 

ただし、リサイクルショップは回収・処分をする業者ではないので、本棚が買取できない状態であれば自宅に出張して来て頂いた場合でも、何も買取せず帰ってしまう場合も。

 

リサイクルショップに持ち込む場合でも同様に買取不可と判断されてしまった場合は、持ち帰る必要がありますので、買取してもらえる状態か確認してから買取依頼・持ち込みを行うようにしましょう。

不用品回収業者に依頼して回収してもらう

リサイクルショップで買い取りを拒否されてしまった本棚でも不用品回収業者に依頼することで回収してもらうことが可能です。

 

粗大ゴミやリサイクルショップと違い、不用品回収では面倒な手続きも無く電話一本で回収しに来てもらえる不用品回収業者がほとんどです。

 

その他にも以下のようなメリットがあります。

 

  • 回収してもらう日付を指定出来る
  • 大きさや重さに関係なく関係なく回収してもらえる

 

特に「本棚の処分に手間を掛けたく無い」「本棚をできるだけスピーディーに処分したい」方にお勧めの方法です。

費用を優先するか、手間を優先するか

優先

本棚を処分する際に費用を優先する場合はリサイクルショップや自治体に依頼することで、費用を抑えることができます。反対に手間を優先するのであれば、不用品回収は多少の費用はかかるものの、処分のルールに縛られずスピーディーに処分することが出来ます。

 

どちらにもそれぞれのメリット・デメリットがありますが、時間・費用・手間の何を優先するか考慮しながら、自分にとっての最適な処分方法を選びましょう。

 

1つ注意点として挙げられるのが、リサイクルショップで買取を行った際に本棚の状態が悪くあまり値がつかなかった場合、出張費用や見積もり費用と合算してマイナスとなってしまうことがあります。

独自のメリットが豊富な不用品回収ルート

数ある不用品回収業者の中で、「不用品回収ルート」は他社にはない独自のメリットがたくさんあります。

 

ここからは本棚を処分する上で嬉しい不用品回収ルートのメリットについて解説します。

本を取り出す・掃除する必要がない

普通回収を依頼する時は、本棚いっぱいに並べられた本を全て取り出してから回収業者に引き渡しますが、不用品回収ルートではそのような面倒な準備は一切必要ありません。

 

本棚を処分したいと思い立ったその時から、回収のお見積もり・ご依頼をすることができます。

最短即日回収も可能

不用品回収ルートでは全国各地にトラックを配備しているので、なんとかして今日中に本棚処分したい方でも、最短でその日のうちに処分することができます。

 

特に普段の仕事や学校が忙しく、なかなか処分する機会が見つからない方でも、最短で手間なく本棚を処分できるので、「お部屋のスペースを早く広くしたい人」にもオススメです。

見積もり・出張費が無料

不用品回収業者の中には依頼する方の知識がないことをいいことに高額な出張費用を請求する悪徳な業者もいます。不用品回収ルートでは見積もり費用・出張費用が無料なので、安心して不用品の回収を依頼して頂けます。

 

もちろん見積後の金額に納得できなければキャンセルして頂くことも可能です。本棚のサイズによって異なる回収費用がいくらなのか知るためにも、まずはお気軽にご相談ください。

 

お見積もりはWEB・LINE・電話のどれからでも可能で、24時間365日受付対応しています。

まとめ

本棚の処分方法として4つ紹介させていただきました。本棚は1人で処分したいなど、特別な理由がない限り、業者に依頼して自宅まで出張回収・買取してもらう処分方法がお勧めです。

 

処分方法はそれぞれの特徴・メリットをきちんと理解した上で失敗しない処分方法を選んでくださいね。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top