不用品パンダ
シーリングライトの処分方法を徹底解説

ご家庭で使用されるライトで圧倒的なシェアを誇るシーリングライトですが、最近はLEDの普及により以前と比べて使用期間が長くなりましたね。

 

しかし、世界一貧しい大統領であるウルグアイ・ムヒカ大統領の有名なスピーチにもありますが、経済が止まらないようにライトは必ず消費しやすいように作られています。

 

処分方法をまだ知らない方は、これから処分機会が何度か訪れるので、ぜひこの記事で処分方法を覚えましょう。

シーリングライトを自治体で処分する

ほとんどの自治体では、シーリングライトの処分は粗大ゴミまたは不燃ゴミです。粗大ゴミか不燃ゴミになるかは自治体のルールによって変わり、ある自治体では30cm以上が粗大ゴミ、またある自治体では50cm以上から粗大ゴミとしています。

 

粗大ゴミに当てはまる場合は処分費用がかかるので、ご自身の自治体ではシーリングライトを何ゴミで扱うのか確認しましょう。

 

粗大ゴミとして捨てる場合は、以下の手順で処分するようにしましょう。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、シーリングライトに貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

蛍光灯は危険!扱いに注意しましょう

電球や蛍光灯は大変割れやすいため、購入時に電球を包んでいた紙のカバーに入れて出すのが基本です。ない場合は、新聞紙など紙で包んで割れにくくして捨てるようにしましょう。

シーリングライトをリサイクル処分する

蛍光灯はガラスで出来ていることが多いので、リサイクル処分が推奨されています。限られた資源を有効活用できるように、自治体や家電量販店が設置している「リサイクルボックス」に蛍光灯や部品等を入れましょう。

引越しや模様替えでシーリングライト以外にも不用品があるなら?

シーリングライトだけなら処分の手間はかかりませんし、処分費用も比較的安価で済みます。

 

しかし、引越し等の一環でシーリングライトを処分したい、他にも家具や電化製品をこれから処分しようと考えているのであれば、不用品回収業者の利用がオススメです。

 

理由としては、以下のメリットがあるためです。

 

  • 生ゴミ、液体類、食品類、土、ブロック、生木、砂、汚物など以外の、大量の不用品を同時にまとめて回収してもらえる
  • 回収作業はすべて業者が行ってくれるので、時間・労力・手間が全くかからない
  • 業者によっては最短即日。希望する日に処分できる

 

不用品によっては粗大ゴミで捨てられなかったり、処分費用が高い、収集場所まで運ぶのが困難な場合があります。しかし、不用品回収業者に依頼することで、分別作業や運搬作業も必要なく、物によっては買取してもらえます。

『不用品回収ルート』で最大限に安く回収

不用品回収業者を利用する上で、とにかく費用を抑えたい方は『不用品回収ルート』がオススメです。

 

最短即日に処分できるスピードはもちろんのこと、業界最安値宣言をしており他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。

 

その他にも、追加料金が一切かからないため、無料見積もりした際に提示しました料金から変動することはありません。ですので不当に料金を請求される心配もありませんし、見積もりした際に提示された金額に納得がいかなければキャンセルも可能です。

 

詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

24時間365日受付が可能なので、ぜひお気軽にご相談ください♪

まとめ

以上がシーリングライトの処分方法についてでした。特に電球は割れやすく、破片で怪我や事故などに繋がりかねません。取り扱いに十分注意して処分しましょう。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top