不用品パンダ
椅子の処分方法について お勧めの方法もご紹介

オフィスチェアからリビングチェアなど、椅子は毎日の生活で欠かすことができない家具です。椅子は毎日長時間使う分、壊れやすかったり買い替えの頻度が高くなりやすい家具で、消耗品の部類に含まれるでしょう。

 

「今回初めて椅子を処分したいけどやり方がわからない」

 

という人に向けて、この記事では初めての人でも分かりやすいように、それぞれの処分方法の特徴や注意点について説明いたします。

椅子の処分方法

粗大ゴミとして処分する

自分の住んでいる自治体の規定のルールに従って、粗大ゴミとして処分する方法です。

 

椅子くらいのサイズであれば、粗大ゴミのサイズ上限超えることはありませんし、1人でも家の外へ運び出すことができます。また椅子にローラーがついているタイプは女性1人でも運べるの多いと思います。

 

木製の椅子はノコギリなどでカットして粗大ゴミ(30㎝)以下の大きさにすることで、可燃ゴミとして出すことも可能です。

 

しかし経験のない人が作業すると、ちょっとした不注意で怪我をする恐れもあるので、リスクを犯してまで可燃ゴミで出す必要はないでしょう。

友人や必要としているところに寄付する

自分にとっては必要なくなったものでも、他人が必要としていることは意外に多いです。

 

 

と考えている方は、一度周りの友人や知り合いに必要な人がいないか確認してみましょう。

 

また必要としている施設やに不要になった椅子を寄付する方法もあります。服や文房具の寄付は有名ですが、実は椅子などの家具を受け付けているところも多いので、世のため人のために貢献したい人は寄付を募っているところを探してみるのも1つの手です。

ネットオークションやフリマに出品する

新しく椅子を買ったはいいものの、自分の体に合わなかった場合や座っていて腰痛がひどくなった場合などは、ネットオークションやフリマに出品して処分する方法があります。

 

買ってからまだ時間が経っていない場合や、椅子の状態が綺麗な場合ならば、椅子の機能としては問題ないので買取手がつくこともあります。

 

しかし、既に塗装が剥げていたり革が破れてしまっている場合は、ほとんどお金にならなかったり買取手もつかないので別の処分方法を考えましょう。

不用品として不用品回収業者に回収してもらう

使わなくなった椅子を不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法です。

 

回収してもらいたい椅子が1つだけの場合、不用品回収業者に頼む必要性に疑問を感じる方も多いかもしれませんが不用品回収ルートをはじめ、小さなもの1点からでも回収を受け付けている不用品回収業者は意外に多いです。

 

回収時に椅子の状態が綺麗で買取可能なものであれば買取している業者も有りますので、粗大ゴミの回収日や処分するまでの作業が面倒に感じている方にもオススメできます。

不用品回収ルートならではのメリット

不用になった家具や家電を回収してくれる不用品回収業者はたくさんありますが、そのなかでも不用品回収ルートならではのメリットはたくさんあります。

 

ご利用者様にとって必要なサービスかどうか考えながら確認していってください!

椅子以外の不用品もまとめて回収できる

椅子1つだけを処分するなら粗大ゴミで十分かもしれませんが、部屋の大掃除をしている時などは椅子意外にも不用になったものが出てきます。この際に発生した大きな不用品をまとめて回収も承っております。

 

大掃除でなくても、自宅で無駄に場所をとっていたものを椅子とまとめて捨てるいい機会になるかもしれません。

 

もちろん椅子1点からなど少量から対応しております。お見積りは無料ですのでお気軽にご相談ください。

即日回収が可能

仕事が忙しい人など日中忙しい人やあまり時間の取れない人にとって、粗大ゴミやネットオークションで処分する場合、処分するまで時間がかかることがあります。

そのことが原因でストレスになってしまう方もいますが、不用品回収ルートでは即日回収の対応も行っており、地域やその時の混雑状況にもよりますが、最短で1時間後にはお見積り・回収に伺うことが出来ます。

複数の椅子を規模に関係なく回収

ご家庭で使用されている椅子を処分する場合、1点だけでなく複数個の椅子を処分することになる場合も多いです。

 

不用品回収ルートなら、椅子の個数・サイズ・規模に関係なく回収しておりますので、ご家庭の家族分の椅子だけでなくオフィスで椅子を買い換える必要が出た際にも対応可能となっております。

 

物の大きさに応じてお片付けの料金が異なりますので、WEB・LINE・電話からお見積もりのご相談ください♪

まとめ

椅子は消耗品なため他の家具に比べて処分する機会も多いと思います。ご紹介させていただいた中でもお勧めの処分方法は以下の2つになります。

 

  • 新しい椅子に買い換えるだけなので粗大ゴミとして処分する。
  • 部屋の中をついでに綺麗にするためにまとめて不用品として回収してもらう。

 

その時の自分にあった納得できる方法で処分してくださいね。

 

新しい椅子を買う前に古い椅子を先に手放してしまい座れなくなることがないように、椅子は新しいものを買った後に手放すようにしましょう。

page top