シャンデリアの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
シャンデリアは何ゴミで処分すべきか。高額査定してもらえるって本当?
公開日: / 最終更新日:

華やかなシャンデリアですが、一般的な照明器具と比べて作りから部品、サイズ、重さなど至る所が異なります。捨てる機会が滅多にないからこそ処分方法に困りますよね。また、もしかしたら売れるのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

 

この記事では、シャンデリアの複数の処分方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

シャンデリアは何ゴミで処分?

シャンデリアを家庭ゴミとして出す場合、「粗大ゴミ」として扱うことが多いです。

 

注意点として、蛍光管、LEDランプ、白熱電球などは外して、自治体の定めた方法で処分してください。

 

処分方法は自治体ごとに異なり、例として神奈川県横須賀市では「集団資源回収の『蛍光管類』」に出すように指定しています。その他の自治体では、水銀の含まない電球など、購入時のケースにいれるか、なければ紙で包むなど割れないようにして「不燃ゴミ」として処分することができますが、水銀の含む物は「有害ゴミ」に指定され「危険ゴミ」として処分しなければいけないケースもあります。

粗大ゴミ処分する際の手順

粗大ゴミとして処分する際は、以下の手順で処分することができます。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、シャンデリアに貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

処分費用は自治体ごとに異なるので、「粗大ゴミ受付センター」で確認しましょう。インターネット等で手軽に確認することができます。

シャンデリアをリサイクル処分でお金に変える

デザイン性の高いシャンデリアは、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

 

ただし、カバーや部品に煙草の臭いやヤニが染みこんでいる場合、買取り対象にならないことがほとんどです。日頃から清掃を行っていたり、状態が良い物であればチャンスはあるでしょう。

 

高く査定してもらえるシャンデリアの特徴としては、「製品状態が良い」「経年数が少ない」「デザイン性が高い・ブランド品」に当てはまる物です。基本持ち込み査定になるので、二度手間にならないように事前に確認しましょう。

重くて大きいシャンデリアは不用品回収業者に依頼しよう

重くて大きいシャンデリアかつ買取に出せない物は、粗大ゴミで捨てるため収集場所へ運ぶ作業をしている最中に、怪我や事故に繋がる恐れがあります。そのため、不用品回収業者に依頼して、運搬など全ての作業を任せることをオススメします。

 

その他にも、シャンデリア以外の処分に困った家具や家電製品、衣類などを同時に回収してもらうことが可能です。

 

その際、費用を気にする方がおられると思いますが、『不用品回収ルート』なら業界最安値宣言をしており他社より1円でも高い場合は料金相談が可能です。

 

言い換えると、もっとも安く不用品回収業者を利用できるのは、『不用品回収ルート』になります。詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

24時間365日受付が可能で、無料見積もりも行っています。ぜひ全ての面倒な作業や不用品を一括依頼しましょう。

まとめ

シャンデリアの処分方法については以上になります。シャンデリアは購入金額が決して安くないため、どうせならお金に変えたいと思いますよね。

 

その場合は、この記事で紹介した条件に当てはまるか確認して、当てはまらない場合は無理に粗大ゴミで処分しようとせず、不用品回収業者に依頼して回収してもらいましょう。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top