コーヒーメーカーの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
コーヒーメーカーの処分方法とは?大きさによって方法が違う?
公開日: / 最終更新日:

ご家庭でコーヒーを作るのに便利なコーヒーメーカー。豆を挽くところからできるものから、ドリップのみ行えるものなど、様々な種類がございます。

 

それゆえに、一言でコーヒーメーカーといっても大きさがまちまちで、ご自身がお持ちのコーヒーメーカーを捨てようと思ったとき「何ごみになるのか」がわからない方も多いかもしれません。

 

この記事では、コーヒーメーカーのごみの区分についてや、それ以外の処分方法について細かく解説いたします。これからコーヒーメーカーを処分したい方は、是非ご参考になさってください。

コーヒーメーカーの処分方法は大きさと自治体によって変わる

結論から申し上げますと、コーヒーメーカーの処分方法はその大きさと、お住まいの自治体の2つの要素によって変わります。絶対に粗大ごみに該当する、のような明確な区分は存在しないのです。

 

では、何ごみになるのかどうやって判断すれば良いのでしょうか?チェックしておきたいポイントを解説いたします。

大きさによる違い

まずは、コーヒーメーカーの大きさによる違いです。

 

コーヒーメーカーは、一番長い一辺が20cm~程度の小型の物から、40cm~程度の大きなものまで大きさにばらつきがあります。例えば東京都の自治体で見てみると、多くの自治体・市区町村では一辺が30cmを超えるごみを粗大ごみとして取り扱っています。

 

ご自身がお住まいの自治体によってルールは異なるので、問い合わせを行うか、自治体の公式サイトなどで確認してみましょう。

 

このルールに則り、コーヒーメーカーは粗大ごみもしくは不燃ごみとして出せばOK、と思ってしまうかもしれませんが、実はそう簡単ではありません。自治体によっては、粗大ごみや不燃ごみとしてコーヒーメーカーを捨てられないのです。

自治体による違い

上記の通り、粗大ごみ・不燃ごみに該当するルールは自治体の公式サイトなどで確認が可能です。しかし、自治体によってはコーヒーメーカーを粗大ごみ・不燃ごみとして回収していない場合があります。

 

これには「小型家電リサイクル法」という法律が関わっています。

 

小型家電リサイクル法とは、家庭や事務所で出る小型家電から有用金属などを取り出し、再利用することを推し進めるために成立した法律です。コーヒーメーカーも対象の品目となります。

 

この法律なのですが、具体的な回収方法は各自治体に任せる形をとっています。自治体によっては粗大ごみや不燃ごみとして回収し、その後分別する形でリサイクルする方法をとっていますが、その方法をとっていない自治体もあるのです。

 

このため、お住まいの自治体のコーヒーメーカーの回収方法を先に調べる必要があります。これに関しましては、お住まいの自治体に問い合わせするのがおすすめですね。

 

主な回収方法としては、3パターンが挙げられます。ここからは、各自治体が実施している小型家電の回収パターンをご紹介いたします。

自治体に回収してもらう場合の回収方法

各自治体が実施している回収方法・パターンは主に以下の3つです。

 

  • 粗大ごみ・不燃ごみとして回収
  • 回収ボックスにて回収
  • 窓口による回収

 

それぞれ、詳しく解説いたします。

粗大ごみ・不燃ごみとして回収

まずは、粗大ごみ・不燃ごみとして回収する方法です。不燃ごみとして出す場合は非常に簡単で、普段ご家庭で不燃ごみを出す場合と変わらない方法でコーヒーメーカーを処分できます。

 

粗大ごみとして処分する場合は、特別な手順が必要になります。以下は東京都中央区の例ですが、各自治体によって多少違う点があるので、確認するようにしましょう。

 

  • 粗大ごみ受付センターに電話やWebサイトにて申し込みを行う
  • 有料粗大ごみ処理券を販売店(コンビニなど)にて購入
  • 有料粗大ごみ処理券に、収集予定日や受付番号を記載し、コーヒーメーカーに貼り付ける
  • 指定曜日の午前8時までに、玄関先・敷地の入り口などの収集しやすい場所にコーヒーメーカーを配置する

 

東京都中央区では上記のような流れで、自治体が粗大ごみとして回収してくれます。それぞれの自治体の粗大ごみの出し方は、各自治体のWebサイトに書いてある場合がほとんどですので、ご自身がお住まいの自治体のサイトをチェックしてみましょう。

回収ボックスにて回収

続いて、回収ボックスにてコーヒーメーカーや小型家電を回収する方法です。この方法の場合は、回収ボックスを設置している場所にコーヒーメーカーを運搬し、ボックスに入れて回収が完了します。

 

コーヒーメーカーが大型の場合は、運搬が大変かもしれません。注意しながら運ぶようにしましょう。

窓口による回収

最後は、窓口にコーヒーメーカーを持ち込み回収してもらう方法です。先ほどの回収ボックスの方法に非常に似ていますが、回収ボックスに比べ窓口を設けている施設が少ない自治体が多い印象です。

 

また、待ち時間が発生する場合もあるので、急いで捨てたい方にはストレスに感じるかもしれません。

楽に手放すには「不用品回収業者」の利用もおすすめ

大きさによるごみ区分の違いや、自治体による回収方法の違いなどがお分かりいただけたかと思います。中には少々面倒な方法もありますが、お住まいの自治体がその方法でしか回収していない場合は仕方ないかもしれません。

 

別の方法として「不用品回収業者」を利用し、コーヒーメーカーを手放す方法もございます。

 

不用品回収業者は、コーヒーメーカーを含む家電や家具、衣類にいたるまでさまざまなものを回収品目として定めています。また、自宅まで駆けつけてくれて業者がトラックまで運んでくれる場合がほとんどですので、面倒な運搬作業も必要ありません。

 

弊社の「不用品回収ルート」では、上記のようなサービスはもちろん、最短で即日回収に伺います。スピードを重視する方には特におすすめです。また、他社様より1円でも回収にかかる費用が高い場合は、料金相談も受け付けております。

 

安く・早く・楽に不用品を手放したい場合は、是非不用品回収ルートをご利用してみてください。お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

様々なコーヒーメーカーの処分方法をご紹介いたしました。自治体に処分を任せる場合は、必ずルールに則り処分するようにしましょう。

 

コストや手間を省きたい方には不用品回収業者もおすすめです。ご自身の目的に合った方法で、コーヒーメーカーを処分するようにしましょう。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top