不用品パンダ
カラーボックスを安く処分するには?不用品回収業者のメリットも紹介

カラーボックスを処分したいけれど、いくらぐらいお金はかかる?

カラーボックスを処分する際には、どのような方法があるのでしょうか?

 

そのままごみに出そうとすると自治体のルールで処分してくれない場合が多いです。粗大ごみなど、有料ごみとして出すのが一般的ですが、他の方法もあります。

 

それぞれの方法がいくらぐらいかかるのか、見ていきましょう。

粗大ごみとして出す場合

まずは、最も一般的な粗大ごみとしてカラーボックスを処分する方法ですが、これは自治体によって異なります。自治体ごとのルールはWebサイトなどでも確認できますので、一度調べてから処分した方がよいでしょう。

 

大きさが小さい場合は粗大ごみにならないケースもあるので注意が必要です。こちらも自治体のルールなどをしっかり確認しましょう。また、廃棄の依頼をしてから実際に回収されるまで日数がかかる場合も多く、できるだけ早めに連絡を取るのが大切です。

 

具体的な料金は自治体によりまちまちなので、当サイトでは記載できませんが、東京都中央区を例に上げると、コンビニなどで「有料粗大ごみ処理券」を購入し、ごみに貼り付けて処分してもらうといったやり方をとっています。これが一般的ですね。

 

必要な料金の問い合わせは、自分の住む自治体に問い合わせてみましょう。

買取に出す場合

リサイクルショップなどに買取に出す方法もあります。「買取」と聞くとお金になる想像をしやすいのですが、カラーボックスのような希少価値が低いものだと値段がつくことは極めて稀です。

 

値段がついたとしても~200円程度が相場といったところでしょうか。

 

リサイクルショップまで運ぶ手間を考えると少し割に合わないかもしれませんね。

不用品回収業者に出す場合

最後にご紹介する方法が、「不用品回収業者」に依頼する方法です。最近ではWebなどで申し込みができる不用品回収業者も増えています。

 

不用品回収業者なら、

 

  • 家まで回収しに来てくれる
  • カラーボックス以外の物もまとめて不用品回収してもらえる
  • 先に料金をWebなどで見積りできる

 

などの利点があります。メリットが多く、リサイクルショップや粗大ごみとしての処分よりも軍配が上がりますね。

 

費用に関しては業者によりまちまちですが、先に料金を見積りしてもらえる点は安心できます。ただし、業者が多くどこに依頼したらいいか迷ってしまうのがデメリットとも言えるでしょう。

不用品回収業者はどこを選べばいい?

先ほども申し上げましたが、「不用品回収」とネットで調べるとたくさんの業者がヒットします。どこを選べばいいのか迷っている方はぜひ「不用品回収ルート」にお任せください!

不用品回収ルートのメリット

不用品回収ルートが他社に比べて秀でている点をご紹介していきます。

①深夜や早朝でも相談可能

不用品回収ルートは対応・回収のスピードが早く、時間の融通も効きやすい業者です。深夜・早朝などでも事前に相談すれば回収対応させていただく場合もあります。

 

仕事の都合などで日中が厳しい方にも不用品回収ルートではご利用いただけます。

 

また日中でも、最速即日対応を行っているので、急に空いた時間ができたときなどでもお気軽にご相談ください。

②出張費などの追加料金がかからない

他の回収業者に依頼した場合、オプション料金や作業費・出張費などが基本料金と別に設定されていることも多いです。しかし、不用品回収ルートは追加の料金がかかりません。

 

対応や品質が悪い業者だと、追加料金がかさみ思ったより高くついてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

不用品回収ルートは事前にお見積りの相談を板d蹴れば無料で審査いたしますので、是非ご活用ください。

③対応エリアが広い

不用品回収ルートは対応エリアの広さにも定評があります。東京をはじめとする関東はもちろん、福岡などの九州地方や広島などの中国地方まで、幅広くカバーしています。

 

これは「地域密着対応」でトラックを多数用意しているため実現していること。他の業者にはない強みかもしれません。

カラーボックスを処分せずに活用する方法

ここまでは、カラーボックスを処分する方法について紹介いたしました。どの方法も欠点はありますが、やはり不用品回収業者を使うのが費用・手間の両面から見てベストでしょう。

 

ここからは番外編として、処分しようとしているカラーボックスを処分せずに、再利用する方法について紹介します。もしかしたら、あなたが処分しようとしているカラーボックスは、まだ使えるかもしれませんよ。

子ども用のテーブルにする

小さなお子さんがいるご家庭でしたら、カラーボックスを横にして子ども用のテーブルとして使う方法があります。

背の低いテーブルになるので、子どもがお絵描きなどをするのに丁度いいテーブルになります。

 

また、足元は収納にもなるので、子どもの遊び道具や文房具を入れるスペースとしても活用できるんです。アイデア次第で違った活用ができますね。

天板を乗せて収納付きデスクにする

お子さんがいない一人暮らしの方でも、カラーボックスを活用する方法はあります。

 

2つのカラーボックスがあれば、上に天板を乗せて収納付きデスクとして利用できるのです。部屋のインテリアに合わせた天板を選べば、おしゃれなデスクになります。

 

機能性も抜群で、非常におすすめです♪

まとめ

いらなくなったカラーボックスは、再利用して別の家具として使うか、処分するしかありません。

 

カラーボックスを安く・手軽に処分するには不用品として不用品回収業者を利用するのが最も効果的です。中でも「不用品回収ルート」は数ある回収業者の中でもメリットが多くおすすめです。

 

不用品回収ルートが対応しているエリアにお住まいでしたら、是非利用してみてください。

page top