コンクリートブロック・レンガの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
コンクリートブロック・レンガは粗大ごみ?正しい処分方法まとめ

コンクリートブロック・レンガなどは建築に欠かせないものですが、個人でもDIYなどで使用する方が増えています。

 

しかし、不要になったコンクリートブロックやレンガを個人で捨てようと思ったとき、どのように処分すればよいのか分からず困ってしまうことも多いかと思います。

 

そこで今回は、正しいコンクリートブロックやレンガの処分方法をご紹介いたします。是非最後までご覧になってください。

コンクリートブロック・レンガはごみとして処分できない

結論から申し上げると、コンクリートブロックやレンガは粗大ごみや不燃ごみなどとして処分することはできません。

 

これは、コンクリートブロックやレンガが「産業廃棄物」として扱われるため。自治体に回収を依頼したり、ごみとして置いておいても回収してくれないのです。

 

それでは、どのようにコンクリートブロックやレンガを手放せばよいのか見ていきましょう。

コンクリートブロック・レンガを回収してもらう方法

ここからは、実際にコンクリートブロックやレンガを回収してもらう方法をご紹介いたします。具体的には、以下の4つの方法があります。

 

  • 購入した店舗に問い合わせる
  • 欲しい人に譲渡する
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • 不用品回収業者を利用する

 

順に見ていきましょう。

購入した店舗に問い合わせる

まず1つ目の方法は、購入した店舗に問い合わせる方法です。ホームセンターなどで購入したコンクリートブロックやレンガであれば、無料で回収を行ってくれる可能性があります。

 

自分で運搬する必要があり、コンクリートブロックやレンガが多い方にはおすすめできませんが、一度問い合わせてみると良いかもしれません。

 

もちろん、どの店舗でも回収を行っているわけではありませんので、もし断られてしまった場合は他の方法を利用しましょう。

欲しい人に譲渡する

2つ目の方法は「欲しい人に譲渡する」方法で、最も手っ取り早く手放すことができ、お金もかからないため成立すればかなり効率的な方法です。

 

しかし、周りにコンクリートブロックやレンガを必要としている人がいなければ成立しない方法なので、もしそういった方が周りにいない場合は、他の方法を検討しましょう。

リサイクルショップに買取してもらう

3つ目の方法は「リサイクルショップに買取してもらう」といった方法です。リサイクルショップの中には、建材を取り扱っている店舗があります。

 

もし買取が成立すれば、手元のコンクリートブロックがお金になる可能性があるのがメリットですね。ただし、建材を取り扱うリサイクルショップは少ないため、探すのが大変かもしれません…

不用品回収業者を利用する

最後にご紹介する方法は「不用品回収業者を利用する」方法です。不用品回収業者の中には、コンクリートブロックやレンガを回収してくれる業者もあります。

 

こういった業者に依頼することで、手元のコンクリートブロックやレンガを回収してもらえる可能性があります。

 

回収を全て業者に任せることができるので、数が多い場合などはかなり助かる方法です。また、他の不用品もまとめて回収に出せるため、自宅にいらない家具家電などがある方はまとめて出すのが良いでしょう。

 

弊社の「不用品回収ルート」では、コンクリートブロックやレンガの回収を行っています。不用品回収ルートであれば

 

  • 最短で即日回収が可能
  • 深夜や早朝の回収も相談可能
  • 大量の不用品から単品での回収まで受け付けている
  • 関東以外の地方エリアもカバー

 

といったたくさんのメリットがあります。お問い合わせやお見積りは無料ですので、是非お気軽にご相談ください。

まとめ

コンクリートブロック・レンガの処分方法、手放す方法についてご紹介いたしました。

 

様々な方法をご紹介しましたが、ご自身に合う方法を見つけて効率よく、少ないコストでコンクリートブロック・レンガを処分しましょう。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top