不用品パンダ
会議用テーブルの処分は自力じゃ難しい!専門業者を利用するメリットとは

法人やオフィスで利用した会議テーブルの処分方法は、一筋縄でいきません。正しい処分方法で捨てないと、最悪「罰金刑」や「懲役刑」になってしまうかも。

 

この記事では、会議用テーブルを処分する際の注意点、オススメの処分方法について解説します。ぜひ最後までお付き合いください。

事業所(法人)で不用になった会議用テーブルは「事業ゴミ」

会議用テーブルは事業所で使用していた場合、廃棄物処理法により「事業ゴミ」扱いです。事業ゴミは以下のように、処分物に応じて「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」にわかれます。

 

  • 事業系一般廃棄物:木製のテーブルや椅子など金属部品が少ない廃棄物
  • 産業廃棄物:金属製のテーブルや椅子、金庫、ロッカー。プラスチックでできたダストボックスなど

 

そのため、自ら処理施設に持ち運ぶか、不用品回収業者に依頼して回収してもらうなどして、適切に処分しなければなりません。

 

もし、家庭で会議用テーブルを使用しているのであれば、粗大ゴミとして自治体に出せます。ご自身が住む自治体の「粗大ゴミ回収センター」にご連絡ください。

不用になった会議テーブルの処分は不用品回収業者に依頼しよう

不用になった会議テーブルを自ら処理施設に運ぶ方法の場合、まず大型の車を用意しなければいけません。さらに、オフィスから車まで運ぶ作業、そこから処理施設に運ぶ作業が必要となります。その点不用品回収業者に依頼することで持ち運ぶ手間を省ける他、以下のようなメリットも存在します。

 

  • オフィス家具、電化製品、小物などまるごと一括に回収してもらえる
  • 分別・解体作業や運搬作業、回収作業はすべて業者が行ってくれる
  • 最短即日に会議テーブルを回収してもらえる

 

手間をなるべくかけたくない場合にも、不用品回収業者への依頼がお勧めですです。

 

しかし、なるべく抑えたいのが「費用」ですよね。なるべく抑えたいなら、今から複数ある不用品回収業者を比較してより条件が良い業者を見つけなければいけません。

会議用テーブルの回収は「不用品回収ルート」にお任せください

『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしているので、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。つまり、もっとも費用を抑えることができる不用品回収業者です。

 

詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

他にも以下のような強みがあるので、複数の不用品回収業者を比較する面倒な作業も必要ありません。

 

  • お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
  • 年間回収件数20,000件と豊富な回収実績
  • アクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり
  • サイズや量に関係なく1点から大量の不用品まで回収可能

Web・電話・LINEでの受付は24時間対応可能となっておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

会議用テーブルは事業所で利用した場合、廃棄物処理法により「事業ゴミ」に分類されていしまうため、家庭から出るものとは処分方法に違いがあることをご紹介させていただきました。

 

事業ごみの場合は自治体で受け入れてくれる場所は、とても少ないため専門の回収・買取業者か不用品回収業者への依頼が必要になること間違い無いと思います。

 

一番安全かつ手間をかけず、さらに費用を抑えたい場合には『不用品回収ルート』のご利用をしてみてはいかがでしょうか。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top