不用品パンダ
クッキングスケールの処分方法は超簡単!手間と費用を抑える方法とは

レシピ通りに料理を作るため、分量を量るのに便利なクッキングスケール。しかし、意外にも寿命が短く劣化しやすく、また壊れやすくもあります。

 

そして、いざ処分しようとすると処分方法に困ると思いますが、クッキングスケールの処分方法はかなり簡単なのでご心配いりません。

 

この記事では、処分方法や注意点などについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

クッキングスケールを自治体で処分する

調理用のクッキングスケールの処分は、自治体にゴミとして出す方法がオーソドックスです。

 

30cm以上が粗大ゴミとして指定している自治体が多く、それ以下のクッキングスケールはプラスチック製だと燃えるゴミ、金属製だと燃えないゴミとしているところが多いです。

 

しかし、自治体によって回収してもらえない可能性があります。それはクッキングスケールが小型家電リサイクル法の対象品目となっているためです。

 

「小型家電リサイクル法」とは、対象となる家電製品の中に含まれる、鉄や金、レアアースなどの金属を回収して再利用することで、捨てることによる環境汚染を防止するために制定された法律です。自治体によって回収方法が違います。

 

青森県弘前市の場合、ゴミの区分は「燃えないゴミ」で、”できるだけ”小型家電回収ボックスを利用することを奨めています。これは、「ボックス回収」という方法です。

 

このように、自治体によって回収の仕方が違ったりします。必ずご自身の自治体のルールをホームページからチェックしましょう。

クッキングスケールのサイズが大きいなら

クッキングスケールが、自治体で粗大ゴミ扱いされているサイズの場合、以下の手順で処分してください。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、クッキングスケールに貼り付けて指定された収集日のに収集場所に出して完了

 

注意点としては、収集日当日の回収時間が早朝なので、回収時間以降に出しても回収してもらえないことです。

クッキングスケール以外にも不用品があり困っていませんか?

現在、クッキングスケール以外にも電化製品や家具、衣類などの不用品が有る場合、不用品回収業者に依頼すると良いかもしれません。

 

理由は以下の通りです。

 

  • 大量の不用品をまとめて回収してもらえる。
  • 分別・解体作業や運搬作業、回収作業は全て業者が行ってくれるので、手間を削減できる。
  • 希望日を指定出来る。また、業者によっては最短即日に回収しに来てもらえる。

 

家の中で処分に困った不用品は案外多いものです。それぞれの処分方法を調べたり、分別したりしなくても、不用品回収業者に依頼することで一括回収してくれるので、ぜひ利用を検討してください。

 

ネックとなるのは費用面だと思いますが、『不用品回収ルート』なら業界最安値を宣言しており、他社より1円でも料金が高い場合は料金相談することができます。

 

つまり、どの不用品回収業者よりもお安く回収することができるので、費用面で心配する方にもオススメです。

 

詳しい料金プランは「不用品回収ルートの料金ページ」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

以上がクッキングスケールの処分方法です。家電ということで、「小型家電リサイクル法」の対象品目なため、費用はかからなくても処分方法が自治体で変わる可能性があります。

 

この記事はあくまで参考に、必ずご自身が住む自治体のホームページから確認してくださいね。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top