不用品パンダ
500円で衣装ケースは処分可能!他にも不用なものがある場合は不用品回収に依頼しよう

衣装ケースはサイズ的にも、何ゴミで処分するのが正しいのか分かりづらいですよね。

 

この記事では、正しい衣装ケースの処分方法を解説しています。3分ほどで読めますので、ぜひ最後まで読んでください。

衣装ケースの処分は粗大ゴミが一般的

衣装ケースの処分方法として一般的なのは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。

処分手順

粗大ゴミとして自治体に出す手順は以下の通りです。

 

手順①:自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話・インターネットで申し込み予約する。
手順②:処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
手順③:購入した処理券を衣装ケースに貼り付け、指定された収集日に収集場所に出して完了。

 

分解して細かくすることができるなら、燃えないゴミ(不燃ゴミ)として出すこともできます。ただし、怪我をする可能性があるので分解する場合は十分に気をつけて分解しましょう。

処分費用

衣装ケースはサイズにもよりますが、処分費用は300~500円程度です。粗大ごみとして自治体に回収してもらう場合は費用はとても安く済ませることが魅力的です。

衣装ケースを大量に捨てたい又はその他にも捨てたい物があるなら不用品回収

衣装ケース大量に処分したい場合やその他にも処分したい家具や電化製品、衣類等がある場合、不用品回収業者なら合わせて回収することができます。

 

その他にも不用品回収業者にすることで以下のようなメリットがあります。

 

  • 分解や分別作業が必要の物もそのままの状態で大丈夫
  • 持ち運ぶことが困難な大きなものや大量の荷物でもご自宅まで回収に伺います
  • 最短でお問い合わせ頂いた即日又はお客様の希望に沿った日時に回収いたします

不用品回収はその他の処分方法に比べると多少費用はかかってしまいますが、上記のメリットのように手間がかかる作業を最大限省くことができます。

 

さらに不用品回収ルートであれば、業界内で最安値を自負しており、他社の回収費用と比べ1円でも高い場合にはご相談頂くことで費用の見直しを検討させていただいております。お見積り自体は無料で対応させて頂いておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

不用品回収の詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

衣装ケースだけ捨てたいなら自治体に依頼し粗大ごみとしてだすか、分解・解体を行い不燃ゴミとして出すことも出来ます。衣装ケースを大量に捨てたい場合やその他にも不用なものが沢山あるばあいには不用品回収業者をご利用することがお勧めです。

 

不用品回収業者をご利用するのであれば是非不用品回収ルートも検討してみてはいかがでしょうか。

page top