不用品パンダ
食器棚を処分するなら不用品回収!その他の処分方法とも比較

この記事では、食器棚の処分方法は「不用品回収業者の利用」がお勧めということを踏まえてその他の処分方法をあわせてご紹介いたします。

 

不用品回収業者の利用がお勧めといっても状況によってはその他の処分方法の方がお得の場合もあるので、ぜひ記事の内容を参考にご自身に合った処分方法を選んでください。

不用品回収とその他で食器棚の処分方法を比較

食器棚の処分方法として代表的なものは以下の4つになると思います。

 

  1. 買い替え時に店舗で引き取ってもらう
  2. 自治体に粗大ゴミとして出す
  3. フリマアプリに出品
  4. 不用品回収業者に依頼

 

ではそれぞれの処分方法の特徴を比較して見ていきましょう!

 

処分方法 買い替え時に引き取り 自治体に粗大ゴミとして出す フリマアプリに出品 不用品回収業者に依頼
手順  

①引き取りサービスを行っている家具店で新しい食器棚を購入

②新しい食器棚が届いたタイミングで古い食器棚を業者に渡す

 

 

①粗大ゴミ回収センターに連絡

②有料のゴミ処理券を購入

③ゴミ処理券を食器棚に貼り、指定日に収集場所に運ぶ

①フリマアプリに登録

②食器棚を出品

③売れるまで待つ

④売れたら分解して発送作業をする

①不用品回収業者に連絡して到着を待つだけ
費用 無料~数千円 1000円~2000円 発送料負担する場合発送料 業者によって異なる
処分時間 商品到着時 指定された収集日 売却されるまで 最短1時間後

一番簡単に処分する方法としては食器棚を買い替える際に購入店の取引サービスを利用することです。こちらは費用も無料~数千円で対応してくれるということ、新しい食器棚と入れ替えで処分してもらえるのでかなりお得な処分方法になりますが、対応していない店舗や引っ越し等で処分のみ必要な場合に頼ることが出来ないのが特徴です。

 

メルカリやラクマなどのフリマアプリに出品して売却処分する方法の場合、食器棚の売却ハードルが高くいつまでたっても買い取りてがつかず売却出来ないこともある他、売却しても配送するために解体や持ち運びをしなければいけません。

 

また、自治体に粗大ゴミとして出す方法も、処分する費用は抑えることができますが、集合住宅で2階以上に住んでいたり等の理由で、指定場所まで持ち運ぶのが困難な場合も多いと思います。

不用品回収業者がオーソドックスな食器棚の処分方法

食器棚の処分で不用品回収業者がオーソドックスなのは以下のメリットがあるためです。

 

  • 分解・分別作業をする必要が無い
  • 重たいものでも持ち運びから対応してもらえる
  • 最短即日対応や自分の希望の日に捨てられる
  • 食器棚の他にも不用なものをまとめて回収してもらえる

 

他の回収方法に比べると費用はかかりますが、手間のかかる部分は全て業者が対応してくれるなどのメリットが多いため、食器棚の処分は不用品回収業者を利用する人が多いと思います。

 

しかし、なかには悪質な不用品回収業者が存在します。

 

悪質な業者の見分け方として以下のような特徴があります。

 

  • 「無料回収」を謳い文句にしている
  • 拡声器で宣伝しながら街をトラックで巡回している
  • 会社概要が不明な業者

 

不当に料金を請求されたり、トラブルの原因になるので、安全な不用品回収業者を利用するようにリサーチを徹底しましょう。

『不用品回収ルート』なら安全・安い・速いの三拍子

『不用品回収ルート』は、創業17年以上、年間回収件数20,000件の豊富な回収実績がある不用品回収サービスです。

 

不用品回収ルートでは他社に負けない3つのポイント(安さ・速さ・安全性)があります。

業界最安値宣言

『不用品回収ルート』では業界最安値宣言をしており、他社の不用品回収業者よりも料金が1円でも高い場合は相談可能です。また、別途オプションとして料金が発生する下記項目が、料金プランに全て含まれています。

 

・搬出作業
・階段料金
・スタッフ追加料金
・車両費
・エアコン取り外し
・出張費
・梱包作業費
・分別作業費

 

詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

最短1時間後に回収可能

『不用品回収ルート』は対応エリア毎に多数トラックを配備しています。そのため、連絡いただいてから最短で一時間後に処分の料金見積もり・回収が可能です。

最大3,000万円の賠償補填

回収作業中、万が一アクシデントがあった際は、最大3,000万円の賠償補填をいたします。

 

その他『不用品回収ルート』の詳しいサービス内容は、『不用品回収ルートについて』をご確認ください。

まとめ

食器棚は家具の中でも重量があり、自力での処分には労力とアクシデントがつきものです。集団住宅に住む方など持ち運びが困難の場合は不用品回収業者に回収依頼をするのがお勧めです!

 

この記事でご自身の食器棚の処分の参考になりましたら幸いです。是非ご自身にあった処分方法を選んでくださいね♪

page top