DJミキサー(PA機器)の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
DJミキサー(PA機器)の処分方法は?買取もおすすめ?徹底解説
公開日:

音楽を趣味としている方であれば、ご自宅にDJ陽のターンテーブルやミキサーなどのPA機器をお持ちの方も多いと思います。

 

しかし、いざ処分しようと思うと、精密機械であるためどのように捨てればいいか困ってしまうケースも多いはず。

 

そこで本記事では、DJミキサーやPA機器を処分する方法についてご紹介いたします。

DJミキサー(PA機器)の処分方法

DJミキサー・PA機器の主な処分方法は以下の通りです。

 

  • 粗大ごみとして処分する
  • 楽器店に買取してもらう
  • 不用品回収業者に回収してもらう

 

順に解説いたします。

粗大ごみとして処分する

一つ目の方法として、粗大ごみとして出してしまう方法が挙げられます。後述しますが、あまりおすすめはできない方法です。

 

一般的に、一辺が30cm~50cmを超えるものは粗大ごみ扱いになります。多くのDJミキサーやターンテーブルはこちらに当てはまりそうですね。

 

ただし、自治体によって粗大ごみの定義が異なったり、回収を受け付けていない場合もあるので注意しましょう!

 

もし、粗大ごみとして処分する場合の手順は以下の通りになります。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセスし、電話やインターネットなどで申し込む
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を取り扱い店(コンビニ等)で購入
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、障子に貼り付け指定された収集日に収集場所に出す

 

こちらも、自治体に詳しい申し込み方法を確認するようにしましょう。

楽器店に買取してもらう

先ほど粗大ごみとしての処分がおすすめできない、と申し上げました。どうしてかというと、DJミキサーやターンテーブル・PA機器は需要が高いので、楽器店などで買取価格がつく可能性があるためです。

 

最近では、出張買取を実施している楽器店も多いです。もしくは近隣に楽器店があれば、持ち込んで買取してもらう方法も利用できます。

 

ただし、状態が良いことや、価値が高いものである必要があります。重たいDJミキサーを持って行ったのに、結局買取価格がつかなかった、というケースもありますので注意してください。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者のほとんどは出張回収に対応しており、中には楽器店同様、価値のあるDJミキサーやPA機器であれば買取価格をつけてくれる業者も存在しています。

 

また、出張回収が前提であるため運搬の手間がかからないのも利点です。

 

その他、いらない楽器や家具家電などもまとめて回収してもらえるので、回収してもらいたい不用品の点数が多い場合にも利用できますね。

不用品回収業者に依頼するなら「不用品回収ルート」

もし、不用品回収業者の依頼をお考えであれば、「不用品回収ルート」がおすすめです。

 

先ほど紹介したメリットの恩恵を受けられるほか、不用品回収ルートであれば他社様にないこんな強みもございます。

 

  • 最短で即日回収が可能
  • 深夜や早朝の回収も相談可能
  • 大量の不用品から単品での回収まで受け付けている
  • 関東以外の地方エリアもカバー

 

お問い合わせやお見積りは無料。WEBやLINE、お電話で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

DJミキサーやPA機器の処分方法についてご紹介いたしました。

 

高価な精密機械ですので、簡単に捨てるのはもったいないです。楽器店に買取を依頼したり、不用品回収業者の利用などを検討してみてはいかがでしょうか。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top