鏡台の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
鏡って何ゴミ?不用になった鏡台(ドレッサー)の処分方法をご紹介

鏡台(以下ドレッサーと称する)は木材で出来ていたり、鏡も使われていたりと、いざ処分しようとした時にどのように処分して良いか困りますよね。

 

この記事では、そんなドレッサーの処分方法と、処分した時にかかる費用、また注意点についてご紹介していきます。

ドレッサーの主な処分方法・料金

ドレッサーは、買取手が付くことが難しいため、売りに出すというよりも何らかの方法で処分されることが多い家具になります。ではどのように処分するのが良いかについて3つの方法をご紹介いたします。

自治体の粗大ゴミ回収に出す

ドレッサーを分解・解体することで、燃えるゴミとして処分することも実は可能ですが、分解・解体作業について慣れていない方がやると危険ということや鏡の部分などは燃えるゴミにならないため分別する必要があるなど、実際に作業をしようとするとかなり大変になります。そのため、自治体の粗大ゴミ回収に出す方法が一般的です。処分するドレッサーのサイズや、地域毎の自治体によって処分費用は変わりますが、1000円前後であることが多いです。また、ドレッサーの場合イスの処分は別料金となりますので必ず事前に確認するようにしましょう。

 

参考までに自治体での処分手順は以下の通りです。

 

手順①:住んでいる自治体の「粗大ゴミ受付センター」に、電話・インターネットで申し込み予約。
手順②:かかる処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニや薬局、スーパー等)」で購入。
手順③:購入した処理券をドレッサーや鏡台に貼り付けて、指定された収集日に収集場所に出して完了。

 

費用も処分方法も自治体によって変わりますので、必ずご自身が住む自治体のルールを確認しましょう。

家具店の引き取りサービスを利用する

大手家具店の場合、新しく家具を購入した際に古い家具の引き取りを行っていることがあります。

 

取引サービスを行っている店舗では購入した商品と同等の物を、配送したタイミングで業者が回収してくれます。費用は1つの家具につき3000円+消費税の場合が多いです。ただしこの場合、新しく家具を購入することが前提なので、購入予定がない方や今すぐ処分したい方は利用することが出来ない方法です。

不用品回収業者に依頼

これまで紹介した処分方法には条件があったり、事前に行わなければいけない手続きなどがありました。不用品回収業者に依頼する場合、それらの手間を省ける点や最短で即日に処分することも可能の業者も多いのが特徴です。

特にドレッサーを処分する際に一番気をつけるべき持ち運びの際に起こりがちなアクシデントですが、不用品回収業者に依頼することでプロが対応してもらえるのでそれらの心配もする必要が無いのも良いですね。

不用品回収なら、少々費用はかかっても安全に処分できます。同時に他の処分物があればお得に処分できるので、ぜひ不用品回収を利用しましょう。

ドレッサーの回収は『不用品回収ルート』にお任せください

依頼する不用品回収業者でお困りなら、ぜひ『不用品回収ルート』にお任せください。

弊社は創業17年以上、年間実績20,000件を誇りお客様からも大きな信頼を頂いております。

 

また、『不用品回収ルート』には他社には無い強みがありますので、ご紹介させていただきます。

ドレッサーの回収費用は業界最安値

不用品回収ルートが選ばれる理由の1つとして不用品回収の費用が他社よりも安いという点があります。ドレッサーの処分を他社と比較した時に1円でも高い場合にはお気軽にご相談くださいませ。

 

その他詳しい料金プランについては、「不用品回収ルートの料金プラン」をご確認ください。

最短1時間後にお見積り・回収対応が可能

『不用品回収ルート』は幅広いエリアに対応しており、各地域ごとに多数の回収車を配備しております。そのため、ご依頼頂いた時の交通状況や混雑状況によって多少時間は前後しますが、最短で一時間後に見積もり・回収対応が可能となっております。

もしもの時は賠償保証がある

大きなものや小さなものでも最大限の注意を払い回収作業を行っておりますが、万が一作業中にアクシデントがあった場合でも、最大3,000万円賠償補填の制度を設けております。

 

その他詳しいサービス内容についてはこちらからご確認いただけます。☞不用品回収ルートTOP

まとめ

ドレッサーはサイズが大きいこともあり売り出すことが困難なものが多いと思います。ドレッサーを新たに購入する場合は購入店の取引サービスを併せてご利用されることを強くお勧めします。

また、自治体に依頼することで費用を抑えることができますが、やはり指定の場所まで持ち運ぶ必要がありとても困難な作業だと思います。家の中をスッキリさせたい場合にはぜひ不用品回収業者をご利用することがお勧めです。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top