電動ドリルの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
電動ドリル(工具類)の処分方法とは?今後も役に立つ3つの手段を解説!
公開日: / 最終更新日:

プロの大工からDIYが趣味な方が利用する電動工具ですが、いざ処分しようとすると処分方法に困りますよね。

 

この記事では、電動工具の処分方法や注意点などについて詳しく解説します。

電動工具の処分方法について

電動工具の3つの処分方法をご紹介します。基本的にはこの3つの方法に沿って処分することをおすすめします。
こちらではまず「粗大ごみとして自治体に出す」方法と「買い取りorオークションサイトに出品」方法の2パターンをご紹介します。
最後の1つについてもしっかりと後述しておりますので、是非参考にしてみてください。

粗大ゴミとして自治体に出す

電動工具の種類やサイズにもよりますが、ほとんどが自治体に粗大ゴミとして処分可能です。処分方法や処分費用は自治体によって変わりますので、ご自身が住む自治体のホームページから確認するか、直接市に問い合わせて確認してください。

 

処分手順は以下の通りです。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、電動工具に貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

電動ノコギリの刃など回収作業員が怪我する恐れのある電動工具は、新聞紙で丸めたり、「危険」だということがわかるように紙を貼ると親切です。

買取orオークションサイトに出品

電動工具は値段が高いので、中古の買取需要が一定数あります。なので、買取サービスやフリマアプリ、オークションサイトで売却して処分する方法もいいでしょう。売却できれば処分費用を抑えることが出来るのもポイントですね。

 

買取・購入してもらいやすい電動工具の特徴を確認しましょう。

 

  • 製造年月日が新しい電動工具
  • 状態が良い電動工具
  • 取扱説明書や部品、箱が揃っている

 

あまりにも状態が悪いものは買取してもらえないので、その他の方法で処分しましょう。

電動ドリルを処分する際の注意点

続いては電動ドリルなどの工具類を処分するさいの注意点についてご紹介していきます。

バッテリーの取り扱いについて

廃棄物処理法によって、バッテリー販売業者にバッテリーの処分の義務があります。そのため、自治体では処分してくれないことがほとんどです。

 

以下の方法でバッテリーを処分しましょう。

 

  1. 新しいバッテリー購入時にお店で引き取ってもらう
  2. 大型家電量販店・スーパーマーケット・ホームセンター等にある小型充電式電池のリサイクルボックスに入れる
  3. バッテリー専門の回収業者に依頼する

ガソリン等について

処分する電動工具によっては、ガソリンやエンジンオイルが入っています。引火の可能性もあるので、必ず燃料タンクが空であることを確認してから処分してください。

サイズが大きい・取り扱いが複雑な電動ドリルは不用品回収へ

サイズが大きい電動工具や、そのままの状態では粗大ゴミで処分できない取り扱いが複雑な電動工具は、不用品回収業者に依頼して回収してもらいましょう。連絡するだけで、特に何も手を加えずとも回収作業員が最短即日で回収しにきてくれます。

 

また、複数電動工具があったり、家具や電化製品など電動工具と関係ない物でも、同時に一括で回収してくれます。

 

回収依頼方法は以下の通りです。

 

  1. 不用品回収のホームページから電話またはメール。
  2. 見積もり日の相談。(最短即日)
  3. 見積もり日当日に、見積もり金額に納得すればその場で電動工具などを回収。

 

しかし、不用品回収業者の中には悪質業者がいます!!

 

以下に当てはまる業者は、どんぶり勘定で多額の料金を請求してくる可能性があるので、安心して利用できるサービスを選びましょう。

 

  • 「無料回収」と宣伝している業者
  • 拡声器で大音量で宣伝しながら、町中をトラックで巡回している業者
  • 会社の所在地が分からない業者

『不用品回収ルート』なら速い・安心・最安値

『不用品回収ルート』は、創業17年以上・年間回収実績20,000件を誇る不用品回収サービスです。

 

以下の理由から不安な方におすすめできます。

 

  • お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
  • 豊富な回収実績
  • サイズや量に関係なく1点から大量の不用品まで回収可能
  • アクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり

 

気になる費用面ですが、『不用品回収ルート』は業界最安値を宣言しており、他社より1円でも高い場合は料金相談が可能です。

 

追加料金はかからず、定額料金プランを採用しており、他社様では別途オプションとして料金発生する下記すべてが、料金プランに含まれています。

 

  • 搬出作業
  • 階段料金
  • スタッフ追加料金
  • 車両費
  • エアコン取り外し料金
  • 出張費
  • 梱包作業費
  • 分別作業費

 

詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

自治体に出す場合、収集日が決まっていることも多く回収してもらうまでに時間が掛かる場合もありますが、『不用品回収ルート』なら最短即日に回収に伺うことも可能となっております。

 

無料見積もりが可能で、見積もり後にキャンセルもできますので、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

不用になった電動工具の処分方法について解説しました。電動ドリル1つを処分するなら、自治体に粗大ゴミとして処分するのが一般的ですが、状態がいいなら買取サービスやフリマアプリ等で売却するのも1つの手でしょう。

 

法人の方などで、同時に複数の電動工具や不用品がたくさんあるなどの場合、『不用品回収ルート』なら業界最安値で即日回回収可能ですので是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top