電気マットの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
電気マット・ホットマット処分方法3選!あなたに合った捨て方が見つかる

冬に欠かせない電気マット・ホットマットですが、処分しようと思うと案外大変。自分で作業しようとして、電熱線で手を切る怪我をすることもあります。

 

この記事では、電気マット・ホットマットの処分方法を3つご紹介いたします。是非ご自分に合った処分方法を参考にしてください。

電気マット・ホットマットの処分方法について

電気マット・ホットマットの主な処分方法は以下の3つです。

 

  1. リサイクルショップに買取依頼をする
  2. 各自治体に粗大ゴミとして出す
  3. 不用品回収業者に回収してもらう

 

それでは各処分方法の特徴を解説します。

リサイクルショップに買取依頼をする

まずリサイクルショップですが、もっとも現実的ではない手段でしょう。その理由として、電気マット・ホットマットが新品・未使用かつ、箱や付属品が揃っていないとほぼ売れないからです。

 

重量のある家具や電化製品と違い、リサイクルショップに持ち運びやすいので試しに査定してもらうのもありですが、結果持ち帰らないといけなくなり二度手間になる可能性が高いでしょう。

自治体に粗大ゴミとして出す

電気マット・ホットマットを、有料粗大ゴミ回収券を購入して粗大ゴミとして出す方法があります。

 

細かく裁断することで、一般家庭ゴミとして無料で出すことができますが、内部で電熱線が複雑に入り組んでいるので怪我をする恐れがあるのでお勧めできません。

 

粗大ゴミとして出すには以下の手順を行います。

 

  1. 住んでいる地域の”粗大ゴミセンター”に、電話またはホームページから申し込む
  2. 申し込み時にゴミを出す日時と、粗大ゴミ処理券の値段が伝えられるので、コンビニやスーパーで粗大ゴミ処理券を購入
  3. 指定された日と時間に回収場所に出す

 

料金や処分ルールは自治体によって違うため、事前に確認してください。

不用品回収業者に回収してもらう

リサイクルショップは現実的ではありませんし、自治体の粗大ゴミとして出す手段も手間がかかり、指定された日まで捨てることができません。

 

そこで、不用品回収業者を利用することで、以下のようなメリットがあります。

 

  • 捨てたい日に捨てられる。業者によっては最短で一時間後には回収可能
  • 分解作業や持ち運び不要。家にいながら楽に処分できる
  • 一部のゴミ(生ゴミ・食品・液体物等)を除いて、他に処分で困っていた物を同時に処分できる

 

料金システムは「定額プラン」「基本料金+処分する物の料金+オプション料」「1点・重量・体積ごとの料金」がほとんどです。業者によって料金が変わるので事前に確認しましょう。

 

また、中には様々な理由をつけて追加料金を請求してきたり、粗大ゴミを引き取ったと見せかけ、近所の空き地に不法投棄する悪質な業者もいますので不用品回収業者に依頼をする際には注意が必要です。

 

不用品回収業者の口コミや回収実績等を参考にして安心できる業者かどうかの確認は必ず行いましょう。

電気マット・ホットマットは回収は『不用品回収ルート』にお任せください!

不用品回収業者はたくさんあってどの不用品回収業者が良いのか分からない方は、ぜひ『不用品回収ルート』をご利用ください。

『不用品回収ルート』は、株式会社トリプルアールが運営する、創業17年以上の不用品回収業者です。

年間の不用品回収件数は20,000件と業界最多で、安心して利用して頂けると思います。

 

また、他社様と比較して、『不用品回収ルート』には以下の強みがあります。

 

  1. 追加料金一切発生致しません
    お見積もりで合意した金額以外に、追加料金は一切発生しません。ご用意している各料金プランはすべてのオプションが含まれています。
  2. 業界最安値で不用品を回収致します
    他社の不用品回収サービスより1円でも高い場合、回収価格の見直しのご相談ください。不用品が多ければ多いほど、料金がお得になりますので、その他不用となった家電類や衣類などありましたらまとめて回収致します。
  3. 最短一時間後にお見積り・回収に伺います
    トラックを多数配備しているので、スピード対応に自信があります!交通状況等により多少時間は前後致しますが、最短で一時間後にお見積もり・回収対応が可能です。

 

『不用品回収ルート』は、お電話による無料見積もりも対応しております。もちろん、納得のいくお値段にならなかった場合には見積もり後のキャンセルも可能となっております。

 

その他不用品回収ルートの料金プランの詳細はこちら「不用品回収ルートの料金プラン」をご確認ください。

まとめ

ここまで、電気マット・ホットマットを処分方法について3つの方法を紹介させていただきました。

 

現実的な方法は、「粗大ゴミとして自治体のルールに沿って処分」または「不用品回収業者に回収してもらう」の2つのどちらかになると思います。

 

どちらにするかは、前者の場合「手間がかかっても処分費用を抑えたい」方にお勧めとなっており、後者の場合「早急に処分したい、ついでに他の不用品もまとめて処分したい」方にお勧めです。

 

是非、ご自分にあった電気マット・ホットマットの処分方法をご検討してください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top