不用品パンダ
電気コンロの処分方法3選!各処分方法の長所と短所を解説

この記事では、電気コンロの処分方法3つについて、長所や短所など詳しく解説しています。

 

「劣化してしまった」「壊れてしまった」「引越しするので処分したい」という方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

電気コンロをゴミとして自治体で処分する方法

電気コンロですが、自治体によって金物類に分類されて燃えないゴミとして捨てられるケースと、燃えないゴミとして捨てられず粗大ゴミ扱いになるケースがあります。

 

神奈川県厚木市を例に出すと、通常の電気コンロだと金物類に分類され燃えないゴミとして処分。ただし、2口以上の電気コンロは「粗大ゴミ」として処分しなければいけません。

 

粗大ゴミとして処分する際は、以下の手順が必要です。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、電気コンロに貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

処分費用は、500円~1000円と比較的安く処分することができますが、処分申し込みをしてから最低1週間は待たなければいけないのがデメリットです。

電気コンロをリサイクルショップで買取処分する方法

リサイクルショップへ買取査定に出し、買取してもらうことができれば処分費用をもっとも抑えることができます。

 

しかし、以下のデメリットがあります。

 

  • 基本はリサイクルショップに電気コンロを持ち込む必要がある
  • 出張査定ができるショップもあるが、出張費用がかかる
  • 買取ハードルが高いので、美品や新品でない場合、売れない可能性がある

電気コンロを不用品回収業者に回収依頼して処分する方法

不用品回収業者に依頼することで、家から出ずに最短即日に回収してもらえます。少なからず費用はかかるので、電気コンロ1つを処分するのに利用するのはオススメしません。

 

しかし電気コンロだけでなく、例えばカラーボックスやテレビ、テーブルなどの不要になった物があれば、同時に回収してもらえます。処分量が多い時には一番オススメな方法でしょう。

費用を最も抑えられるのは『不用品回収ルート』

もし不用品回収業者を利用するなら、もちろん費用が安ければ安いほどいいですよね。そこでオススメしたいのが、『不用品回収ルート』です。

 

以下の理由から、もっとも依頼費用を安く抑えられるのが『不用品回収ルート』だと言えます。

 

  • 『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。
  • 見積もりで決定した料金から変動しない。(オプション料金等の追加は無し)
  • 1点よりもまとめて依頼するとお得になる料金プランも用意している。

 

詳しい料金プランについてはこちらをご確認ください☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

また、料金面だけでなく、以下の理由からもオススメできます。

 

  • お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
  • 年間回収件数20,000件と豊富な回収実績
  • アクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり
  • サイズや量に関係なく1点から大量の不用品まで回収可能

 

Web・LINE・電話から24時間受付ができますので、お気軽にご連絡ください。

まとめ

ここまで、電気コンロの処分方法について解説してきました。

 

オーソドックスなのは自治体で処分する方法ですが、この記事でご紹介した手順が必ずしも読者様の自治体にも当てはまるとは限りませんので、あくまでも参考までに知っていただけたらと思います。自治体に処分方法を依頼の予定ん方は必ずご自身の自治体にて確認してください。

 

多少費用はかかってしまいますが、なるべく手間を掛けたくない場合には不用品回収業者の利用がお勧めです。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top