座椅子の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
意外と簡単?知っておきたい座椅子の処分方法まとめ
公開日:

リビングに置ける手軽な家具として人気な「座椅子」。

 

使い勝手が良いため、自宅にある方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、不要になった場合、何ごみにすればいいのか迷ってしまうもの。

 

この記事では、そんな座椅子の処分方法について詳しくご紹介いたします。

 

座椅子の処分方法

座椅子の処分方法は、主に3つあります。

 

  • 粗大ごみとして処分する
  • リサイクルショップに買取を依頼する
  • 不用品回収業者を利用する

 

順に詳しくご説明いたします。

 

粗大ごみとして処分する

まず一つ目の方法が、「粗大ごみ」として処分する方法です。

 

自治体によって粗大ごみのルールは異なりますが、多くの自治体では一辺30cm〜50cm以上のごみは粗大ごみとして扱っています。

 

なので、ほとんどの座椅子は粗大ごみの定義に当てはまることになりますね。

 

分解してそれぞれ分別する方法もありますが、座椅子には中にサイズの大きな金属などが含まれていることもあり、結局粗大ごみとして捨てなければいけないケースもあるのであまりおすすめできません。

 

粗大ごみとして処分する場合の手順は、以下のような流れで行うことが一般的です。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセスし、電話やインターネットなどで申し込む
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を取り扱い店(コンビニ等)で購入
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、座椅子に貼り付け指定された収集日に収集場所に出す

 

多くの自治体はこのような方法で収集してもらうことになりますが、一部自治体では若干流れが異なることもあります。

 

詳しくはお住まいの自治体のホームページを確認するか、問い合わせるようにしましょう。

 

リサイクルショップに買取を依頼する

別の方法として、リサイクルショップに買取を依頼する方法もあります。

 

リサイクルショップの多くは、家具や家電を買取品目としているため、座椅子の買取も行ってくれる可能性が高いです。

 

ただし、出張買取に対応していないリサイクルショップの場合はご自身で運搬する必要があります。

 

また、買取価格がつかなかった場合は引き取りを断られるケースも。
こういったトラブルを避けるためにも、サービス内容を先に確認しておくようにしましょう。

 

不用品回収業者を利用する

最後にご紹介するのが、不用品回収業者を利用して座椅子を回収してもらう方法です。

 

不用品回収業者の多くは、座椅子を回収品目に挙げています。

 

不用品回収業者を利用するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

 

  • その他の不用品もまとめて回収してくれる
  • 搬出作業を全て任せられる
  • ごみとして処分する場合に比べて、処理券などを購入する手間がかからない

 

弊社の不用品回収ルートでも、座椅子の回収を受け付けております。

 

上記のメリットはもちろん、当社の特長として

 

  • 最短で即日回収が可能
  • 大量の不用品やごみの片付けから単品まで全て対応
  • 買取可能なものは買取が可能
  • 他社より回収料金が高ければ料金相談が可能
  • 万が一のアクシデントが起きても最大3,000万円の賠償補填がある

 

といった点が挙げられます。

 

不用品回収ルートへのお問い合わせやお見積もりは無料です。
WebやLINE、お電話で受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

まとめ

座椅子の処分方法や、買取や回収を依頼する方法をご紹介しました。

 

どの方法にも、それぞれメリットデメリットがありますので、ご自身にあった方法で座椅子を処分しましょう。

 

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top