不用品パンダ
業務用の冷凍ストッカーの処分方法とは?注意点も合わせて紹介

公開日:

画像引用元:https://www.daikinaircon.com/catalog/chutei/products/freezing/stocker/

 

店舗の閉店や故障などによって不用品となってしまった冷凍ストッカーは、どのようにして処分すればいいのでしょうか?

 

業務用として使用していた冷凍ストッカーは、適切な処分方法で処分しないと処罰の対象となる可能性があるため、注意しなくてはいけません

 

この記事では、冷凍ストッカーの処分方法について紹介していきます。

 

冷凍ストッカーを処分するときに注意しなくてはいけないポイントもあわせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

冷凍ストッカーの処分方法

冷凍ストッカーは、以下の方法で処分できます。

 

  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • 業務用機器専門の買取業者に買取を依頼する
  • 冷凍ストッカーを必要としている人に譲渡する

 

それぞれの処分方法について詳しく解説していきます。

不用品回収業者に回収を依頼する

重量のある冷凍ストッカーを自分で搬出したり運搬するのはかなり大変です。

 

なるべく手間をかけず冷凍ストッカーを処分したいのであれば、不用品回収業者に回収を依頼しましょう。

 

不用品回収業者に冷凍ストッカーの回収を依頼した場合、業者が全ておこなってくれるので、ほとんど手間がかかりません。

 

依頼する業者やタイミングによってはその日のうちに回収してくれることもあるので、冷凍ストッカーを急ぎで回収してもらいたいときにも重宝します。

 

業務用として使用している冷凍ストッカーの回収は、必ず「産業廃棄物収集運搬業の許可」を取得している業者に依頼するようにしてください

 

ご家庭で使用していた冷凍ストッカーの処分については産業廃棄物収集運搬業の許可は必要ありませんので、弊社「不用品回収ルート」にお問い合わせください。

業務用機器専門の買取業者に買取を依頼する

まだ使える冷凍ストッカーは高値での買取が期待できるので、売却して処分するという方法もおすすめです。

 

冷凍ストッカーをリサイクルショップやフリマアプリで売却するのは現実的ではありませんが、業務用機器の買取を専門的におこなっている買取業者であれば買い取ってもらえる可能性があります。

 

買取価格はそれぞれの業者によって異なるので、なるべく高く売りたいのであれば複数の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

 

ただ、手間と時間がかかるので、スケジュールに余裕をもって対応するようにしてください。

冷凍ストッカーを必要としている人に譲渡する

売却するほどではないけど、使える状態の冷凍ストッカーを不用品として処分するのはちょっと…」という方は、冷凍ストッカーを必要としている人に譲渡するのもおすすめです。

 

飲食店など食品を取り扱うビジネスでは冷凍ストッカーが必要になるケースが多いので、きっと喜んで引き取ってくれる人が見つかるでしょう。

 

友人や知人に声をかけて譲ってもいいですし、SNSやジモティーなどのサービスで募集するのもアリです。

 

SNSやジモティーなど面識のない人に譲渡する場合は、後々のトラブルを避けるためにも、譲渡に伴う条件をしっかりと提示した上で取引をおこなうようにしてください。

下取りに出す

冷凍ストッカーなど厨房機器を販売している業者の中には、新しく製品を購入するお客さんを対象に古い製品の下取りをおこなっているところがあります。

 

下取りではなく引取となる場合もありますが、無料で引き取ってもらえるので便利です。

 

新しい製品の搬入に伴って古い製品を引き取ってくれるところも多く、搬出や運搬の手間もかからないので、新しい冷凍ストッカーを購入する予定の方は、こちらの方法での処分も検討してみてください。

冷凍ストッカーを処分するときの注意点

冷凍ストッカーを処分する場合、次の2点に配慮しながら処分しなくてはいけません。

 

  1. 一般ごみや粗大ごみとして処分できない
  2. 第一種フロン類充填回収業者への依頼が必要

 

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

業務用冷凍ストッカーは一般ごみや粗大ごみとして処分できない

業務量冷凍ストッカーなど、業務で使用していた製品は一般ごみや粗大ごみとして処分することができません

 

業務で使用していたものは産業廃棄物という扱いになるため、産業廃棄物として適切な方法で処分する必要があります。

 

産業廃棄物であるにも関わらず一般ごみや粗大ごみとして処分してしまうと、不法投棄の扱いになり罰せられる可能性があるので注意しましょう。

ノンフロン製品でない場合は第一種フロン類充填回収業者への依頼が必要

業務用冷凍ストッカーには、フロンガスを使用しているものとフロンガスを使用していないノンフロン製のものがあります。

 

フロンガスが含まれていないノンフロン製のものは一般的な産業廃棄物として処分できますが、フロンガスを使用している冷凍ストッカーを一般的な産業廃棄物として処理することはできません

 

フロンガスを使用している製品である場合は「第一種フロン類回収業者」の許可を得ている産廃業者に回収を依頼するようにしましょう。

 

フロンガスを使用している製品かどうかについては冷凍ストッカーに貼り付けられている銘柄シールで確認できるようになっています。

まとめ

業務用冷凍ストッカーの処分方法について紹介してきました。

 

業務用冷凍ストッカーの処分方法としては、手間をかけずに処分できる不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

 

ただし、まだ使える冷凍ストッカーは売却したり人に譲ったりして処分することもできるので、最適だと思える方法で処分を検討してみてください。

 

不用品回収業者に回収を依頼する場合は、フロンガスが使用されている製品かどうかをチェックし、必要に応じて「第一種フロン類回収業者」の許可を得ている産廃業者に回収を依頼するようにしてください。

 

一般のご家庭で使用している冷凍ストッカーは、弊社「不用品回収ルート」でも回収可能です。

格安の料金でスピーディーに回収させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

冷凍ストッカーの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

冷凍ストッカーの不用品回収

冷凍ストッカーの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

冷凍ストッカーの不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!

まずは、お電話よりお気軽にご相談ください! 24時間365日無料見積もり相談受付中!

MENU

page top