不用品パンダ
フライパンラックの処分方法は?不燃ごみとして出す以外の方法も解説

フライパンの収納に便利なフライパンラック。ご家庭で利用している方も多いと思います。

 

フライパンラックは金属製のものが多く、特に大きなサイズですと粗大ごみになるのか、不燃ごみになるのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

 

この記事では、これからフライパンラックの処分や買い替えを考えている方向けに、処分方法について解説いたします。実は、ごみとして出す以外の方法もありますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

フライパンラックの一般的な処分方法

フライパンラックの処分方法として一般的なのは以下の3つです。

 

  • 一般ごみとして処分
  • 金属ごみとして処分
  • 粗大ごみとして処分

 

ここで注意していただきたいのは、この3つの処分方法から自由に選べるといったわけではなく、「自治体によって何ごみとして扱われるかが異なる」といった点です。

 

例えば神奈川県相模原市では、ホームページにごみの種類別に何ごみとして出せば良いかの記載があります。フライパンラックに関しては、金属製なら「金属ごみ」、その他なら「一般ごみ」、50cm以上であれば「粗大ごみ」になるとの記載があります。小さめのものであれば、金属ごみか一般ごみが一般的のようですね。

 

一方で、東京都中央区のホームページを見ると、一辺の長さが30cmを超えるごみは「粗大ごみ」になるとの記載があります。一辺が30cm未満のフライパンラックはあまりないと思いますので、ほとんどのフライパンラックは「粗大ごみ」になりそうですね。

 

このように、フライパンラックの処分方法は自治体によってまちまちなのです。

 

大き目の家電(冷蔵庫など)でしたらどの自治体でも粗大ごみ扱いがほとんどですが、フライパンラックはその大きさゆえに、自治体によって何ごみとして扱われるかが異なるのです。

フライパンラックをごみとして処分する以外の方法

ここまではフライパンラックをごみとして処分する方法を見ていきました。粗大ごみとして出す場合には自治体への回収手続きなど手間がかかりますが、その他の場合ははあまり手間もかからず捨てることができます。

 

しかし、中には「まだ使えそうなのに捨てるのはちょっともったいない・・・」「フライパンラック以外にも捨てたいものがたくさんある・・・」といった方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方には、以下の2つの方法をおすすめいたします。

知人に譲る・フリマアプリなどを使って貰い手・買い手を探す

まず1つ目として提案したいのが、「フライパンラックの貰い手や買い手を探す方法」です。知人に一人暮らしを始める方などがいらっしゃれば、フライパンラックが必要か聞いてみると良いでしょう。自炊をされる方なら喜んでもらってくれる可能性があります。

 

この方法の良いところは、自分にとって不要なものを誰かにまた使ってもらうことで、お互いにメリットがある点です。捨てられない・片づけられないタイプの方はまだ使えるものを捨てるのに抵抗を持つ方が多いです。こういった方は、この方法を検討してみましょう。

 

しかし、これはたまたまフライパンラックが必要な知人がいる場合のみ成立する方法。もちろんこういった状況に当てはまらない方も多いと思います。

 

そんな場合は、フリマアプリなどを使ってフライパンラックの買い手を探す方法もあります。この方法の良い点は、先ほどのメリットに加え、フライパンラックを「売る」ことになるので、多少なりともお金になる可能性がある点です。

 

しかし、全く知らない方に売却することになるので、フライパンラック自体の掃除を徹底したり、クレームや値引きの交渉にしっかり応じるなど手間がかかる点はデメリットかもしれません。

 

買い手がすぐに見つかるとも限りませんので、すぐに手放したい方にはおすすめできない方法です。

不用品回収業者に回収依頼をする

また別のケースとして、「フライパンラック以外にも不用なものがたくさんあり、まとめて処分したい」という方もいらっしゃると思います。断捨離や大掃除などで、たくさんの不用品が出てくるなんてことも多いですよね。

 

そんな場合は、ひとつひとつごみとして分別するよりも「不用品回収業者」に回収をまとめて依頼することをおすすめします。

 

不用品回収業者は、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電から、フライパンラックなどのキッチン家具まで大きさや種別問わず幅広く回収してくれます。また回収についてですが、自宅までトラックで駆けつけてくれて運搬なども任せっきりで大丈夫な業者がほとんどですので、大量の不用品がある場合はベストな方法です。

 

業者ごとに料金やサービスはまちまちですが、ホームページなどで細かくサービス内容を明記していたり、質問フォームがある業者を選べば間違いないでしょう。

 

弊社の「不用品回収ルート」のホームページにもサービス内容が記載されておりますので、是非ご参考になさってください。ご不明点は「よくある質問」ページや、「問い合わせ」ページで受け付けております。

 

無料お見積りなどもこちらでできますので、お気軽にご相談くださいね。

まとめ

フライパンラックの処分方法についてご紹介いたしました。ごみとして処分する以外にも、様々な方法があります。まだ使えるものでしたら、捨てるのはもったいないかもしれません。

 

また、大量の不用品がお手元にある場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。ご自分の状況にあわせて、効率良く処分しましょう。

page top