不用品パンダ
不用な布団は処分すべき?処分方法ごとのメリットとデメリットを解説

公開日: / 最終更新日:

不用になったときに困る家財の一つが、布団です。

 

布団はかさばるため、保管しておくのも処分するのも大変そうに思えます。また、クローゼットのなかに眠らせておくのは、少し不衛生なのでは?という印象をもつ方もいるかもしれません。

 

この記事では、不用な布団をどのように対処すべきかについて解説します。
ムダや負担を避けるために、布団を捨てるタイミングの見極めや4つの布団処分方法のメリット・デメリットも紹介しているので、不用な布団に困っている方はぜひ参考にしてください。

不用な布団はどのように処分する?リスクはあるの?

最初に、布団の基本的な処分方法について解説します。

 

大型サイズの布団については処分が大変だと感じられる方が多いと思いますので、不適切な処分をした場合のリスクについてもご紹介いたします。

基本的な処分方法は粗大ゴミとしての処分

オーソドックスな布団の処分方法は、粗大ゴミとしての処分です。具体的な流れやルールはお住まいの自治体によって指定されています。

 

一般的に粗大ゴミの処分は、場所と日時が指定されていますので、お住いのルールを必ず確認し布団を処分するようにしましょう。

正しく処分しないと放火の原因にも!

布団を粗大ゴミの日以外にゴミに出したり、指定場所以外の場所に出したりすると、不法投棄になります。布団の不法投棄は、モラル違反になるだけではなく、放火の原因にもなりまえます

 

住宅の近くに布団が置かれていた場合には、住居に燃え移る可能性もあるため、極めて危険です。その他、布団が腐ったり虫が発生したりして、近所の迷惑になる可能性もあります。

布団を処分するタイミングとは?

布団の処分のタイミングをはかるのが難しいという方もいるのではないでしょうか?なかには、布団を買い替えるべきか、まだ使用し続けられるのか、という点で迷っている方もいるでしょう。

 

この章では、布団処分のタイミングを解説します。

布団の寿命

布団の寿命は、素材によって寿命が異なります。素材ごとの寿命は以下のとおりです。

 

・羽毛布団
羽毛布団は、比較的長持ちします。5年ごとに傷み具合の確認と、羽毛の補充やクリーニングをしながら、クリーニング店などにまだ使えるかどうかのアドバイスを受けてください。

 

・綿布団
綿布団は、長く使用していると綿が固くなります(敷布団なら3年・掛け布団なら5年が目安)。解きほぐして打ち直せばふっくらしますが、解きほぐしても戻らなくなったときには買い替えのタイミングです。

 

・ポリエステル
敷布団は3年、掛け布団は5年が目安です。

 

・羊毛(ウール)
敷布団は3年、掛け布団は5年が目安です。

 

寿命を過ぎた布団の場合、布団を掛けていても寒く感じたり、寝心地が悪く何度も寝返りをうつようになったりしてしまいます。

捨てるタイミングの判断ポイント

布団の寿命にも、いくつか布団を捨てるべきタイミングがあります。

 

・新しい布団を購入して、古い布団を使用する用途がなくなったとき
・布団が破れたるとき
・臭いが発生したりしてたりすると

 

これらのケースでは、例え布団が寿命を迎えていなくても布団を取っておく必要がありません。

布団を取っておくことのデメリット

布団を処分しないまま、なんとなくご家庭のクローゼットに入れたままにしている方もいます。しかし、不用な布団をそのままご家庭で保管しておくのも望ましいことではありません

 

デメリットは、以下のとおりです。

 

・クローゼットの場所を取る
・防湿対策をしないと、カビや虫が発生することもある
・布団の劣化(素材によって寿命がある)

 

上記の観点から、不用な布団をご家庭でなんとなく保管し続けるのは、望ましくありません。

布団処分の4つの方法

布団処分の方法は、粗大ゴミとしての処分以外にもいくつかあります。この章では、布団処分の4つの主な方法を紹介するとともに、それぞれのメリット・デメリットを掘り下げます。

粗大ゴミとして処分

粗大ゴミとして処分方法は、これまで紹介したように最もオーソドックスな処分方法です。処分方法は自治体によって異なりますが、一般的に月に1~2回、粗大ゴミを処分する日程が決まっています。処分方法についても、自治体ごとにルールが決められています(紐で縛って処分する、折りたたんで処分する、など)。

 

■メリット
粗大ごみとして処分することのメリットは、安くゴミを処分できることです。また、わからないことがあったときには、市役所などの自治体に確認できる点もメリットといえるでしょう。

 

■デメリット
粗大ごみとして、ふとんを処分する際には、以下の点がデメリットに感じられるかもしれません。

 

・料金がかかる
粗大ゴミを処分する際には粗大ゴミシールを購入しなくてはなりません。布団の場合は、一般的に300~500円前後の料金がかかります。

 

・時間や場所が指定されている
指定された日時・場所以外に布団を処分しようとしても回収してもらえません。粗大ごみは、「回収日の午前8時以降」というように処分できる日時がかなり細かく指定されているため、スケジュールの調整が大変です。
また、細かなポイントですが処分シール購入の手間を面倒だと感じられる方もいるでしょう。

 

・指定回収まで運搬の場合には手間がかかる
指定の回収場所に持ち込んで処分を依頼する方法もあります。その場合、自分自身で持ち運ばなくてはならないため、やはりやや手間がかかります。

 

以上を総合すると、自治体の方法に沿って処分する際は、手間がネックになりうるポイントです

細かく切って可燃ゴミとして処分

布団処分の裏技的な方法としては、可燃ゴミで処分する方法もあります。基本的には、自治体指定のゴミ袋に入れられれば布団であっても普段の「燃えるゴミ」として処分できます。

 

ゴミ袋に入るサイズにするため、通常はハサミなどで布団を細かく切らなくてはいけません。他に圧縮袋を使って布団を小さくする方法もあります。

 

■メリット
可燃ゴミとして処分する方法の大きなメリットは、以下の2点です。

 

・費用がかからないこと
「可燃ゴミ」として処分する際には、ゴミ袋の料金のみで処分できるため、ほぼ無料で処分できます。

 

・ゴミの日程を意識しなくてもよいこと
「可燃ゴミ」の日は、粗大ゴミの日と異なり週に2~3回設けられています。従って、処分したいときに、いつでも処分できます。

 

■デメリット
可燃ゴミとして処分する際の最大のデメリットは、手間です。特に大きなサイズの布団や羽毛布団などをゴミ袋に入るように、コンパクトにまとめるのはかなり大変です。

購入時に買取を依頼する

布団を購入する際に古い布団を処分してくれる店舗もあります。回収サービスの対応可否、回収費用の要否、回収の流れなどは店舗ごとに異なります。布団を購入する際に店舗に確認しましょう。

 

■メリット
購入する店舗に回収を依頼できれば、購入と処分が一つの手間で済ませられます。従って、布団の購入を考えている方は、購入する店舗で布団の回収に対応していないかどうかをまずチェックしてみるとよいかもしれません。
ただし、店舗によっては費用が高くつくなど、必ずしもベストなチョイスとなるとは限りません。

 

いくつか実例を紹介します。

 

・ニトリ
配送商品購入時に、購入した商品と同数もしくは同重量のアイテムの引取サービスに対応しています。ただし手数料として3,300円かかります。
店頭購入の際の引取には対応していません。

 

・コーナン
商品購入 or 同等品の持ち込みという条件で、無料回収に対応しています。

 

・楽天
手数料1,000円で布団回収サービスに対応しています。依頼後に楽天から送られる布団拐取専用袋に袋を詰めて送付すれば、布団の回収を依頼できます。楽天市場での布団購入などの条件は特にありません。

 

■デメリット
店舗での処分を依頼する際のデメリットは、店舗によって対応が大きく異なる点です。
例えば、AmazonやIKEAは非対応など、大手であれば必ずしもすべての事業者が対応しているわけではありません。
また、基本的にはショップの回収サービスは購入時に限定している事業者が大半です。

不用品回収業者に依頼をする

布団回収を不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者とは、ご家庭の処分品をトラックなどでまとめて処分してくれる業者のことです。アイテム数・重量に応じて、あるいはトラックのサイズに応じて料金が発生する仕組みです。

 

■メリット
不用品回収業者に依頼をする際のメリットを一言でいえば、手間を最小限に抑えられることです。

 

不用品回収業者に依頼をすると、自宅まで業者が回収に来てくれます。不用品回収業者が回収から処分までの一連の作業を全て対応してくれるため、処分方法を一つひとつ確認する必要もありません。

 

また、布団だけではなく、ご家庭のなかにある不用品の全ての処分を依頼できる点もメリットです。

 

従って、引越しの際や家族全員の寝具をまとめて買い替える際などは、不用品業者を利用すると非常に便利です。

 

■デメリット
不用品回収業者のなかには、違法業者や他と比較をして高額な業者があります。従って、安心して依頼できる業者を見極めることが大切です。また、布団1点のみを処分する際に不用品回収業者を利用すると、費用がやや割高に感じられるかもしれません。

布団を処分するのはもったいないという方へ・・・処分以外の方法

費用をかけて処分してしまうのはもったいないという考え方もあります。まだ利用可能な布団の場合には、なおさらもったいないという思いは強くなるかと思います。

 

この章では、処分以外の方法について考えてみましょう。

リサイクルショップやインターネットオークションの利用

一般的な家具や家電で、費用以外の方法として真っ先に思い起こされるのは、リサイクルショップやインターネットオークションでの買取です。しかし、どちらの方法にせよ衛生面の観点から、寝具はなかなか売れない傾向があります。

 

売れる可能性が高いのは、以下の条件を満たした場合です。

 

・布団が新品・未使用の状態(あるいは、新品と同程度のキレイな状態)
・ブランド価値のある高級布団

 

また、買い手が見つかった際には、梱包や発送の手続きをご自身でおこなわなければならず手間もかかるため、手間と収益を照らし合わせながら売却するか否かを検討されてみてはいかがでしょうか?

海外や被災地への寄付

途上国や災害被災地への物資援助として、布団を寄付する方法もあります。寄付を希望する場合は、物資援助をおこなっているNGOやNPOの団体を通じて支援できます。

 

・物資支援に対応している団体
NPO法人NGOリサイクル環境組合

 

ただし、物資支援をおこなっている団体であっても、布団が受付不可になっている場合もあります。受付不可のものを送るとかえって支援団体に迷惑をかけることにもなるため、支援条件を慎重に判断して対応しましょう。

羽毛リサイクル

羽毛布団に限り、複数の寝具メーカーや自治体が、リサイクル回収を受け付けています。羽毛は、丁寧に扱えば100年程度使用可能なことや、再利用が可能なことから、リサイクル品としての価値が非常に高いです。
リサイクルをした羽毛布団は、羽毛布団のリサイクル品や地域の医療・福祉などに有効利用されます。

まとめ

不用な布団に困ったときには、まず処分すべきか保管すべきかを考えましょう。布団の寿命は素材によって異なりますが、掛け布団(5年)、敷布団(3年)が一つの目安です。

 

また、布団を処分する際には、正しい方法で処分することも大切です。主な処分方法には、自治体の粗大ごみ・可燃ゴミ・ショップの回収サービス・不用品回収業者などがあります。

 

もし、不用な布団が数点ある方やご家庭の不用品をまとめて処分したいという方は、業界最安値の不用品回収サービス「不用品回収ルート」がオススメです。創業17年の実績をもつ顧客満足度97.5%のサービスなので、初めてのご依頼の方でも安心してご利用いただけます。地域密着で対応しており、最短で即日の回収にも対応しているので、布団の処分に困っている方はぜひ気軽にご相談ください。

不用品回収ルートの布団の回収実績

岡山県岡山市の布団の回収

■回収前

岡山県岡山市の布団の回収前

■回収後

岡山県岡山市の布団の回収後

 

岡山県岡山市にて布団と合わせ年季の入ったソファを回収いたしました。

深夜の回収依頼だったので、近隣の方にご迷惑のないように慎重に回収。作業時間は5分で完了しました。

神奈川県川崎市の布団の回収

■回収前

神奈川県川崎市の布団の回収前

■回収後

神奈川県川崎市の布団の回収後

神奈川県川崎市にて、布団数点を回収いたしました。
袋に入れて紐で縛ってあったので、スタッフ3名で何往復もせず1回で回収することができました。
作業時間も5分ほどで回収し、お客様にも喜んでいただけました。

広島県広島市の布団の回収

■回収前

広島県広島市の布団の回収前

■回収後

広島県広島市の布団の回収後

広島県広島市にて、アパートの2階から布団1点を回収いたしました。
日中の交通量の多い時間帯だったので、アパート前の道路ではなく離れた場所にトラックを停めていましたが、布団1点のみの回収だったのでスムーズに作業完了しました。

神奈川県横浜市の布団の回収

■回収前

神奈川県横浜市の布団の回収前

■回収後

神奈川県横浜市の布団の回収後

神奈川県横浜市にて、マンションの上階から布団と一緒に掃除機を回収いたしました。
回収物の重量が軽かったことに加え、エレベーター付きのマンションだったので、作業時間は5分かからず完了しました。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

布団の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

布団の不用品回収

布団の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

布団の不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!

まずは、お電話よりお気軽にご相談ください! 24時間365日無料見積もり相談受付中!

MENU

page top