不用品パンダ
放置しているとカビが!すのこの正しい4つの処分方法を紹介

風呂場の床に敷かれたり、カビの発生を抑えるためにベッドの枠組みに使用されたりする「すのこ」ですが、長期間使用しているとカビが生えてしまうことがあります。

 

いざすのこを処分しようと思っても、「粗大ゴミ」か「可燃ゴミ」か分からず処分するのを先送りにしてしまう方も多いと思います。

 

ここでは自治体依頼し粗朶ごみとして出す方法を含めその他の手軽な処分方法についても紹介していきます。それぞれの処分方法をしっかりと理解したうえで正しく処分しましょう。

すのこの4つの処分方法

すのこの処分方法はおおよそ4通りあります。自分の処分したいすのこにはどの処分方法が適当か考えながら確認していきましょう。

粗大ゴミとして廃棄処分する

すのこの1辺の長さがおおよそ30cm以上ならば「粗大ゴミ」として廃棄処分することができます。粗大ゴミのサイズ規定は自治体ごとに異なるので、お住まいの市町村の粗大ゴミ規定をホームページなどから確認しましょう。

 

自治体へ粗大ゴミとして捨てるに場合には次の手順を参考に廃棄処分してください。

 

  1. 各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせ、粗大ゴミの収集依頼をする。
  2. スーパーや郵便局など「粗大ゴミ処理券取扱所」で粗大ゴミシールを購入して、すのこに貼り付ける。
  3. 粗大ゴミの収集日の朝までに、指定場所にすのこを運んでいく。

 

すのこ1つにつき、粗大ゴミシールが必要になるので、すのこの数が多い場合は後述する不用品回収業者に依頼する方が手間や費用がすくなることがあります。

 

また最寄りの「粗大ゴミ持ち込みセンター」に直接持ち込むことで、収集日を待つことなく処分することもできますが、自力で運び込む必要があるので多少手間がかかります。

分解・解体することで可燃ゴミとして廃棄処分する

すのこの自体は分厚くないものも多いと思いますので、ノコギリなどの道具を利用し粗大ゴミの規定サイズ以下(おおよそ30cm以内)にカットして可燃ゴミとして処分することもできます。可燃ゴミのサイズ上限は自治体ごとによって異なるので廃棄前に確認してください。

 

しかし、ノコギリで木材をカットする作業に慣れていないかたは思った以上に労力がかかるのとケガの危険性が伴いますので、気をつけて行いましょう。

 

また、すのこを可燃ゴミとして廃棄する前には、釘などの金属を抜いてあるか忘れずに確認してくださいね!

フリマやネットオークションに出品する

「布団下すのこ」として使用していたけれど、ベッドの購入を機にすのこを処分したい方などは、インターネット上のフリマやオークションに出品することでお得に処分することも1つの手です。

 

出品したすのこは他人が使う訳ですから、以下のような状態になっていないか使用状態が綺麗であるかの確認が必要です。

 

  • カビが生えていない
  • 木の板が割れていない・壊れていない
  • その他細かい汚れがない

 

また、すのこを買い取ってもらったとしても梱包費・発送費を差し引いた際に、金額がマイナスになってしまわないか確認した上で出品するようにしましょう。

不用品回収業者に回収依頼をする

粗大ゴミで複数のすのこを処分しようとすると枚数分の金額と手間がかかりますが、不用品回収業者に依頼することで電話1本で自宅まで出張回収・買取してもらうことが出来ます。

 

多少の費用はかかってしまいますが、不用品として回収をするので、すのこの状態に関係なく確実に回収してもらうことが可能です。また、マンションなどの集合住宅の2回以上に住んでいる方はわざわざ1階まで運ぶ必要も無くなります。

 

不用品回収業者の中には、その他の家具もまとめて回収対応している業者も存在するので、依頼する前に回収に対応している品目を確認するようにしましょう。

すのこは回収は不用品回収ルートにお任せ

検索すると不用品回収業者は数多く存在しますが、「不用品回収ルート」ですのこの回収依頼をするとうれしいメリットがたくさんあります。

 

ここからはすのこを回収するうえで、「不用品回収ルート」ならではの強みについて紹介します。

すのこ1点から布団まで、まとめて回収可能

「不用品回収ルート」ではカビが生えてしまって不用になったすのこ1点から、布団やベッドの買い替え時に発生したベッドフレームや布団などの不用品までまとめて回収しています。

 

すのこを含めた古いベッドなども不用な場合は、粗大ゴミ回収などでは無く、不用品回収業者に依頼することで細かな分別を気にすることなく、手軽に手放すことが出来ます。

 

すのこをと一緒に不用となった家具や家電をまとめて回収依頼をするのもオススメです♪

他社で断られたすのこでも回収対応可能

すのこが奥まった場所に収納されていたり、状態によっては不用品回収を断られることがありますが、「不用品回収ルート」では他社で断られたすのこでも回収対応しております。

 

またサイズ規模個数に関係なく回収していますので、家庭のベッド用のすのこから、作業現場で使用している荷台用のすのこまで回収可能です。

 

回収費用は個数や大きさによって変わりますので、まずは無料お見積もりで費用の確認から気軽にお問い合わせください。お見積もり・お問い合わせはWEB・LINE・電話から受け付けております。

急なご依頼でも柔軟に対応

営業時間が長く、最短で即日回収にも対応しているので、急な引越しや転勤で不用品が出てしまった方も「不用品回収ルート」にお任せください。

 

また、お見積もりは24時間受け付けているうえ、早朝や深夜の回収も承っていますので、「その日のうちにすのこを回収してもらいたい」という方でも時間を選ばずご依頼いただけます。

 

お見積もり後の金額に納得いただけなければ、キャンセルも可能ですのでお気軽にご相談ください。

まとめ

すのこはサイズが幅広く、処分方法も異なるため、それぞれにあった方法で処分することが大切になります。費用を抑えて処分したい場合には「自治体に依頼し粗大ゴミとして処分」や「ネットに出品する」などの方法をオススメします。

 

面倒なルールを気にすることなく、早く手軽に手放したいと思われている方は、即日回収にも対応している「不用品回収ルート」にお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top