不用品パンダ
寿命を迎えたドライヤーはこうして処分せよ!費用を抑えた方法をご紹介

現在新しいドライヤーを購入したけど古いドライヤーが残っている、寿命を迎えた等で壊れたドライヤーをお持ちの方など、処分に困ったドライヤーをお持ちの方は、この記事を参考に片付けてみてはいかがでしょうか。この記事では、ドライヤーの正しい処分方法について分かりやすく解説していくとともに費用を抑えた処分方法についてもご紹介していきますので是非最後まで読んでいってくださいね。

ドライヤーは不燃ゴミ?粗大ゴミ?

ほとんどの自治体では、ドライヤーを不燃ゴミとして扱っています。ただし、1辺30cmを超えるような大型のドライヤーの場合、粗大ゴミになることもあります。

 

また、多くの自治体では「小型家電リサイクル法」の対象品目にもなっています。

 

ご自身の自治体が以下の4つのどの処分方法か、お住まいの自治体にご確認ください。

 

  1. ボックス回収:公共施設、家電量販店をはじめとした小売店等に回収ボックスを設置して回収
  2. ステーション回収:ゴミ回収場所で資源回収と合わせて回収
  3. イベント回収:イベント開催の期間に限定して回収
  4. ピックアップ回収:排出された不燃ゴミ等の中から清掃工場等で選別回収

 

ボックス回収は「できる限り」としてる自治体が多く、ほとんどは「ピックアップ回収」、つまりその他の燃えないゴミ同様に捨てることが多いです。

新しいドライヤーの買い替え時に引き取ってもらう

家電量販店では、新しいドライヤーの購入時に古いドライヤーを下取りしてくれる場合もあります。この場合、処分にお金もかかりませんし、ご自身の自治体のルールを確認する必要もありません。

 

また、処分したいドライヤーがまだ美品かつ有名なメーカーのドライヤーの場合、リサイクルショップでの買取やフリマアプリでの売却も期待できますよ。

ドライヤー以外にも不用品がたくさんあるなら不用品回収業者に依頼

ドライヤー以外にも家具や家電、衣類などの不用品が多い場合は不用品回収業者に回収依頼をするのがお勧めです。依頼から回収までの流れは以下のように、非常に簡単で速いです。

 

  1. 不用品回収のホームページから電話またはメールにてお問合せ。
  2. 不被用品の回収費用の見積もり日の相談。(最短即日)
  3. 見積もり日当日に、見積もり金額に納得すればその場で回収作業開始。

 

処分するのが面倒で放置している不用品は、案外家に眠っているものです。不用品回収業者を利用することで、ドライヤーの処分のついでに処分に困った複数の不用品を一括回収してもらえるので、ぜひ検討してみてください。

どこの不用品回収業者がオススメ?

不用品回収を利用する際、調べてみると複数あってどれが良いのか、またどれが良くてどれが悪いのか分からないと思います。恐らく判断基準にするのは、「費用」「スピード」「安心」だと思いますが、『不用品回収ルート』ならその全てをカバーしています。

 

費用面では、

 

  • 業界最安値を宣言しており、他社より1円でも高い場合は相談可能
  • 追加料金が一切かからない
  • 不用品が多ければ多いほど安くなる料金プラン

 

スピード面では、

 

  • 依頼してから最短1時間後に回収可能(※交通状況や予約状況による)

 

安心面では、

 

  • 年間回収件数20,000件と豊富な回収実績
  • お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
  • 無料見積もりができて、見積もり後にキャンセルができる
  • 万が一にもアクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり

 

詳しい料金プランやサービス概要はこちら「不用品回収ルートの料金ページ」から確認できるので、ぜひご覧ください。

まとめ

ドライヤーを処分するタイミングは人それぞれだと思いますが、ベストな処分方法もその方の状況によって変わります。

 

例えば、完全に壊れてしまっているなら自治体にゴミとして出すのがベストかもしれませんし、状態は良いけど風力が物足りないから新しいドライヤーを購入したい等の理由なら、フリマアプリで売却したり友人に譲渡するのがベストでしょう。ドライヤーの買い替えをきっかけに他の家電製品も買い替える予定でお古がたくさんでる場合には不用品回収業者の利用がお勧めです。

 

ぜひご自身にあった処分方法を選んでくださいね。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top