不用品パンダ
粗大ごみ?事業ごみ?ハイカウンターの処分方法3選

ハイカウンターは、お客様の来客時に立ったまま対応する受付業務などに使用されることが多いです。しかし、不用になった際に処分に困りますよね。

 

「粗大ゴミじゃないの?」と考える方が多いと思いますが、半分正解で半分不正解です。

 

一体どういうことかをこの先で解説しています。ぜひ最後まで読んでくださいね。

ハイカウンターは何ゴミで処分するべき?

先ほど、「ハイカウンターの処分が粗大ゴミという考えは半分正解で半分不正解だ」と言いました。その理由は、法人(事業所)で使用されたか、家庭で使用されたかで処分方法が変わってくるからです。

 

それでは、それぞれの処分方法を確認していきましょう。

家庭で使用したハイカウンターは「粗大ゴミ」

家庭内で使用していたハイカウンターですが、排出元が「家庭」からなので処分方法は「粗大ゴミ」が一般的です。

 

処分手順としては、以下のような流れになります。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、ハイカウンターに貼り付けて指定された収集日の収集場所に出して完了

 

処分ルールや費用は自治体によって異なるので、ご自身が住む自治体の「粗大ゴミ受付センター」のサイトや窓口で確認してください。

 

また、粗大ゴミとして処分する以外にも、リサイクルショップに買取査定を出す方法があります。この方法のメリットとしては、売却できれば処分費用を抑えることができる点です。

 

しかしデメリットとして、出張買取を行っていないリサイクルショップの場合、自らハイカウンターを持ち込まなければいけません。そのため、ハイカウンターを持ち込むまでの手間がかかりますし、買取されるとは限らないので、買取されなかった場合はまた持ち帰らないといけません。

 

出張査定を行っているリサイクルショップを利用した場合、出張費用が発生するので、売却額より出張費用が高くなった場合は元も子も無くなってしまいます

事業所で使用したハイカウンターは「事業ゴミ」

法人(事業所)で使用していたハイカウンターは、廃棄物処理法により「産業廃棄物」扱いになります。処分方法としては、自ら処理施設に持ち運ぶか、不用品回収業者に依頼して回収してもうらかのどちらかです。

事業所(法人)の方は不用品回収業者の利用が一般的

法人の方がハイカウンターなどのオフィス家具を処分する場合、不用品回収業者を利用するのが一般的です。

 

理由としては、以下のものが挙げられます。

 

  • 処分に困った大量のオフィス家具、電化製品、小物などを一括で回収してもらえる
  • 分別・解体作業や運搬作業、回収作業は全て業者が行ってくれるので、手間を削減できる
  • 業者によっては最短即日に回収してもらえる。また、回収希望日を指定できる

 

特に法人の場合は、ハイカウンターだけでなくパーテーションや会議テーブル、椅子など不用品が多いケースがよくあると思いますので不用品回収業者に依頼がお勧めです。

 

不用品回収業者なら一括でそれらを回収してくれるので、オーソドックスな方法だということですね。

費用を最も抑えられるのは『不用品回収ルート』

複数ある不用品回収業者から一つに絞る際、決め手になるのは「回収費用」だと思います。

 

そこでオススメしたいのが、弊社の『不用品回収ルート』です。『不用品回収ルート』では以下のような他社には無い強みがあります。

①業界最安値宣言をしている

『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。つまり、もっとも費用を抑えることができる不用品回収業者です。

②追加料金・オプション料金がかからない

不用品回収業者を利用した際に起こるトラブルで、最も多いのが「料金トラブル」です。

 

料金トラブル例としては、以下のような例が挙げられます。

 

  • 「無料回収」言っていたので利用したら、色々な理由をつけられ追加料金を請求された
  • 見積もりしてかかる料金が決まったと思ったら、それっぽい理由を言われて追加料金を請求された

 

しかし、『不用品回収ルート』では追加料金が一切かからないことを宣言しています。そのため、見積もりで決定した以上に料金は請求される心配はありません。

 

また、他社様の不用品回収業者には以下の項目が、別途オプションとして料金が発生することが多いです。

 

  • 搬出作業
  • 階段料金
  • スタッフ追加料金
  • 車両費
  • エアコン取り外し料金
  • 梱包作業費
  • 分別作業費

 

しかし、『不用品回収ルート』では上記項目がすべて料金プランにコミコミの設定のため掛かりません。

③1点よりまとめて依頼の方お得

『不用品回収ルート』の料金プランは、「定額プラン」を採用しており、1点ごとの回収依頼よりも複数の不用品をまとめて依頼して頂いた方がお得になるプランを用意しております。

 

そのため、法人の方などで複数の不用品がある方にとってはよりお得にご利用いただけると思います。

その他の詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

また、料金面だけでなく、以下の理由からもオススメできます。

 

  • お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
  • 年間回収件数20,000件と豊富な回収実績
  • アクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり
  • サイズや量に関係なく1点から大量の不用品まで回収可能

 

Web・電話・LINEでの受付は24時間対応可能となっておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。ハイカウンターの処分方法は、家庭と法人で違うということについて、その理由や正しい処分方法を解説しました。

 

もし不用品回収業者選びに迷っていましたら是非『不用品回収ルート』にご連絡ください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top