不用品パンダ
ホームベーカリーの処分方法で費用と手間どちらもバランスを取る方法とは

家で自家製パンが作れるとして人気のあるホームベーカリーですが、使う頻度が多かったり、逆に使わなさすぎると、劣化したり壊れてしまいます。

 

しかし、いざ処分しようとすると何ゴミで捨てることができて、またどんな処分方法が良いのか悩みますよね。

 

この記事では、不要になったホームベーカリーの処分方法について詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでください。

ホームベーカリーは自治体で処分するのが一般的

ほとんどの自治体では、一辺の長さが30cmを超えるホームベーカリーは、粗大ゴミに分類されます。しかし、自治体によっては50cm以内は不燃ゴミとしてるところもあるので、お住まいの自治体の「粗大ゴミ回収センター」に確認してください。

 

粗大ゴミとして処分する際は、以下の手順で処分してください。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、ホームベーカリーに貼り付けて指定された収集日のに収集場所に出して完了

小型家電リサイクル法に違反しないように

自治体によっては、ホームベーカリーは「小型家電リサイクル法」に基づいた適切な処分を行う必要があります。

 

回収方法は市区町村ごとに定められていますが、以下の4つの回収方法があります。

 

  1. ボックス回収:公共施設、家電量販店をはじめとした小売店等に回収ボックスを設置して回収
  2. ステーション回収:ゴミ回収場所で資源回収と合わせて回収
  3. イベント回収:イベント開催の期間に限定して回収
  4. ピックアップ回収:排出された不燃ゴミ等の中から清掃工場等で選別回収
    ※事業者が家電量販店・宅配便を利用して、独自に回収を行っているケースもあります。

 

必ず自治体の処分ルールを確認してください。

あまり使用していないホームベーカリーは買取業者へ

ホームベーカリーは、自宅で手作りパンが作れるということで人気のある家電製品です。あまり使用しておらず美品のような状態であれば、リサイクルショップで買取してもらえる事もあります。

 

しかし、明らかに劣化している、壊れている場合は買い取ってもらえません。また、買取査定に出す際、基本はリサイクルショップ等の買取業者に持ち込む必要があります。出張査定を行っている業者もありますが、出張費用がかかるので、買い取ってもらえない際は費用が無駄に増えてしまいます。

 

また売却できそうな場合は、梱包作業に配送作業などの手間がかかりますが、フリマアプリやオークションサイトの利用もいいでしょう。

ホームベーカリー以外に処分物があるなら不用品回収がオススメ

ホームベーカリー以外にも、断捨離や引越しでたくさんの処分物がある場合、不用品回収への依頼がオススメです。

 

理由は以下の通りです。

 

  • 大量の不用品をまとめて回収してもらえる。
  • 分別・解体作業や運搬作業、回収作業は全て業者が行ってくれるので、手間を削減できる。
  • 希望する日に処分でき、業者によっては最短即日に回収しに来てもらえる。

 

不用品回収業者を利用する際、どの業者の料金が安いか比較すると思いますが、『不用品回収ルート』なら業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金相談ができます。

 

また、他の不用品回収業者では別途オプション料金が発生する以下の項目が、『不用品回収ルート』の料金プランにはすべて含まれています。

 

  • 搬出作業
  • 階段料金
  • スタッフ追加料金
  • 車両費
  • エアコン取り外し料金
  • 出張費
  • 梱包作業費
  • 分別作業費

 

また、依頼する不用品は1点よりもまとめて依頼した方がお得になる料金プランも用意しております。

その他mp詳しい料金プランはこちらからご確認ください☞「不用品回収ルートの料金ページ

まとめ

ホームベーカリーの費用と手間のどちらのバランスも取っているのは、自治体に出す方法です。

 

しかし、処分物がホームベーカリー以外にもたくさんある場合、不用品回収に依頼することで費用面でも節約できますし、家から一歩も出ずに回収しに来てもらえるので手間もほとんどかかりません。

 

ご自分の状況に応じて処分方法を使い分けてくださいね。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top