不用品パンダ
IH・ガスコンロの処分方法3選!粗大ごみとして捨てる流れもご紹介

ガスコンロやIHクッキングヒーターは、生活との密着度が高いキッチン家電です。しかし、なかなか買い替えなどを行わないので、いざ処分しようと思うと処分方法に困ってしまう家電でもあります。

 

また、キッチン付属の場合は、簡単に処分できないのでどうすれば良いのか困ってしまうかもしれません。

 

今回は、ガスコンロ・IHクッキングヒーターの処分方法や、処分を検討するタイミング・寿命などについて解説いたします。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターの寿命について

一般的にガスコンロは購入から約10年が寿命と言われています。しかし、以下のような状態のガスコンロは、購入から10年未満であっても買い替えを検討した方が良いでしょう。

 

  • 点火しない
  • 炎の色が変
  • 炎が小さい・不安定
  • ガス臭い

 

このような状態のガスコンロを使い続けるのは危険です。テーブルコンロでしたら、処分や買い替えを行うことを強くおすすめします。キッチン備え付けのもの(ビルトインコンロ)の場合は、後ほど解説する方法で対処しましょう。

 

次に、IHクッキングヒーターの寿命についてです。こちらもガスコンロ同様、購入から10年前後が寿命と言われています。

 

IHクッキングヒーターの場合も、以下のような状態でしたら、購入から10年未満であっても買い替えや処分を検討した方がよいでしょう。

 

  • 電源が入らない
  • モーター音が大きくなった
  • 天板のガラスにヒビや割れが見られる
  • 使用時にブレーカーがよく落ちる

 

このような状態のIHクッキングヒーターは使い続けず、処分や買い替えを検討した方がよいでしょう。キッチン備え付けのビルトインIHの場合の対処法は、ビルトインコンロとあわせて後ほど解説いたします。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターの3つの処分方法

ここからは、ガスコンロやIHクッキングヒーターの処分方法を解説いたします。まずはテーブルコンロや卓上IHの処分方法について、ご紹介いたします。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみの定義は自治体により様々ですが、ガスコンロやIHクッキングヒーターの大きさですと、多くの自治体では粗大ごみとして処分することになります。

 

粗大ごみを出したことがない方は、流れがよくわからないかもしれません。今回は、東京都中央区を例に、粗大ごみとして処分する流れをご紹介いたします。

 

  1. 粗大ごみ受付センターにWebサイト・電話などで申し込み
  2. 有料粗大ごみ処理券を、指定の販売店(コンビニなど)にて購入
  3. 受付番号などの情報を記載した有料粗大ごみ処理券をガスコンロ・IHクッキングヒーターに貼る
  4. 収集予定日の午前8時までに、指定された収集場所にガスコンロ・IHクッキングヒーターを出す

 

ご自身で粗大ごみとして処分する流れは上記の通りです。少々面倒ですが、自治体に処分を任せられるのがメリットですね。

知人・友人に譲る

まだ壊れていないガスコンロ・IHクッキングヒーターを手放す場合は、必要としている知人や友人に譲ってしまうのも一つの手です。

 

ただし、きちんと動作するか確認しないとトラブルにもなりかねません。また、ガスコンロやIHクッキングヒーターを欲しがっている知人や友人がいないと成立しない方法ですね。もし条件が揃って譲ることができれば、最も楽に手放すことができる方法でしょう。

不用品回収業者やリサイクルショップに買取してもらう

上記の方法は、ガスコンロ・IHクッキングヒーターを欲しがっている知人・友人がいないと成立しない方法でした。しかし、周りにそのような方がいらっしゃらなくても、まだ使えるガスコンロ・IHクッキングヒーターは買取してもらえる可能性がございます。

 

不用品回収業者やリサイクルショップでは、生活家電やキッチン家電の買取も行っています。ガスコンロ・IHクッキングヒーター以外の家電などもまとめて買取してくれるので、他にも売りたいものがあればまとめて買取に出せるのもメリットですね。

 

ただし、買取できない状態のものだと断られてしまうケースも…!

 

見積もりや問い合わせは無料の業者も多いので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

キッチン備え付けのガスコンロ・IHクッキングヒーターが壊れた場合の対処法

ここまではテーブルコンロや卓上IHなど、ご自身で処分が可能な場合の解説をいたしました。

 

しかし、中には賃貸物件や一軒家のキッチン備え付けのガスコンロ・IHクッキングヒーターが壊れてしまって困っている方もいらっしゃるかもしれません。ここからは、そのような場合の対処法をご紹介いたします。

賃貸物件にお住まいの場合

あなたがガスコンロやIHクッキングヒーターを通常通り使っていて故障した場合は、貸し主の負担で修理することが一般的でしょう。契約書の内容次第でもありますが、基本的には代金も負担してくれる場合が多いです。

 

場合によっては修理業者を指定してくれたりもしますので、最初に相談しましょう。

 

また故障のサインが見られたら、その間は使用を控えるなど、安全にも配慮してください。

一軒家にお住まいの場合

一軒家にお住まいの場合は、ご自身で業者などに交換依頼をする必要があります。

 

一般的に、システムキッチンのガスコンロやIHクッキングヒーターの工事依頼をできる業者は、以下の4つです。

 

  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • 工務店
  • ガス会社

 

もちろん新しいガスコンロやIHクッキングヒーターに交換する工事も行ってくれますので、ご自身の環境に合わせ業者選びを行いましょう。

まとめ

ガスコンロやIHクッキングヒーターの故障のサイン・処分方法をご紹介いたしました。

 

キッチン備え付けのものの場合は、交換や処分も大変です。しかし、壊れたガスコンロやIHクッキングヒーターを使い続けるのは、火災の原因にもなり非常に危険です。

 

故障のサインが出ていれば、処分や買い替えを急ぐことを強くおすすめします。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top