不用品パンダ
着物を処分する方法!不用品回収に出すか迷ってる方へ

公開日:

 

実家の片付けで発見した、自分や母または祖母の着物。

 

今後、着物の需要の減少が予想される昨今、着る予定もなくクローゼットや押し入れのままにしていませんか?

 

そんなクローゼットや押し入れの中にある着物を見て「着物を捨てて、新しい洋服を収納したい」「上手いこと何かに使えないかな」と悩んでいる方へ、今回の記事を見て着物を処分する方法について参考にしていただけたらと思います。

 

高く売れる着物の基準とは?

着物は状態や希少性の高い物であれば高く売ることが出来るので、まずは処分しようと思っている着物が高く買い取ってもらえるのかどうか考えてみましょう。

 

高く売れそうであれば、着物買取専門店を利用したり、もし売れなさそうであれば、ごみとして処分したり自分に合った処分方法を選択しましょう。

 

着物が高く売れる基準は下記の4つです。

 

  1. 状態が良いもの
  2. 有名作家作品の着物
  3. 証紙付きの有名産地の着物
  4. 着物の需要が高まる時期であること

 

それでは着物が高く売れる基準についてこれから解説していきます。

状態が良いもの

買ったはいいものの、着ることがあまり無く、綺麗に畳んで保管してあるような着物は高く売れる可能性があります。

 

また、未着用の着物に関しては未着用の証明にもなる、「しつけ糸が付いている状態」で買取りに出すと良いでしょう。

有名作家作品の着物

人間国宝に認定された有名作家の着物は買取価格が大きく跳ね上がります

 

例えば、友禅染の第一人者として知られる木村雨山の着物や帯の買取相場は、状態が良いと20万前後の価値と言われています。

 

実際に着物を見つけた際に、有名作家の着物であるか確認し、その作者の着物について調べると良いかもしれません。

証紙付きの有名産地の着物

 

西陣織京友禅琉球紅型などの有名産地の着物は、品質産地を証明する証紙が付いています

 

この証紙がある着物は高額買取の可能性が高まります。

間違えてもこの証紙は捨てないように保管しましょう。

着物の需要が高まる時期であること

1年を通して着物には需要期があり、以下のような時期に着物を売ることで通常の時期よりも高く売ることが出来ます。

 

  • 入学式
  • 成人式
  • 卒業式

 

上記の時期は主に1月から4月の間なので、この時期に買取査定に出すことをおすすめします。

 

逆に買取が難しい着物の特徴

今度は逆に、買取が難しい着物の特徴をご紹介します。

 

まずはじめに、どうしても着物買取業者に査定して買い取ってもらいたい」という方は買取り出来ないことも頭の片隅に置いて依頼するようにしましょう

 

買取が難しい着物の特徴は下記の3つです。

 

  1. 汚れが傷みがある
  2. 臭いがある
  3. 絹以外の素材

 

それでは買取が難しい着物の特徴についてこれから解説していきます。

汚れや傷みがある

汚れや傷みがある着物だと買取は難しくなります

 

しかし、前述で紹介した有名作家作品の着物や生地の部分で価値のあるものであれば買取りしてくれる可能性もあります。

臭いがある

カビ、汗、香水、たばこ、防虫剤、などの臭いが付いている着物だと買取が難しくなります

 

特にカビの臭いは、その着物自体がカビていなくても、カビが染み込んでいる着物から臭いが移るので、同じところに収納していた着物にもカビの臭いが移ってしまうことがあります。

 

買い取ってもらうためには一度クリーニングに出す必要が出てきますが、前述した”高く売れそうな着物”でない限りはクリーニング料金で赤字になる可能性があるので、注意しましょう。

絹以外の素材

着物の素材といえば絹などの天然素材が主流なので、それ以外の素材の着物は買取が難しいとされています。

 

買取の難しい着物の素材は主に下記2つです。

 

  • ポリエステル製の着物
  • ウール製の着物

 

それではこの2つの素材の着物について解説していきます。

 

ポリエステル製の着物

 

化繊の着物でよく使われる「ポリエステル製」の着物は素材は安めに作られているので買取するのが難しいです。

 

運よく買取してもらえる場合でも、1000円~2000円程度です。

 

ウール製の着物

 

羊毛を原料として使われる「ウール製」の着物は昭和時代に流行って着ている人も多かったですが、現代において着る人の需要も少なく、販売価格も絹の着物に比べて安いので、買取りは難しいです。

 

運よく買取してもらえる場合でも、ポリエステル製の着物と同じように1000円~2000円程度です。

 

着物の処分方法

着物を処分する方法は下記の4つです

 

  1. 着物の買取専門店に依頼する
  2. リメイクして洋服や小物として利用する
  3. 自治体に回収に出す
  4. 不用品回収業者に依頼する

 

それではこれらの処分方法について解説していきます。

 

着物の買取専門店に依頼する

高い着物がある場合は着物の買取専門店に依頼する方法があります。

 

【着物買取方法】
出張買取 → 自宅に訪問してもらえます
宅配買取 → 着物を段ボールに梱包して発送して買取りしてもらえます
店頭買取 → その場で着物鑑査定士に査定してもらえます

 

特に出張買取は、わざわざ着物を持って買取店舗に行かなくても、着物査定士が自宅に来てもらえて査定してもらえるのでおすすめです。

 

しかし、いろいろな事情もあると思いますので、その時の状況に合わせて買取り方法を決めるとよいです。

 

リメイクして洋服や小物として利用する

 

売れそうにない着物を再利用したと考えている方は、バッグやワンピースなどにリメイクさせることをおすすめします。

 

着物をリメイクすることで、唯一無二の一点ものとして扱えるのが魅力的です。

自治体に回収に出す

着物を売ることを考えていなく、早く手放したい場合は自治体にごみとして出す方法もあります。

 

ただし、着物は「古着・着物類」「可燃ごみ」などごみの分類が自治体によって異なるので、処分する前にお住まいの自治体の処分ルールを確認するようにしましょう

不用品回収業者に依頼する

着物以外にも、大掃除や実家の片付けなどで発生した不用品が大量にある場合は、不用品回収業者の利用をおすすめします

 

ただし、無料を謳った回収業者は高額請求をしてくる危険性があるので不用品回収業者選びには注意が必要です。

 

弊社の「不用品回収ルート」でも、着物やその他不用品の回収を承っており、以下のような強みがあります。

 

  • 最短で即日回収できる
  • 積み放題で安心の定額制パック
  • 大変な搬出を行わなくてよい

 

処分するのに体力がない方や断捨離が出来ない方にもおすすめです。

 

また、不用品回収ルートでは「業界最安値宣言」を掲げていますので、相見積もりした他社の見積り額の方が安かった場合はお申し付けください。

 

お見積り・ご相談は「電話」「Webフォーム」「LINE」で無料で受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

着物の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

着物の不用品回収

着物の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

着物の不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!

まずは、お電話よりお気軽にご相談ください! 24時間365日無料見積もり相談受付中!

MENU

page top