不用品パンダ
不用品回収のプロが教えるキッチンカウンターの処分方法4選

「引越しで不用になった」「購入から月日が経ち劣化した」などで、キッチンカウンターの処分に困っていませんか?

 

この記事では、粗大ゴミ処理のプロがキッチンカウンターの4つの処分方法を解説しています。ぜひ最後まで読んでください。

キッチンカウンターの捨て方4選

キッチンカウンターの基本的な処分方法として今回は「①買い替え時に引き取ってもらう」「②粗大ゴミとして出す」「③フリマアプリ等に出品」「④不用品回収業者に依頼」の4つご紹介いたします。

 

それぞれの特徴を確認しましょう。

①買い替え時に引き取ってもらう

家具販売店で新しくキッチンカウンターを購入すると、今使用しているキッチンカウンターを引き取りしてくれるサービスがあることをご存知でしょうか。
お店によっては引き取りサービスを行っていない店舗もありますので事前に購入を予定している家具販売店へ確認してみるとお手軽にキッチンカウンターを処分できる場合もありますのでお勧めです。
また引き取りサービスの対応をしている店舗毎に条件を設けていることもありますので、こちらも併せて確認が必要です。

②粗大ゴミとして出す

お住まいの自治体に粗大ゴミとして処分の依頼することでキッチンカウンターを処分する方法もあります。自治体に粗大ゴミとして依頼し処分してもらうには以下のような手順が必要になります。

 

手順①:お住まいの地域の「粗大ゴミ受付センター」に、電話・インターネットで申し込む(予約)。※自治体によってルールは違うので、お住まいの市区町村の自治体ホームページにてご確認してください。
手順②:有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニや薬局、スーパー等)」で購入。
手順③:購入した処理券に受付番号または名前を記入し、キッチンカウンターに貼り付ける。
手順④:指定された収集日に収集場所に出して完了。

 

この方法は、手順④にもある通り、自宅からキッチンカウンターを指定の場所まで運び出す必要があります。集合住宅で2階以上に住んでいたり、持ち運ぶことが困難な方には、あまりお勧めできませんが処分費用を極力抑えることが出来ます。

③フリマアプリ等に出品

メルカリやラクマなどのフリマアプリや、オークションサイトに出品して売却処分する方法があります。

 

ただし、キッチンカウンターは売却ハードルが高く、売却しても配送するために解体や持ち運びをしなければいけません。

 

面倒な作業や手続きだけでなく、時間がかかる方法なのであまりお勧めは出来ません。

④不用品回収業者に依頼

最後に不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法をご紹介いたします。

不用品回収業者は電話やホームページからのお問い合わせ1つだけで見積・回収してもらうことができます。現在ではLINEからのお問い合わせも出来る業者も増えてきておりますので、とても気軽に依頼することが可能です。

キッチンカウンターを捨てる方法としては1番お勧めですが、その理由は以下のとおりです。

 

  • 大変な分解・分別作業が不要
  • 希望の日次に回収しに来てもらえる
  • 持ち運び作業もお任せ出来る(部屋に置いたままで大丈夫)
  • 同時に処分に困っていた他の不用品を回収してもらえる

 

不用品回収の料金プランやサービス内容は、各社ごとに違いがありますので利用する前に必ずどのようなサービスを受けられるか、調査することをお勧めします。

 

また、不用品回収業者の中には悪質な業者が存在します。トラブルの原因になりかねないので、事前に口コミや会社概要を確認することも必要です。

各不用品回収業者を比較

3つの不用品回収業者を比較してご紹介いたします。それぞれの長所がありますので、ぜひご自分に合ったサービスをご利用ください。

 

A社 B社 不用品回収ルート
料金プラン 軽トラック載せ放題 15,000円 軽トラック載せ放題 19,800円 業界最安値(他社より1円でも高い場合料金相談可能)
対応エリア 東京/神奈川/埼玉/千葉 東京/神奈川/埼玉/千葉.山梨/静岡 佐賀県/兵庫県/千葉県/埼玉県/大分県/大阪府/奈良県/宮崎県/山口県/岡山県/広島県/東京都/熊本県/カナ神奈川県/福岡県/長崎県/静岡県/鹿児島県
受付時間 10:00~19:00 9:00~23:45 24時間
その他 最短30分以内現場到着 最短30分以内現場到着 追加料金無し/最短1時間到着

 

『不用品回収ルート』なら、業界最安値なので料金も抑えることができ、幅広いエリアをカバーしています。さらに、通常別途オプション料が発生する内容も、料金プランに全て含まれています。

 

詳しいサービス内容や料金プランについては、『不用品回収ルートについて』をご確認ください。

【まとめ】キッチンカウンターの処分はオーソドックスな不用品回収業者で

キッチンカウンターの処分について4つ程ご紹介させていただきました。大型家具の場合、処分に費用がかかることは避けれませんが、利用する業者を選別することで掛かる費用を極力抑えることができます。

 

不用品回収業者に回収をお願いする場合は是非不用品回収ルートをご利用してみてはいかがでしょうか。

page top