リビングボードの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
リビングボードを処分するなら不用品回収業者が良い?他の方法と比較

リビング家具として便利なリビングボードですが、処分しようとするとその大きさから簡単には捨てられません。

 

今回は、おすすめのリビングボードの処分方法をご紹介いたします。またそれぞれの比較なども行いますので、あなたが一番良いと感じた方法でリビングボードを処分することをおすすめします。

リビングボードを処分するなら不用品回収業者がおすすめ

結論から言うと、リビングボードの処分は不用品回収業者がおすすめです。回収品目の中に、リビングボードの買取に対応している業者も多いですし、文字通り不用品回収のプロなので丁寧に対応してくれます。

 

他にも、不用品回収業者を利用するメリットはたくさんあるので、見ていきましょう。

不用品回収業者のメリット

不用品回収業者を利用してリビングボードを処分するメリットをリストアップしました。

 

  • Webや電話での申し込みが簡単
  • 先に見積を出せるので安心できる
  • 業者に搬出を任せられる
  • リビングボード以外に不用品がある場合はまとめて回収してもらえる

 

様々なメリットがあり、手間があまりかかりませんね。業者によって違いもありますが、多くの業者では先に見積を出すことができるので、インターネットから見積を希望してみても良いでしょう。

不用品回収業者で迷っていたら不用品回収ルートへご依頼ください

不用品回収業者にも多くの種類があり、どこに依頼したらいいか迷ってしまう方も多いです。もし不用品回収業者で迷っているならば「不用品回収ルート」ご依頼ください!

 

不用品回収ルートの強みは以下になります。

    不用品回収ルートの良い点
  • 最短即日対応致します
  • 不用品1点からでも回収対応致します
  • 回収品目の種類が広範囲

最速で即日対応や申し込みから実際にお見積り・回収に伺うまでのスピードは業界内でもかなり速いと自負しております。

 

これは、不用品回収ルートがトラックを多数配備しているから実現できています。地域に密着して対応することが可能なのも不用品拐取ルートの強みです!

 

不用品回収というと、1点程度では回収してもらえないように思えるかもしれませんが、不用品回収ルートであれば不用品1点でも回収しております。

 

また回収品目の種類が多く、リビングボードはもちろん、衣類やゲーム機なども回収対象に含まれますので、不用なものが他にもあればまとめて回収依頼して頂けます。

他の処分方法について

ここまで、不用品回収業者の紹介を行ってきましたが、他の方法はどうでしょうか。その他の処分方法と、不用品回収業者に任せる場合の比較をしてみましょう。

粗大ごみとして処分

リビングボードを粗大ごみとして処分する方法について見ていきましょう。家具を処分しようと思ったときに、最初に皆さんが思いつく方法かもしれませんね。

 

粗大ごみとして処分するのは思ったより面倒です。

 

    粗大ごみに出す手順(東京都中央区の場合)
  1. 粗大ごみ受付センターに申込む
  2. 収集日や氏名を記載した有料粗大ごみ処理券を粗大ごみに貼り付け
  3. 玄関先など、屋外のわかりやすい場所に粗大ごみを移動
  4. 回収日まで待つ

 

大きなリビングボードの場合、③の粗大ごみを移動する手順が面倒かもしれません。また費用も不用品回収と比較すると高くなる場合があります。(自治体によります)

 

不用品回収業者の場合は任せっきりで良い作業が多いですが、こちらは自分でやることが多いような印象ですね。

リサイクルショップに持ち込んで買取

リサイクルショップにリビングボードを持ち込んで買取してもらうといったケースもあります。こちらは「買取」といった扱いになるので、お金になる場合があります。

 

リサイクルショップにリビングボードを持ち込む場合の手順は以下の通りです。

 

  1. 車などでリビングボードをリサイクルショップまで運搬
  2. 状態を見て査定をしてもらう
  3. 見積を出してもらう
  4. 納得したら個人情報の記入などを行い買取

 

ただし、リビングボードのような家具は特別な希少価値もないため、値段がつかないことがほとんどでしょう。もし価格がついたとしても大した価格にはならないですし、引き取りという形になるか、リサイクルショップによっては買取不可で持ち帰らなければならないケースもあります。

 

不用品回収業者と比較すると、自分で店舗まで運搬する手間がかかる点が異なりますね。

 

不用品回収業者は、業者が自宅に来てくれるのに対し、この方法では自分から店舗に行くことになります。また車がないと大きなリビングボードを運ぶのは困難でしょう。

まとめ

様々なリビングボードの処分方法について見ていきました。不用品回収業者の利用は他の方法よりも手間がかからず、より楽に処分することができますのでおすすめです。

 

対応していない地域もあるので、他の方法を利用するしかない場合もあると思います。そういった場合は、リサイクルショップの利用や粗大ごみとして出す方法も検討してみましょう。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top