不用品パンダ
ロッカーの処分は手順が面倒!不用品回収業者なら電話1本で即日処分

不用になったロッカーは「粗大ゴミ」として処分できない

家庭内でロッカーを使用していた場合、処分する際は「粗大ゴミ」として自治体に出します。しかし、事業所(法人)が処分する場合は、廃棄物処理法により「産業廃棄物」扱いになります。

 

そのため、通常以下の2つで処分しなくてはいけません。

 

  1. 事故処理:廃棄物の種類によって、自ら指定処理施設に搬入して処分する方法。
  2. 処理業者に委託:処理業者が収集・運搬又は処分する方法。

 

①の自ら指定処理施設に搬入する方法は、ロッカーを搬入できる車の用意が必要ですし、処分したいオフィス家具が多ければその分手間がかかります。なので、不用品回収業者のような業者を利用するのが一般的です。

ロッカーを不用品回収で処分する3つのメリット

不用品回収を利用するメリットには、以下のようなものがあります。

 

  • 処分に困ったロッカー以外のオフィス家具、電化製品、小物などを一度にまとめて回収してもらえる
  • 不用品の分別・解体作業など、全ての作業を業者が対応してくれる
  • 依頼してから最短即日に処分できる

 

事業所でロッカーが不用となった場合、ロッカー以外にも不用品が有る場合が多いと思います。不用品回収なら、生ゴミ、液体類、食品類、土、ブロック、生木、砂、汚物を除く大抵の物を回収できます。つまり、ロッカーやオフィス家具に限らずどんな物でも同時に一括で回収してもらえるのです。

不用品回収業者でお困りの方は『不用品回収ルート』にお任せ

ネットで検索すると、不用品回収業者はかなりヒットします。それぞれに一押しのポイントがあるでしょう。

 

その中でも、『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしていて、他社より1円でも高い場合は料金相談が可能です。なので、回収依頼の費用を気にする方にはもっともオススメなサービスです。

 

また、1つ1つ不用品の回収依頼をするよりもまとめて不用品の回収依頼をすることでお得になる「定額プラン」も用意しておりますので、大量に不用品が出てきてしまった場合にも対応いたします。もちろんロッカーやその他不用品1点からでも受けて受けております。

その他詳しい料金プランはこちら☞「不用品回収ルートの料金ページ

 

依頼してから最短でその日のうちに見積・回収に伺うことが可能です。見積は無料で行っているので、お気軽にご相談ください。

まとめ

ロッカーは家庭でご利用の方よりも事務所などでのご利用の方の方が多いと思います。法人から出る粗大ごみは専門の業者以外で受け付けているところは少ないと思います。

家庭でも法人のお客様でも不用品回収であれば1点から回収を受け付けておりますので、手間を余りかけたくない場合には是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top