軽自動車の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
【5分でわかる】軽自動車の廃車方法と車体の手放し方を解説!
公開日: / 最終更新日:

本記事では、軽自動車の廃車方法と車体の手放し方についてご紹介いたします。

 

名義抹消の手続きなど、必要な手続きについて一つひとつ丁寧に解説いたしますので、これから軽自動車を廃車したい方は是非ご参考になさってください。

軽自動車の廃車する前に準備すること

軽自動車の最終的な廃車処理は業者に任せることになります。ご自身でできることは、書類上の名義抹消などの手続きです。

 

具体的には、以下のような流れで行います。

 

  • 軽自動車の名義抹消
  • 必要な書類を揃える
  • 前後のナンバープレートを外す
  • 軽自動車検査協会で廃車手続きをする

 

一つひとつ、順にご紹介いたします。

軽自動車の名義抹消は2パターン

軽自動車を廃車したい場合、自分の名義を抹消する必要があります。この名義抹消には2つのパターンがございます。

 

  • 一時抹消(自動車検査証返納届)
  • 永久に抹消(解体返納)

 

一時抹消登録(正式名称は自動車検査証返納届)と永久抹消登録(正式名称は解体返納)の違いは、車体を解体するかどうかです。永久抹消登録の場合は、車をスクラップにして、二度と乗ることができない状態にすることを指します。

 

それと比較し、一時抹消登録の場合は、「車検証」を返納すること。車体は解体されませんが、公道を走るための許可を抹消するといった形になります。一時抹消登録を行った後に、永久抹消登録に変更することも可能です。

 

完全に二度と乗らないことが分かっている場合は、永久抹消登録をしてしまった方が良いですが、まだ車を解体するかどうか分からない場合は一時抹消登録をしておいた方が無難でしょう。ただし、一時抹消登録の後に廃車にしたい場合は、「解体届け」をもう一度提出する必要があります。

 

永久抹消と一時抹消では廃車の流れが少々異なるので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

 

    永久抹消(解体返納)
  1. 軽自動車を解体、業者から使用済自動車証明書が発行される
  2. 必要書類を揃える
  3. 軽自動車検査協会にて抹消手続き

 

    一時抹消(自動車検査証返納届)
  1. 必要書類を揃える
  2. 軽自動車検査協会にて抹消手続き
  3. 業者に車両を引き取ってもらう

 

車両を手放すタイミングが違うことがお分かりいただけたかと思います。ここからは、一時抹消の場合にフォーカスして流れを確認して行きましょう!

必要な書類を揃える

軽自動車の名義抹消は、軽自動車検査協会で行うことができます。ご自身で手続きをする場合、以下のものを持参するようにしましょう。

 

  • 印鑑
  • 自動車検査証(車検証)
  • 前後のナンバープレート

 

上記の3点は、一時抹消でも永久抹消でも共通で必要なものになります。永久抹消の場合は、加えて「使用済自動車証明書」が必要となります。こちらは軽自動車を先に解体した際に解体業者から発行されるものです。

前後のナンバープレートを外す

前後のナンバープレートは、ドライバーで簡単に外すことができます。軽自動車検査協会に軽自動車で向かい、現場で外す方法は出来ないので注意しましょう。

 

ナンバープレートはその場で軽自動車検査協会に返す形になるため、ナンバープレートがない状態のその軽自動車で帰ることができなくなってしまいます。ナンバープレートを持参して電車や別の車で向かうようにしましょう。

軽自動車検査協会で廃車手続きをする

ここまで手順を終えたら、軽自動車検査協会へ向かい廃車手続きを行いましょう。窓口にて軽自動車の一時抹消である旨を伝え、申請用紙を購入します。(30円で購入できます)

 

記入は車検証を見ながら必要事項を書き写すだけなので、特別難しくはないです。その後、ナンバープレートを返納し、返納証明書を交付してもらい手続きは終了です。

 

    交付される書類
  • 自動車検査証返納証明書
  • 軽自動車検査証返納確認書
  • 軽自動車税申告書(控え)

 

交付してもらう書類は、車体を解体・譲渡するときに解体業者に渡す必要があるので大切に保管するようにしましょう。

軽自動車の車体を廃車の買取・引き取り業者に依頼して回収してもらう

一時抹消という選択を取った場合、名義が抹消され自動車税も止まれば、残る作業は車体を手放すのみです。軽自動車の車体は、廃車の買取店・引き取り店などの専門業者に回収してもらうことが可能です。

 

買取業者によっては、レッカー代などを無料にしていたり、サービスがまちまちなのでお得な業者を選ぶように心がけましょう。

 

あまり無名な業者であると、廃車の引き取りに必要な許可証を持ち合わせていない場合などもあるので、著名な業者を選ぶことをおすすめいたします。

まとめ

軽自動車の廃車方法についてご紹介いたしました。手順が多く手間がかかるように思えるかもしれませんが、普通車に比べると簡単に手続きが行えます。必要書類も多くはないため、正しい方法で名義を抹消し、廃車するようにしてくださいね。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top