不用品パンダ
いらなくなった楽器の処分方法まとめ!買取と処分どっちが良い?

引っ越しの際や、部屋の掃除でいらなくなった楽器が出てくる方も多いと思います。ギターやピアノなどのいらない楽器は処分、もしくは買取に出すのがベターです。

 

しかし、どのように処分すればいいか分からない方もいらっしゃるかと思います。

 

本記事では、楽器の処分方法、また買取してもらう方法を比較し、それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。是非ご参考になさってください。

楽器の処分方法

ここからは、具体的な楽器の処分方法についてご紹介いたします。以下の5つの方法が挙げられます。

 

  • 楽器店に買取を依頼する
  • 楽器が欲しい知人に譲る
  • フリマアプリに出品する
  • 粗大ごみとして処分する
  • 不用品回収業者に回収を依頼する

 

一つひとつ、順にご紹介いたしますね。

楽器店に買取を依頼する

まず1つ目に挙げられる方法は、楽器店に買取を依頼する方法です。楽器店の多くは楽器の買取を行っており、状態やメーカーによっては高値で買い取ってくれる可能性がございます。

 

ただし、以下のような注意点もあるのでご注意ください。

 

  • 状態が悪いと買取価格が付かない場合がある
  • 有名メーカーの物ではないと買取価格が付かない場合がある
  • 出張買取に対応していない場合は自分で持ち込む必要がある

 

楽器店は楽器の買取相場や価値を熟知しています。そのため、価値の低い楽器の場合は中古品として売れる見込みがないので、買取価格も低くなる傾向にあります。

 

最悪なのは買取価格がつかないケースです!お手持ちの楽器が高価なものでしたらおすすめの方法ですが、そうでない場合は他の方法をおすすめいたします。

楽器が欲しい知人に譲る

もう一つは、楽器が欲しい知人・友人に楽器を譲る方法です。これから楽器を始めたい方や、既に楽器を持っているけれど買い替えたいといった方もたくさんいらっしゃいます。もしたまたま友人にそのような方がいらっしゃれば、そのまま譲ってしまう方法もございますね。

 

メリットはなんといっても友人に感謝されることでしょう。自分にとって不要な楽器を、そのまま渡せるのは両者にとってWin-Winですね。

 

当たり前ですが、この方法は楽器が欲しい知人・友人がいない場合は成立しません。もしそのような方が周りにいなければ他の方法で楽器を手放しましょう。

フリマアプリに出品する

楽器を処分することなく、第三者にまた使ってもらう別の方法として、フリマアプリへの出品が挙げられます。この方法でしたら、楽器が欲しい友人がいなくても大丈夫ですし、お手持ちの楽器に価格がつくため収入を得ることもできます。

 

個人間でのやりとりになるので、買取よりも高い価格で売れることが期待できますね!

 

ただし、フリマアプリへの出品は思っているより大変です。以下のようなデメリットもございます。

 

  • 梱包作業などが大変
  • クレームや値下げ交渉のやりとりが大変
  • 人に渡すものになるので、楽器の掃除をくまなく行う必要がある
  • 楽器が売れるように、写真の撮り方を工夫しなければいけない

 

フリマアプリでの出品に慣れている方にはおすすめの方法ですが、そうでない場合は大変かもしれません。

粗大ごみとして処分する

次にご紹介する方法は、譲渡や売買ではなく楽器を「処分」する方法です。自治体にもよりますが、ギターやピアノなどの大きな楽器は粗大ごみとして処分することになります。

 

ウクレレなどの小型な楽器であれば、一般的な家庭ごみとして処分できる場合もあるので、自治体のルールをよく確認しましょう。

 

粗大ごみとして楽器を処分する方法は、以下の通りです。

 

  • 自治体の粗大ごみ回収を行うセンターへ問い合わせを行う
  • 有料の粗大ごみ処理券をコンビニなどの販売店で購入する
  • 処分する楽器に粗大ごみ処理券を貼り付け、必要事項を記入する
  • 敷地内の指定された場所に楽器を配置し回収日まで待つ

 

粗大ごみとして処分するデメリットは、粗大ごみ処理券を購入する手間と、購入するために費用が発生する点です。

 

価値がないほど安い楽器や、ボロボロの楽器の場合はごみとして捨てる方法もおすすめですが、価値の高い楽器の場合は非常にもったいない方法ですのでおすすめできません。

不用品回収業者に回収を依頼する

最後にご紹介する方法は、不用品回収業者に回収を依頼する方法です。この方法も、粗大ごみとして処分する方法同様に費用が発生します。しかし、実は業者によっては楽器の買取を行ってくれる場合もあるのです。

 

弊社の「不用品回収ルート」を例に挙げてみましょう。一般的な不用品を回収する際は回収費用が発生します。しかし、買取可能な高価な楽器であれば買取も同時に行っております。これによって回収費用が相殺でき、費用が0円もしくはプラスになる可能性も。

 

その他の不用品などもまとめて処分したい場合、その回収費用も浮く可能性があるので非常におすすめです。不用品回収業者によっては回収のみで買取などのサービスは対応していない場合もありますので、注意しましょう。

まとめ

いらなくなった楽器の処分方法や買取に出す方法をご紹介いたしました。

 

どの方法がおすすめかはお手持ちの楽器の価値によって左右されます。使い物にならないような楽器であれば処分しても良いですが、価値の高い楽器の場合はそのまま捨てるのはもったいないので、楽器店や不用品回収業者の買取サービスを利用することをおすすめいたします。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top