不用品パンダ
ノンフライヤーの処分方法とは?簡単な方法も紹介!

油を使わず揚げ物料理がつくれるとして、一時期ブームになっていたノンフライヤー。しかし、買ったはいいもののほとんど使うことなく、収納のスペースを無駄に取ってしまっていませんか?

 

ここでは使わなくなった、もしくは壊れてしまったノンフライヤーの処分方法について解説します。

ノンフライヤーの処分方法

使わなくなったノンフライヤーは、「金属だから不燃ゴミ」と、簡単に処分すれば良いわけではありません。ノンフライヤーのサイズなどによって処分方法も異なるので、これから紹介する方法をきちんと確認した上で処分しましょう。

自治体の規定にしたがって廃棄処分する

自治体の規定に従ってノンフライヤーを処分する場合は2通りの処分方法があります。

不燃ゴミとして処分

ノンフライヤーのサイズが30cm又は50cm以下の場合は、不燃ゴミとして処分することになります。不燃ごみとするサイズは各自治体によって異なるので、お住まいの自治体のホームページなどからゴミ分別表を確認しましょう。

 

不燃ゴミとして処分されたノンフライヤーは、後述する「小型家電リサイクル法」によってピックアップ回収されます。

粗大ゴミとして処分

ノンフライヤーのサイズが30cm又は50cm以上の場合は、粗大ゴミとして処分することになります。

 

粗大ゴミとして処分するには以下の手順を参考にしましょう。

 

  1. お住まいの自治体のホームページから問い合わせて、粗大ゴミの収集を依頼する。
  2. コンビニや郵便局などの「粗大ゴミ処理券取扱所」で粗大ゴミ処理券を購入する。
  3. 粗大ゴミ処理券をノンフライヤーに貼り付けて、収集日の朝までに指定した場所に出しておく。

 

また、クリーンセンターに直接持ち込むことで、粗大ゴミの収集日を待たずに処分することができます。持ち込みする際は、住所が確認できる身分証明書の提示を求められることがあるので、忘れないようにしましょう。

ネットに出品したり、友人に引き取ってもらう

使用済みでも有名ブランドのノンフライヤーならば、ネットオークションなどに出品することで、高く売れることがあります。反対に名前が知られていないようなブランドだったり、状態が悪いものは買い手がつかない場合があるので注意が必要です。

 

ただし状態のよくないものでも、友人に引き取ってもらうことで、費用をかけずにノンフライヤーを手放すことができます。

小型家電として処分する

各自治体では、金属を含んでいる使わなくなった小型家電の回収を呼びかけています。

 

ノンフライヤーも小型家電に分類されるので、「小型家電リサイクル法」に基づき、リサイクルすることができます。

 

小型家電をリサイクルするには、先述した不燃ゴミの「ピックアップ回収」や、公共施設に設置してある回収ボックスに投入する「ボックス回収」などの方法でリサイクルしましょう。

 

小型家電のリサイクルでも各自治体ごとによって異なる場合があります。お住まいの自治体のホームページから、対応している小型家電リサイクルについて確認してから処分しましょう。

最も簡単に処分できる不用品回収

不用品回収なら、先述した処分方法のような細かい規定に縛られず、簡単にノンフライヤーを処分することができます。

 

他の処分方法に比べて費用はかかってしましますが、自宅から一歩も出ることなく処分することがで出来るので、面倒なことは避けたい方にオススメの処分方法です。

 

不用品回収業者に依頼する際は、料金プランが分かり易く、サービス内容が充実している業者を選ぶことが重要になります。

不用品回収ルートでノンフライヤーの回収依頼しよう

ノンフライヤーを不用品回収業者に回収依頼しようと決めても、不用品回収業者が多過ぎてどこに依頼すればいいか迷っていませんか。

 

ここからはノンフライヤーを始めとした、不用品を回収するにあたり「不用品回収ルート」ならではの強みについて紹介します。

1点からでも回収OK

「ノンフライヤー1つだけでも回収できるのか」など、小さなものは回収されないと心配されていませんか?

 

不用品回収ルートではノンフライヤー1点はもちろん、その他のキッチン家電を始めとした不用品をまとめて回収しています。なので、ノンフライヤーと一緒に他の不用品もまとめて回収依頼することで、部屋も心もスッキリできます。

 

回収する不用品の量やサイズによってはお得になる料金プランも用意しておりますので、まずはお気軽にお見積りのご相談ください。お見積りは無料で承っております。

即日回収にも対応

ノンフライヤーを粗大ゴミとして処分したり、ネットに出品して処分する方法だと、手元から離れるのに数日、長くて数週間かかることがあります。

 

しかし不用品回収ルートでは、即日回収にも対応しているので、思い立ったその日のうちにノンフライヤーをの回収に伺う事も可能です。引越しなどにより急に不用品が出た場合にも、ご依頼いただければ柔軟に対応していますので、気兼ねなくお問い合わせください。

まとめ

ノンフライヤーの処分方法は様々で、何を重視するかによって選択肢も変わってきます。もし一番簡単な方法で、ノンフライヤーを処分したいと考えているなら、不用品回収業者に依頼することがお勧めです。

 

不用品回収ルートなら最短で即日回収にも対応しているので、なるべく早く回収してもらいたい方はぜひお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top