不用品パンダ
もう迷わない!圧力鍋の正しい捨て方と手軽な処分方法を紹介

煮込み料理を美味しく時短で調理するために使われる圧力鍋ですが、処分する際に普通の鍋と同じように捨てていいのか迷ってしまう方は多いです。

 

ここでは不用になった圧力鍋を一番手軽に処分できる方法を紹介します。間違った方法で処分しないためにもしっかりと確認しましょう。

圧力鍋の処分方法

ステンレスやアルミなどの素材から電気圧力鍋まで、圧力鍋の処分方法は素材や種類ごとに異なります。ご自身がお持ちの圧力鍋が、どの素材に該当しているか確認しながら処分方法を選びましょう。

自治体のルールに従って廃棄処分する

自治体のルールに従って圧力鍋を処分するにはおおよそ2通りあり、大きさや素材によって分別する必要があります。

不燃ゴミとして処分する

圧力鍋の素材がステンレス・アルミだった場合は、「不燃ゴミ」としておなじみの方法で処分することができます。自治体によっては「金属ゴミ」として分類されているところもあるので、処分前にきちんと確認しましょう。

 

また、後述する「小型家電リサイクル法」による回収ボックスに投入することで処分することもできます。

粗大ゴミとして処分する

サイズが大きい圧力鍋は不燃ゴミとして処分できないので、「粗大ゴミ」として処分する必要があります。

 

粗大ゴミとして処分する手順は次の通りです。

 

  1. 粗大ゴミ受付センターに問い合わせ、粗大ゴミの収集依頼をする。
  2. 最寄りのスーパー・コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入して、圧力鍋に貼り付ける。
  3. 指定された日時までに収集場所に出しておく。

 

お住まいの自治体のクリーンセンターへ直接持ち込むことで、収集日を待たずに処分することもできます。

使用済み小型家電としてリサイクル

電気圧力鍋などは「小型家電リサイクル法」にしたがって、リサイクル処分することができます。小型家電リサイクル法でリサイクルするためには、各自治体の市民センターなどの公共施設に設置してある小型家電の回収ボックスに投入することで処分できます。

 

対象サイズは回収ボックスごとによって異なるので、持ち込む前にホームページなどから確認しましょう。

 

先述した不燃ゴミとして処分された圧力鍋も、環境衛生センターに搬入された後、燃えないゴミの中から小型家電としてピックアップ回収されます。

フリマやネットオークションに出品する

使用状態が綺麗な場合は、フリマやネットオークションに出品することで高値で売れることがあります。

 

鍋など日常的に使われる家電を安く購入したい方はたくさんいるので、処分しつつも少しでもお金に変えたいと考えている方は、ネットなどを利用して他人に売ることをオススメします。

 

ただし、発送時に傷がつかないように衝撃吸収剤を入れたり梱包の費用は自分で払う必要があるので、総合的にマイナスになってしまわないように気をつけましょう。

最も手軽な不用品回収業者に依頼

最も簡単な処分方法として、使わなくなった圧力鍋を不用品回収業者に回収してもらう方法があります。買取処分とは違い、圧力鍋が綺麗である必要はありませんし、発送・梱包などの手間も一切かかりません。

 

自治体のルールに従って分別する必要もないので、面倒なことを考えずに早く処分したいと考えている方にオススメの方法です。

 

不用品回収は業者によってサービス内容が異なるので、依頼する前にサービス内容に不満がないか確認してから依頼するようにしましょう。

圧力鍋を不用品回収ルートで回収しよう

「不用品回収ルート」では圧力鍋を含めた、不用品を回収する上で優れた点がたくさんあります。

 

不用品回収ルートのメリットとして挙げられるのは、

 

  • 見積もり/出張費が0円
  • 追加料金なしの定額プランも対応
  • サイズや規模に関係なく回収
  • 他社より1円でも高い場合は相談可能
  • 早朝や深夜でも回収・お見積もり可能
  • 最短で即日回収も可能

 

お見積もりは、WEB・電話・LINEから無料で承っております。

まとめ

圧力鍋の種類によっては、普通の鍋とは違う方法で処分する必要があります。

 

自治体の分別ルールに従って処分するには、お住まいの自治体に確認を取る必要がありますが、不用品回収なら自宅から一歩も出ることなく圧力鍋を処分することができます。

 

そしてなるべく早く圧力鍋を手放してスッキリしたい場合は、即日回収にも対応している「不用品回収ルート」にお任せください。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top