不用品パンダ
ラックの処分方法を素材別に解説

ラックはスチールラックや木製のラックまで様々な素材でできており、生活の形に合わせて幅広く使われています。

 

  • 引越しでラックが不要になった時
  • 壊れて使い物にならなかった時

 

などラックを処分したい、使わなくなったラックをどうすればいいか分からない人に向けて、素材別のラックの処分方法を簡単に解説します。

 

各ラックの正しい処分方法を確認した上で、自分が納得いく処分方法を探してみてください。

まず処分するラックの素材を確認する

ラックに使われている素材には、

 

  • スチール
  • メタル
  • 木製

 

など様々な素材があります。ラックの素材が変わればもちろん処分方法も異なります。素材を確認した上でそれぞれの処分方法について確認する必要があります。

 

また塗装によって金属か木製かわからない場合があるので、実際に手で触って確かめたり、家具の品質表示を確かめてから判断しましょう。

不要になったラックの処分方法

不燃ゴミ・資源ゴミとして廃棄する

ラックの素材が、「メタル」「スチール」などの金属の場合は、不燃ゴミや資源ゴミとしての各自治体の指示にしたがって処分しましょう。

 

ラックの素材が「木製」の場合、粗大ゴミの基準以下の大きさにカットすることで可燃ゴミとして処分することができます。

 

金属でも木製でも各自治体の基準以上のサイズは粗大ゴミの扱いになるので、大きさ基準を確認してからゴミとして処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして処分する

住んでいる自治体の指示にしたがって、ラックを粗大ゴミとして処分する方法です。

 

    処分の手順
  1. 各自治体のホームページや電話から粗大ゴミの回収を依頼する。
  2. ラックの大きさに応じた粗大ゴミシールを購入し貼り付ける。
  3. 決められた収集日に指定の場所に置いておく。

 

粗大ゴミとして処分する際には、ラックは小さく分解してから処分するようにしましょう。

 

サイズが大きすぎるものは粗大ゴミとして受け取れない場合もあるので、住んでいる自治体の粗大ゴミのサイズ上限を確認しておくと安心して粗大ごみとして出すことができます。

リサイクルショップで買取してもらう

リサイクルショップで買い取ってもらうことで、ラックを処分すると同時にわずかながら収入を得ることができます。

 

リサイクルショップで買い取ってもらうにはラックの状態がある程度は綺麗な状態である必要があります。しかし、ラックを店頭へ運ぶのもそれなりに労力がかかるうえ、高値が付くことは稀のため、ラック以外にも買い取ってもらいたい品が有る場合にリサイクルショップに持ち込むようにするのがお勧めです。

不用品回収の業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して出張で自宅まで取りに来てもらう方法です。

 

ほとんどの不用品回収業者は電話・WEBから簡単に依頼できるので、粗大ゴミとして出す時に確認しなければならない面倒な規定は一切ありません。またサイズが大きすぎて粗大ゴミに出せない、外に持ち運ぶことができないという場合にも不用品回収業者であれば回収してもらえるのも嬉しいポイントです。

 

とにかく手間を省きたい、細かいルールを気にせずにラックを処分したい人にとって最適な選択肢です。

ラックを捨てるのに困ったら不用品回収ルートにお任せください

不用品回収ルートではラックの大きさや、状態の関わらず回収致しております。

ラックを掃除する必要がない

不用となったラックの多くは錆び付いていてしまったり、塗装が剥げていたり、正直に言ってしまえば綺麗な状態ではない場合がほとんどだと思います。

 

不用品回収ルートでは、買取に出すのに気が引けてしまう状態のラックでも回収することが可能です。

 

リサイクルショップで売るために掃除をするなどの気を使う必要がなく、周りの家具に邪魔されて取り出せない状態でも不用品回収業者が丁寧に対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

規模に関係なく回収できる

ラックの大小に関係なく、また1点でも複数でも規模に関係なく回収対象としております。

 

見積もりについては無料なので、まず回収費用がいくらになるか知りたい場合などでもお気軽にご相談頂ければと思います。

 

ラック意外にも不用品がある場合はまとめで回収いたしますので、オフィスや部屋のスペースを奪ってしまっている不用品が有る場合にはまとめてご依頼いただけます。

高価買取サービス付き

置いている必要なくなったが、まだキレイな状態で捨てるのを躊躇っている人にもうれしい買取サービスも行っています。

 

オフィスや部屋にこのまま置いておきたくはないけれど、捨てるのがもったいなく感じているならまずはWEBからのお問い合わせやお電話からお気軽にご相談ください。不用品回収ルートでは各地方にトラックを多数配備しいているため、即日回収も可能です。

まとめ

ラックは様々な素材のものがあり、幅広く使われるがゆえに処分方法も複雑になっています。粗大ゴミとして処分するのにも複雑な規定があり、リサイクルショップの店頭へ持ち運ぶのも一苦労です。

 

不用品回収ルートではラックの素材に関係なく、最短でその日のうちに回収いたしますので、現在使用していないラックやその他の不用品がある場合はぜひお気軽にご相談ください。

page top