リクライニングチェアの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
リクライニングチェアを捨てたい!不用品回収が便利?処分方法まとめ

リクライニングチェアは体重をかけて使用するため、壊れやすい家具です。壊れてしまったリクライニングチェアをずっと使い続けるのは危険で、怪我の恐れもあります。

 

この記事では、リクライニングチェアの処分方法や、処分のタイミングについて解説いたします。

 

ごみとして処分するだけではなく、不用品回収業者やリサイクルショップへの依頼についてもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

リクライニングチェアを処分するタイミング

リクライニングチェアはまだ使用できる段階でも、壊れかけていれば買い替えたり処分した方が良いでしょう。

 

壊れかけているリクライニングチェアを使用していると、以下のような状態になってしまうこともあります。

 

  • ある日突然壊れて座れなくなり、怪我をする恐れがある
  • 姿勢が悪い状態で使用することになり、かえって体を疲れさせてしまう
  • とれた部品やネジが床に落ち、踏んでしまう恐れがある

 

体重をかけて使用する家具なので、部品がとれたり破損することは非常に多いです。そのままの状態で使用するのはおすすめできません。

 

また、部品が破損したりした際に自分で修理する方法もありますが、自信がない場合は避けた方がよいでしょう。とれたネジを留めなおす程度なら大丈夫ですが、大きい部品などは素人が修理しても、結局また壊れてしまいその都度修理しなおす羽目になることも多いためです。

 

専門家に修理を依頼してもよいですが、どうせなら処分して新しいものに買い替えるのが無難でしょう。

リクライニングチェアの処分方法

ここからは、使えなくなったりいらなくなったリクライニングチェアの処分方法についてご紹介いたします。

 

主な方法は4つです。それぞれの良い点や悪い点をまとめましたのでご覧ください。

粗大ごみとして処分

リクライニングチェアは大きいため、家庭でごみとして出す場合は粗大ごみとして処分するのが一般的です。自治体にもよりますが、ほとんどの自治体では粗大ごみの定義に当てはまるでしょう。

 

粗大ごみとして処分する場合は、一般的に以下の手順で行います。自治体やお住まいの都道府県にもよるので注意が必要です。

 

  1. 粗大ごみ受付センターに申込み、費用などを確認
  2. 有料粗大ごみ処理券をリクライニングチェアに貼る
  3. 玄関先など敷地内の屋外にリクライニングチェアを置いておく
  4. 収集日になったら回収される
    ※東京都中央区の場合

 

粗大ごみに貼る処理券(シール)は、コンビニなどで購入できる場合が多いですね。費用は大きさやものによって変わるので、自治体に必ず確認する必要があります。

 

自治体任せにできるので安全に処分できるのがメリットですが、外まで搬出するのが少々面倒な点は考慮した方がよいかもしれません。

リサイクルショップに買取をお願いする

リサイクルショップにリクライニングチェアの買取をお願いする方法もあります。こちらはまだ使えるリクライニングチェアの場合、買取価格が付く可能性があるのがメリット。

 

ただし、リサイクルショップへの搬出が大変な点や、価格が付くケースもかなり稀な点がデメリットです。価格が付いても大変さに見合わない可能性がありますね。

 

ボロボロのリクライニングチェアの場合、買取不可となって結局持ち帰る羽目になる場合もあります。この辺りは持ち込む前に、事前に電話などで確認するのが良いでしょう。

リクライニングチェアが必要な友人に譲る

まだ壊れていないリクライニングチェアが不要になった場合は、逆に必要な友人に譲ってしまう方法もありです。ただこちらもリサイクルショップへの買取同様、搬出が大変で車が必要になる可能性が高いです。

 

また友人と予定を合わせる必要や、リクライニングチェアが欲しいか確認しないとわからない点など少々面倒な点も目立ちます。

 

しかし、成立すればお互いにとってメリットのある方法です。友人にも感謝してもらえるかもしれませんね。

不用品回収業者に依頼して処分

最後の方法は「不用品回収業者」に処分の依頼をすることです。こちらは粗大ごみとして処分する方法と同様に、どんなにボロボロのリクライニングチェアでも処分してもらえます。

 

粗大ごみとして処分する方法と違うのは、粗大ごみに貼る処理券を購入する必要がない点や、すぐに来てもらえる可能性がある点です。お住まいの地域によってはこちらの方が早く処分できる可能性があるので、是非検討していただきたい方法ですね。

 

申し込み方法は電話やWebから行えるので、比較的簡単です。また見積だけお願いすることも可能なので、一度費用の確認だけしてみる、というのも手かもしれませんね。

 

ただし、業者の数が多くWebサイトなどを見ても違いがわかりにくいといったデメリットもあります。

 

サービスの品質が安心できる業者を選ぶと良いでしょう。

リクライニングチェアの回収なら不用品回収ルートにお任せください!

インターネット検索などで不用品回収業者を見ても、あまり違いがわからないかもしれません。当記事ではそんな方のために、「不用品回収ルート」のサービスをご紹介します。

 

創業17年を誇る不用品回収の老舗で、利用したユーザーからの高い評価が売りの業者です。

 

主な特長は以下の通りです。

 

  • 最短で即日回収に駆けつけてくれる
  • 深夜や早朝の回収も相談できる
  • 大量の不用品から単品での回収まで受け付けている
  • 関東以外のエリアもカバー

 

どれも利用者にとってありがたいものばかりです。見積だけなら無料で行えるので、一度依頼しても良いかもしれません。

まとめ

リクライニングチェアの処分についてご紹介いたしました。まだ座れる状態でも、壊れかけているリクライニングチェアを使い続けると体が疲れたり怪我をする恐れがあります。

 

処分する際には、粗大ごみとして出すか、不用品回収業者への依頼がおすすめです。自治体や業者によって価格がまちまちなので、よく比較して選んでみましょう。

 

費用をいちいち調べるのが面倒な方は、先ほど紹介した不用品回収ルートへ依頼してみても良いでしょう。確かな実績があるので、安心かつ費用を抑えて処分することができます。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top