不用品パンダ
大きすぎるワードローブを処分する4つの方法と不用品回収について解説

公開日: / 最終更新日:

「ワードローブ」とは衣装棚・衣装部屋を指す言葉で、個人の好みや一貫性のある服装を収納する際に使われる家具です。いざ処分するとなったら、大きすぎてどのように処分したらいいか分からない人も多いと思います。

 

ここではワードローブの4つの処分方法を紹介した後に、不用品回収について解説していきます。

 

「壁面ワードローブ」といって、天井まで高さのあるワードローブもあるので、自分の使っているワードローブにはどの処分方法が適切か考えながら確認しましょう。

使わなくなったワードローブの4つ処分方法

一番最初に思いつく処分方法として粗大ゴミ処分がありますが、他にも様々な処分方法があります。処分方法それぞれの特徴を理解して上で正しく処分しましょう。

粗大ゴミとして廃棄処分する

各自治体の規定に従ってワードローブを粗大ゴミとして処分する方法です。

 

粗大ゴミの規定サイズを超えないかつ、運搬出来そうなワードローブなら粗大ゴミとして廃棄処分する方法が最も簡単です。

 

    粗大ゴミとして処分する方法
  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターに回収の依頼をする。
  2. 最寄りのコンビニやスーパーで「粗大ゴミシール」を購入して、対象物に貼り付ける。
  3. 決められた収集日の回収時間前までに指定場所に置いておく。

 

ワードローブが木製で、小さく分解することが可能なら可燃ゴミとしても処分することができますが、専門的な知識や工具、また怪我をする恐れもあるので余りお勧め出来ません。

リサイクルショップで買取してもらう

リサイクルショップ業者の中には、出張買取に対応している業者も存在します。ただ、ワードローブのサイズが大きすぎて店頭で販売できないため買取を断られることもあるので、きちんと確認しましょう。

 

壁面ワードローブはほとんどの場合は大きすぎて買取できない、または回収を断られることがあるので別の処分方法を探す必要があります。

家具販売店で引き取ってもらう

新しいワードローブを購入予定の方限定の処分方法にはなりますが、購入先の家具販売店の業者に回収を依頼して処分する方法があります。

 

回収サービスを行っている家具販売店は限られているので、事前に引き取りに対応しているか確認した上で依頼するようにしましょう。

 

また、ワードローブを引き取る際に料金が発生しますので、その他の処分方法と比べた時に払う料金が高額になっていないかチェックするようにしましょう。

不用品回収として処分する

不用品回収業者に依頼し、自宅まで出張回収してもらい処分する方法です。回収費用はかかりますが、その分対応が早くどのような状態のワードローブでも回収できるます。買取サービスと違い、事前にホコリをおとしたり掃除する必要もありません。

 

また不用品回収業者の中には、買取も行っている業者もいますので、不用品回収を依頼する際は買取にも対応している業者かどうかも確認することで、よりお得に処分することが出来ます。

 

手軽さや処分スピードを重視する方にオススメの方法です。

ワードローブを処分するなら不用品回収ルート

ワードローブの中にはサイズが大きすぎて、不用品回収で処分できるか心配になる方も多いですが、安心してお任せください。

 

ここからは数ある不用品回収業者の中で「不用品回収ルート」ならではの強みについて紹介いたします。

サイズや規模に関係なく回収可能

天井まで高さのある壁面ワードローブから自分の背丈ほどの大きさのものまで、サイズや規模に関係なく回収致します。またワードローブを掃除する必要がありませんし、中の服や小物もすべて取り出す必要はありません。

 

「不用品回収ルート」ならそのままの状態で依頼していただければ、中身を取り出して、ワードローブ本体だけ回収いたしますので、気兼ねなくご依頼ください。

お問い合わせから最短即日回収

不用品回収ルートならなら全国各地にトラックを配備しているので、最短でその日のうちにワードローブの回収が可能です。

 

粗大ゴミとして自治体に出す場合やリサイクルショップの処分方法では、「今日処分したい」と思っても数日かかる場合があります。できるだけ早く家をスッキリさせたい方は不用品回収ルートにご依頼ください。

安心の損害賠償保険付き

ワードローブなど大きな家具を処分する際は、家の壁や床にぶつけて傷がつかないか心配する方も多いかと思います。

 

不用品回収ルートでは常に細心の注意を払って搬出作業を行っていますが、万が一のアクシデントに備えて最大で3,000万円の損害賠償保険がついています。

 

また不用品回収ルートは創業17年以上になり、「信頼」と「サービス品質」に自信を持って回収作業を行っていますので安心してご依頼ください。

 

お見積もり・出張費は無料となっていますので、「費用がいくらか知りたい」くらいの軽い気持ちで構いません!まずはお気軽にWEB・電話・LINEからご相談ください。

不用品回収ルートのローブの回収実績

三重県津市のローブの回収

■回収前

三重県津市のローブの回収前

■回収後

三重県津市のローブの回収後

三重県津市にて、一軒家からローブの回収と同時にベッド1点を回収いたしました。
ローブに関しては、部屋から搬出できない場合は解体をしてから運ぶのですが、今回はそのままの状態で運ぶことができたので作業時間も短く済みました。

広島県広島市のローブの回収

■回収前

広島県広島市のローブの回収前

■回収後

広島県広島市のローブの回収後

広島県広島市にて、ミラー付きのローブ1点を回収いたしました。
ミラー付きなので、搬出の際は特に細心の注意を払って作業しました。
トラックに載せる前にミラーを保護して、無事回収いたしました。

広島県広島市のローブの回収

■回収前

広島県広島市のローブの回収前

■回収後

広島県広島市のローブの回収後

広島県広島市にて、一軒家からワードローブ2点を回収いたしました。
ワードローブの扉が運ぶ際の振動で勝手に開いてしまい、運ぶのが至難だったので工具を使用して分解してから搬出しました。
また、深夜の回収依頼だったので特に作業音には注意を払いました。

岡山県岡山市のローブの回収

■回収前

岡山県岡山市のローブの回収前

■回収後

岡山県岡山市のローブの回収後

岡山県岡山市にてローブの回収に伺い、同時に食器棚も回収いたしました。
お部屋からローブを搬出する際、壁や床を傷つける危険性があったので、養生を施してから丁寧に搬出しました。

まとめ

ワードローブはサイズが小さなものから、壁一面に広がるものまで幅広いので、処分方法に迷ってしまう方もいます。

 

不用品回収業者などのプロの方たちに依頼することで怪我などの心配をせず、安全で簡単に処分できるので、処分する際にはお勧めの方法です。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

ローブの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

ローブの不用品回収

ローブの不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

ローブの不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

最短で30分後には到着が可能となっています。トラックの稼働状況にもよりますのでお急ぎの場合、まずはお電話ください!

2460 現在 お電話すぐ繋がります!

まずは、お電話よりお気軽にご相談ください! 24時間365日無料見積もり相談受付中!

MENU

page top