ロータリーケースの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
ロータリーケース(調味料入れ)やキッチン用品を一気に処分する方法

ロータリーケースは、調味料にホコリがかぶらないように保管できる便利なキッチン用品です。ご家庭で使うケースはあまり多くないため、自治体などが公開しているごみ収集品目に載っていないことも多く、どのように処分していいか困ってしまうかと思います。

 

この記事では、お手持ちのロータリーケースを捨てたい方はもちろん、ロータリーケースを含め、その他キッチン用品をまとめて処分したい方向けに、処分方法をご紹介していきます。

ロータリーケース(調味料入れ)の処分方法

まずは、ロータリーケース単体でみた際の処分方法についてご紹介いたします。

基本的には可燃ごみ・不燃ごみでOK

結論から申しますと、ロータリーケースは基本的に可燃ごみ・不燃ごみなどの一般ごみとして出して大丈夫です。

 

東京都23区を例に上げますと、一辺が30cmを超えるものを粗大ごみとして、それ以外を可燃ごみや不燃ごみなどの一般ごみとしている自治体がほとんどです。ロータリーケースの大きさ的に、30cmを超える場合はあまりないので、粗大ごみの定義には当てはまらないことが分かりますね。

 

素材によって可燃・不燃の区分は異なるので、ご自身がお住まいの自治体のルールに沿って捨てるようにしましょう。

ロータリーケース(調味料入れ)の大きさや自治体によっては粗大ごみになる

上記では東京都23区を例に上げましたが、もちろんその他の自治体ごとに粗大ごみの定義は異なります。また、一般的なものより大きなロータリーケースを捨てたい方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

大きいものになると、お住まいの自治体で粗大ごみとして扱われる可能性も上がることになります。不安な方は、各自治体に問い合わせるのがベターでしょう。

ロータリーケース以外のキッチン用品もまとめて捨てたい場合

ここまでは、ロータリーケース単体を捨てる場合のお話をいたしました。しかし、中には「キッチン用品をまとめて処分したい」といった方もいらっしゃるかと思います。

 

ひとつひとつ分別して、捨てることももちろん良いのですが、捨てたいものの中に炊飯器や電子レンジなどの家電が含まれると簡単にはいかないですね。

 

そんなときは、「不用品回収業者」に回収を依頼するのがおすすめです。

 

不用品回収業者は、キッチン用品や家具・家電・衣類にいたるまで、あらゆる不用品をまとめて回収してくれる業者です。

 

運搬も全て行ってくれるので、手間いらずで非常に助かります。ロータリーケースのみではなく、多くのキッチン用品・不用品をまとめて処分したい場合にはおすすめしたい方法です。

不用品回収業者選びに迷ったら

不用品回収業者をネットで調べると、多くの業者がヒットいたします。初めて依頼する方は、良し悪しがはっきり分からないかもしれません。

 

弊社の「不用品回収ルート」は、業界最安値宣言・最短即日回収など他社と比較して安く・早く・安全に回収できます。もちろん、キッチン用品のほとんどは回収品目対象としております。

 

見積もりは無料で行っておりますので、是非ご検討ください。

まとめ

ロータリーケースの処分方法・キッチン用品の処分方法をご紹介いたしました。まとめてキッチン用品を捨てるなら、不用品回収ルートをはじめとする不用品回収業者の利用がおすすめです。

 

反対に、ロータリーケース1点のみを処分する場合は、自治体のルールに沿って捨てるのが費用を抑えらるのでお勧めです。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top