ソーラーパネル・太陽光パネルの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
太陽光パネルの廃棄方法をかんたん解説!

自家発電や電力の買取制度によって太陽光パネルを設置している家庭が増えていましたが、2019年に電力の買取期間が満了を迎えるケースが増えてきました。

 

それに伴って、2019年以降は自宅に設置された太陽光パネルの廃棄も増えてきています。

 

そこで今回は、必要なくなった太陽光パネルの正しい廃棄方法について解説しています。損をしないよう正しい方法で処分しましょう。

太陽光発電のパネル耐用年数は20〜30年

まず廃棄するかの判断基準として、太陽光パネルの寿命を知っておきましょう。太陽光発電設備の「法定耐用年数」は17年と定められていますが、実際にはこれより長い期間使用できます。

 

実際に太陽光発電に使われる太陽パネルの耐用年数は、およそ20〜30年です。

 

過去には30年以上稼働したものもありますが、30年を超えるようであれば取り替えするようにしましょう。

太陽光パネルは家庭ゴミとして処分できない

そして太陽光パネルは燃えるゴミや粗大ゴミなどの家庭ゴミとして廃棄はできません。太陽光パネルは「産業廃棄物扱い」となり、各業者に依頼して取り外し、撤去してもらう必要があります。

 

もし間違えた方法で廃棄してしまうと「不法投棄」となってしまうので注意しましょう。

太陽光パネルを廃棄する方法

太陽光パネルを廃棄するには主に3通りあります。どれも業者に依頼する方法ですが、費用やサービス内容は全く違います。それぞれの特徴を理解して選びましょう。

太陽光の設備業者に依頼する

太陽光の設備業者に依頼して取り外し、廃棄してもらう方法があります。

 

費用の内訳として

 

  • 撤去
  • 運搬
  • 廃棄
  • 足場代

 

などあり、一般宅で13万円〜の費用がかかります。

 

設置した時の太陽光設備業者に撤去を依頼すれば取り外してもらえるので、特にこだわりがなければ、同じ業者を選ぶようにしましょう。ケースによっては屋根の修繕が必要になる場合もあります。

リフォーム業者に依頼する

自宅のリフォームをする方に限定されますが、リフォーム業者に依頼する方法でも太陽光パネルの撤去が可能です。費用の内訳は、太陽光設備業者と同じく撤去する際の規模感で変わります。

 

さらにリフォームをする場合、塗装や修繕など自宅の改装費にプラスされるので高額になる場合があるので、見積もりは忘れずに行いましょう。

不用品回収業者に依頼する

回収や取り外しのみになりますが、不用品回収業者であれば他の業者に比べて安く済みます。そして太陽光パネルの他の不用品もまとめて回収できるので廃棄したいものが多い方におすすめの方法です。

 

業者によっても作業内容や料金が異なるので納得した業者を選びましょう。

不用品回収ルートで太陽光パネルを回収を依頼するメリット

不用品回収ルートでは、どのような規模であっても太陽光パネルをはじめとした不用品を回収しております。

 

太陽光パネルの他にも

 

  • パワーコンディショナー
  • 架台
  • ケーブル
  • 電子装置

 

などの周辺の設備もまとめて回収できます。そのほかにも、階段費用やスタッフ費用が発生しない「定額プラン」を設けているので、想定額よりも高額になる心配がありません。

 

疑問点やお見積もりはWEBや電話から無料で受け付けております!まずはお気軽にご相談ください♪

まとめ

太陽光パネルは自力で取り外して廃棄することはできません。そのため業者に依頼して廃棄することになりますが、業者によってサービス内容も料金も異なります。

 

太陽光パネルを廃棄する上で、費用か時間の優先するか考えてから適切な方法を選びましょう。

 

不用品回収ルートでは最短で即日の回収も可能なので、早めに撤去したい方はご相談ください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top