不用品パンダ
簡単これだけ!脚立の3つの処分方法と不用品回収をわかりやすく紹介

不用になった脚立をいざ捨てようと思っても、どのように処分したら良いかわからなくて困ってしまう人は珍しくありません。脚立は必要な時には便利なものですが、サイズが大きく置き場所に困ってしまうのが一つの悩みです。

 

不用になった脚立が無駄に場所をとってしまうなら、これから紹介する3つの処分方法のうちからどれかを選んで処分しましょう。

脚立の処分方法3つ

脚立はアルミの素材でできているものがほとんどです。アルミの脚立を含めた処分方法についてそれぞれ紹介します。すべて特徴が異なるので「何を優先させるか」考えながらご覧ください。

粗大ゴミとして廃棄処分

脚立の大きさがおおよそ2m以下なら、各自治体の規定に従って「粗大ゴミ」として廃棄処分することができます。

 

粗大ゴミとしての処分手順は以下の通りです。

 

  1. WEBサイト・電話から住んでいる自治体の「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせ、収集依頼をする。
  2. 「粗大ゴミ処理券取扱店」で粗大ゴミシールを購入して、脚立に貼り付ける。
  3. 粗大ゴミの収集日までに指定した回収場所に脚立を出しておく。

 

アルミは基本「資源ゴミ」として廃棄処分されますが、脚立ではサイズが大きすぎるためほとんどの場合は「粗大ゴミ」として処分されます。粗大ゴミのサイズの上限は自治体によって異なるので、間違いが無いように事前確認を忘れないようにしましょう。

 

また「粗大ゴミ持ち込みセンター」へ直接持ち込むことで収集日を待たず処分できます。しかし車を利用して、自力でセンターまで脚立を運搬する必要があります。

リサイクルショップで買い取りしてもらう

壊れていない脚立を処分したいなら、リサイクルショップで買い取りしてもらうことで、お得に処分できます。

 

脚立を安く購入したいと考えている方もおおいので、タダで処分してしまうのはもったいないと考えている方にオススメの処分方法です。

 

またお店によっては、壊れていてもアルミでできている素材なら「素材リサイクル」として再利用する目的で買取に対応しているお店もあります。

不用品回収で処分する

不用になった脚立を不用品回収業者に依頼して、自宅や職場まで出張回収してもらう処分方法もあります。

 

細かい規定や分別ルールがないので、2mを超える脚立だけでなく、脚立と同時に処分したい工具・家具・家電製品をまとめて処分することができます。

 

不用品回収による処分方法は他の処分方法と比べて運ぶ必要がなく、回収スピードが速く日をまたがないので、とにかく「今すぐ」処分したい人にオススメの方法です。自宅に出張し回収するので作業時に立会いが必要なので気をつけましょう。

脚立を手軽に処分するなら不用品回収ルート

脚立を回収対応している不用品回収業者はたくさんありますが、「不用品回収ルート」では他社にはないオリジナルの利点があります。

 

ここからは脚立を処分する上でうれしい「不用品回収ルート」の特徴について紹介します。

脚立の回収からゴミの片付けまで対応

「不用品回収ルート」では脚立の回収はもちろん、脚立の回収時に発生したゴミなど、お部屋の片付けも承っております。

 

なので、以下のよう名場合でも回収しますので、まずは無料お見積もりからお気軽にご相談ください。

 

「作業時に発生したゴミや不用品をすべて分別・処分するのが大変」
業者の方で「サイズが大きくて数が多くて回収できるか不安」

不用品回収業界の中でトップクラスの安さ

不用品回収業者の中には依頼者が情報を知らないことをいいことに、高額な費用を請求する業者も存在します。

 

「不用品回収ルート」は他社の不用品回収よりも1円でも高かった場合に、料金相談を受け付けております。回収費用はWEB・電話・ラインから簡単にお見積もりができ、見積もり後のキャンセルも可能ですので、まずはお見積もりからご連絡ください。

 

また、追加料金が発生しない「定額プラン」を設けていますので、今回を機に脚立とその他の不用品をまとめて処分したい方は、定額プランを利用することでお得に処分することができます。

最短即日で回収も可能

不用品回収は不用品をすぐにでも手放したい人にオススメの方法と説明しましたが、不用品回収業者のなかには依頼してから翌日に回収対応している業者も多いです。

 

「不用品回収ルート」では全国各地に各地方にトラックを配備しているので、最短で即日回収が可能なのでわざわざ予定を開ける必要がありません。

 

早くお部屋・職場をスッキリさせたい方にオススメのポイントです。

まとめ

脚立の処分方法は主に「粗大ゴミ」「リサイクル」「不用品回収」の3通りに分けられます。それぞれの処分方法に特徴があり、メリットが異なりますし、それぞれデメリットもあります。

 

脚立はずっと置いておくとムダに場所を取ってしまう大きいものです。処分する機会をずるずると先延ばししないように、必要なくなった脚立は早いうちに処分するようにしましょう。

CHECK!

対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top