食器の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン
不用品パンダ
不要な食器の処分どうする?7つのチェックでわかる!最適な食器処分方法
公開日: / 最終更新日:

コロナ禍で生活様式が様変わりし、自宅で過ごす時間が長くなった方も多いのではないでしょうか。身の回りの整理をする機会も増えて、不要になったものを処分しようと考えることもあるでしょう。

 

例えば食器を処分したいと考えても、「売る」「譲る」「寄付する」「捨てる」など、処分方法は様々です。「売る」と決めても、フリマアプリで自分で直接売ることも、リサイクルショップや買取業者に売ることもできます。いったいどの方法が自分にぴったりな方法なのでしょうか?

 

ここでは「食器」を処分したいと考えている方に、「7つのチェックでわかる!最適な食器の売り方」を紹介します。7つのチェックが終わると最適な処分方法がはっきりしますので、後は読み飛ばして必要な情報へ飛んで下さいね。

食器の処分で確認すべき7つのこと

まずはじめに、不要になった食器を「売る」「譲る」「寄付する」「捨てる」のか、様々な選択肢がありますが、あなたにとって何がベストなのか最初に現状の棚卸をしましょう。

 

何を棚卸するかと言うと、処分したい食器の種類、状態、量(ボリューム)を確認し、処分したい時期は決まっているのか、急ぐのか、他にも処分したいものはあるのか、という事をはっきりさせるという事です。これがはっきりすると、おのずと処分方法も明確になりますのでぜひ、ここをしっかりチェックして整理してみましょう。

 

【確認すべき7つのこと】
1.食器の種類
2.食器の状態
3.食器の量
4.時間的に急ぐのか、急がないのか
5.手間は惜しまないのか、面倒なのか
6.お金にしたいのか、喜ばれたいのか
7.他にも処分したいものはあるか

 

この7つの確認ができたら、もう処分方法に迷うことはありません。賢い処分法で、場合によってはおこずかいが稼げてしまうかもしれません。それでは確認していきましょう。

食器の種類

食器の種類とは、贈答用に使われるようなブランド品の食器や作家ものの食器なのか、骨董的な価値がありそうな食器なのか、一般に量産されている食器なのかという事です。

 

食器は食べ物を入れて使う器としての実用的な価値と、ブランド品、骨董品として保有することの価値があります。

 

あなたが処分したい食器が、このブランド品、骨董品として価値があるというものであれば、まず「売る」ということを最初に考えると良いかもしれません。

 

大量生産されたものや景品などで入手したような食器、プラスチック製品などの場合は、実際には中々買い手が付きにくいので、今処分したい食器は、自分だったら「お金を払って買いたい!」と思うものなのか、コレクターやファンの人だったら「欲しい!」と思うものなのかをしっかり見極めましょう。

食器の状態

食器の状態とは、新品なのか、箱はあるのか、使用品なのかということです。
新品で箱もある場合は非常に売りやすいものになります。使用品の場合は(1)と併せて考えましょう。結論から言うと、1度でも使用した品は、フリマアプリや買取業者ではほぼ売れません。特例としてハイブランド品は使用品であっても売れます。

 

買取されやすい食器
・新品(箱があればさらによい)
・国内外有名ブランドの食器

 

使用していても買取される食器
・ロイヤルコペンハーゲン、ジノリなど世界的な有名ブランドの洋食器
・有田焼など有名産地や有名作家の和食器
・高級料亭などで使う大皿
・銀製品の食器
・骨董品として価値のある食器

食器の量

処分したい食器の量は多いのでしょうか、数点なのでしょうか?

 

量が多くなってくると、重さもそれに比例して重くなります。割れないように梱包して、運んだり発送したりするのには、それなりの資材が必要になりますし、配送費用も高くなります。自分で「売る」場合には、この資材費、配送費を考慮することが必要です。

 

大量に処分したい時は、自分でひとつずつ売るよりも、買取業者にまとめて見積を取ったほうが良いかもしれません。
また「捨てる」場合でも、量が多くなってくると運ぶだけでも一苦労になります。回収業者であれば、家にいるだけで訪問してもらえるので、どれだけ量が多くても問題ありません。

時間的に急ぐのか、急がないのか

処分は全然急がないという方は、売れても売れなくても「売る」ということにチャレンジしてみてよいと思います。

 

例えば、引っ越しする予定があるならば、引っ越し前までに処分が終わっている必要がありますし、断捨離や収納スペースの問題で、早くスペースを空けたいと考えている場合は、いつ売れるかわからないフリマアプリなどでの売り方は不向きです。時間的に急ぐ場合は、希望の日程で一気に片付くので、ぜひ買取業者や回収業者を検討してみましょう。

手間は惜しまないのか、面倒なのか

それぞれの性格によっても大きく異なるポイントですが、手間暇惜しまないという方は、もし「売る」という場合においても、フリマアプリなどを利用して、写真を撮り、説明文を書き、購入者とやり取りして、発送するというステップを楽しみながらできる人でしょう。

 

できるだけ手間暇かけたくないという方は、「譲る」か、「寄付する」か、買取業者や回収業者で一括で「売る」のが楽でぴったりな方法です。

お金にしたいのか、喜ばれたいのか

ここもそれぞれの考え方によるところです。すぐに売れるものならば、もちろんお金になると嬉しいですが、売れるかどうかわからないものや、売るために手間がかかるなら、お金にこだわらず、喜んでくれる方に譲ったり寄付するのも良い方法です。

 

特にブランド品ではなくても、新生活を始める方などこれから食器を揃えなくてはいけない人にとっては、使い古しでも欲しいと思う方は多いでしょう。エコの観点からもリユースできるものは有効活用したいところです。

 

しかし、譲ったり寄付しても喜ばれそうもないものの場合は「捨てる」しか選択肢は残りません。「売れればラッキー」という考えなのか、絶対お金にしたいのかでも選択肢が変わりますね。

他にも処分したいものはあるか

そして、処分したいのは食器だけなのか、他にもあるのかという確認です。
引っ越しや断捨離、遺品整理など、生活の見直しを進めている方は、実は色々処分したいものが出てくるはずです。
食器の処分で調べているけれど、実は食器以外にも処分したいものがあるという方は、まとめて買取や回収業者を検討するのがおすすめです。

 

最適な食器の処分方法「譲る」「寄付する」「捨てる」

さあ、ここまでチェックしてみて「売る」「譲る」「寄付する」「捨てる」という大きな方向性は決まりましたか?ここからは具体的な処分方法を紹介します。

 

「売る」場合は、様々な選択肢があります。先にチェックした食器の種類や状態、量、考え方などで最適な売り方を決めましょう。自分で直接インターネット上でフリマアプリなど使って売る方法と、買取業者や回収業者にまとめて売る方法について、この後に詳しく紹介します。

 

「譲る」場合は、周りに「欲しい」という友人、知人がいれば1番理想的ですが、身近にいない場合、「欲しい」という方を見つけるサイトもありますので、活用してみても良いかもしれません。

 

代表的なのは、地元で譲り合う「ジモティー」というサービスです。不用品を無償であげます、譲りますというコミュニティなので、条件が合う方に会えるかもしれません。

 

「寄付する」場合は、使用済みなど、どんな状態の食器でも受け入れますが、送料などの実費を含めて寄付金を募るところが多くあります。

 

代表的なのは、国際社会支援推進会の「ワールドギフト」です。こちらに依頼するためには集配送料含めて2400円の寄付金が必要です。

 

「捨てる」場合は、業者によっては処分費用がかなり掛かる場合があります。できるだけ安く処分したい方は、不用品や粗大ごみをどこよりも安く回収する「不用品回収ルート」を検討してみて下さい。「不用品回収ルート」は買取サービスも行っているので、不用品の処分と同時に買取査定も行えます。創業17年で年間の回収実績は20,000件あり、お客様満足度が97.5%という評価を得ている安心の業者です。

 

絶対に無料で捨てたいと考える方は、お住いの自治体のルールに従って分別し、家庭用不燃ごみとして処分しましょう。欠けていたり割れている食器は「捨てる」ことになりますが、量が多い場合や、食器以外にも処分したいものがあるときには、やはり回収業者でまとめて処分するのがおすすめです。その場合には不用品回収費用は発生します。

自分で「売る」フリマアプリの選び方

自分で売る場合は、インターネットを利用してフリマアプリを使うのが一般的です。

 

食器の量がそこまで多くなく、売れそうなものがある場合、手間暇惜しまず、時間的に余裕もある方には最適な処分方法です。食器の撮影、説明文の作成、梱包資材の準備は必須ですが、これまで経験がある方にとってはそれほど苦はないでしょう。

 

今回初めて挑戦するという方は、フリマアプリごとに特徴がありますので、参考にしてください。

 

◆メルカリ
圧倒的人気のフリマアプリ。利用者数が多いので売れやすいのが特徴。売れた場合には売り上げの10%が手数料として差し引かれます。また売上金を引き出すには一律200円の手数料が引かれます。発送費用も売主が負担することが主流です。

 

重量に応じて配送費は上がりますので、あまり大量に売るのには適しません。発送で割れないようにしっかり梱包する必要があり、このための資材を購入する費用も見込んでおきましょう。割れ物ですから、割れたり欠けたり後々トラブルになってしまわないよう、細心の注意をしましょう。

 

◆ラクマ
楽天のフリマアプリ。後発なのでメルカリより利用者数は少ないものの、女性や主婦の比率が高めなので、食器など日用品は売れやすく、人気のキャラクターものの食器なども売れやすいです。
売れた場合の販売手数料は6%。売り上げは楽天ポイントとしてすぐ使えるので、楽天ユーザーならば最適なアプリです。発送に関してはメルカリと同様の注意が必要です。

 

◆ヤフオク
ネットオークションでは最大規模を誇るヤフオク。古参のアプリで、男性比率が高めでマニアックな商品を扱うプロのユーザーが多いのが特徴です。
名前の通りオークション形式なので、欲しいと思う人が価格を釣り上げてせりあう形式です。出品した価格から思わぬ高値がつくことがあるので、骨董品や、コレクターが好きなマニアックな食器などを売りたい時に向いています。
売れた場合の販売手数料は10%。売り上げはPayPayと連動しています。

 

業者に「売る」買取・回収業者の選び方

 

売れそうなブランド食器や骨董品として価値がありそうな食器を、手間暇かけずに一気に手早く処分するならば、買取業者に売るのが1番です。
食器専門の買取業者は数多くあるので、2~3社問い合わせて比べてみると良いでしょう。

 

但し、食器専門の買取業者は、基本的に新品の高級ブランドしか取扱していないことがほとんどです。今、処分したい食器は、新品のブランド品でしょうか?

 

処分したい食器が珠玉混合で「売れそうな食器も、ノーブランドの売れそうもない食器もある」という方、食器以外にも処分したいものがある場合には、買取も行う回収業者を利用するのがおすすめです。まとめて査定して、価値があるものは買い取ってもらえるので、一気に片づけることができます

 

創業17年の「不用品回収ルート」なら、買取サービスが年間回収実績20,000件あり、お客様満足度97.5%という、業界内でも信頼の厚いサービスを行っています。食器の買取も回収も同時に行いますので、ぜひ検討してみてください。

日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐顧客満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐スタッフ対応満足度ナンバーワン 日本トレンドリサーチ調べ 不用品回収業者‐口コミ評価満足度ナンバーワン

食器の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

食器の不用品回収

食器の不用品回収はもちろん
その他大型家具や家電の回収にお困りなら
不用品回収ルートにお任せください!

食器の不用品回収
0120-555-329

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top