畳の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
【畳の処分方法2選】一番安く済む方法・お得な方法を知りたくありませんか?

この記事では、不要になった・処分に困った畳の処分方法を2つご紹介しております。5分ほどで読める記事となっていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

畳の処分時期とは

畳の寿命は一般的に10~15年程度と言われています。メンテナンス方法として知られるのが、5年ごとに表裏をスイッチして使用することです。

 

あくまでも目安なので、目に見えて畳が消耗されているのであれば、これから紹介する方法で処分してください。

畳を自治体で処分すると何ゴミ?

畳を自治体に処分する際、燃えるゴミまたは粗大ゴミとして処分することができます。

燃えるゴミになる場合

燃えるゴミとして処分できれば費用はかかりませんが、多くの自治体では”1辺の長さが30cmを超えるのものは粗大ゴミ扱い”としています。

 

そのため、燃えるゴミとして処分する場合、畳を裁断して1辺30cm未満にしてゴミ袋に入れて出しましょう。

粗大ゴミになる場合

例えば、6畳分を燃えるゴミとして処分する場合、畳1枚1枚裁断しなければいけません。ノコギリなどの工具が必要なので、裁断ができない方は1枚ごとにお金を払って処分することができます。

 

処分の際、自治体に申し込みをする必要があり、以下の手順で行ってください。

 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセス。電話またはインターネットで申し込む。
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、畳に貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

裁断する必要がありませんが、デメリットとして、

 

  • 畳1枚は約30kgあるので、収集場所まで持っていくのが大変
  • 畳1枚に対して費用が500円~1,000円発生する
  • 申し込んでから回収されるまで最低1週間以上かかる

 

というものがあります。

 

重い上に1枚ごとに費用が発生するので、次にご紹介する不用品回収業者への依頼がオススメです。

畳の処分を不用品回収業者に任せると楽!

先ほど紹介した自治体での処分方法にはデメリットがあります。特に畳の枚数が多い場合は、不用品回収業者を利用した方がお得になることも。

 

また不用品回収業者に依頼することで、

 

  • 重たい畳はすべて業者が部屋から運び出して回収してくれる
  • 畳と同時にいらなくなった家具や家電、衣類などを回収してもらえる
  • 最短即日で回収してもらえる

 

など、多くのメリットがあります。

 

費用を抑えたい方は、弊社の『不用品回収ルート』は業界最安値宣言をしており、他社より1円でも高い場合は料金の相談が可能。また、最短即日回収が可能なので、速さ・安さともにオススメです。

「無料」と言っている業者は詐欺の可能性!?

街中をトラックで巡回している、「無料」とうたっている廃品回収業者の利用は、各自治体で警報を鳴らしています。

 

実際にあったトラブルを例にあげると、

 

  • 無料と言っていたがトラックに積んでから料金を請求された
  • なんだかんだ理由をつけられ料金を請求された
  • 料金をとられた挙句、不法投棄されていた

 

などがあります。トラブルごとに巻き込まれないように、料金プランが明確かつ会社が存在している業者に依頼しましょう。

まとめ

最近建てられる住居は洋室が多くなってきたので、畳を処分する機会がかなり減りました。しかし、なかには和室を好み住む方もいらっしゃいます。

 

その際は、この記事を参考に自治体で処分するか、安心できる不用品回収業者に依頼してください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top