不用品パンダ
燃えるゴミで捨てられる?不用となった”茶箱”の処分方法をご紹介!

不用となった茶箱は、サイズも大きくないので燃えるゴミで捨てられそうですよね。

 

しかし、そのまま捨てようとしたら、いつまで経っても回収してもらえません。集合住宅にお住まいの方だと、最悪管理人や大家さんから警告されてしまいます。この記事ではそんな茶箱の正しい捨て方・処分方法をご紹介していますので是非参考にしてください。

不用になった茶箱の処分方法

この記事で紹介する、不用になった茶箱の処分方法は以下の3つです。

 

  1. 燃えるゴミとして出す
  2. 粗大ゴミとして自治体に回収してもらう
  3. 不用品回収業者に依頼

 

その他にも、リサイクルショップで買取依頼する方法、フリマアプリに出品する方法などがあります。しかし、茶箱の需要は高くありませんし、新品・未使用でないと売却は難しいと思いますのでこの記事では割愛させていただきます。

 

では、実際の処分方法を見ていきましょう!

①燃えるゴミとして出す

冒頭では「燃えるゴミとして出すといつまでたっても回収してもらえません」と書かせていただきましたが、実は茶箱を燃えるゴミとして出す方法があります。

 

その方法とは茶箱を分解・解体すること!

 

多くの地域で燃えるゴミと粗大ごみの境目として、1辺30cm以下か30cm以上という決まりがあります。そのため、工具等を使って茶箱を1辺30cm以下に分解、または解体することで燃えるゴミとして出すことが可能になります。

 

分解・解体していく中で部位によっては燃えない部分も出てくると思いますので、燃えない部位があればそれは不燃ゴミとして出しましょう。

②粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

粗大ゴミとして自治体に出す場合、いくつかの手順を踏まなければいけません。多くの自治体では以下の手順で粗大ごみとして出すことが可能ですが、自治体によって多少異なる部分も出てくることもありますので必ずお住まいの自治体のルールを確認してください。

 

手順①:自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセスし、電話・インターネットで申し込み予約する。
手順②:処分費用分の有料ゴミ処理券を「粗大ゴミ処理券取扱所(コンビニ等)」で購入。
手順③:購入した処理券を不用になった茶箱に貼り付け、指定された収集日に収集場所に出して完了。

 

以下が茶箱の処分費用例です。目安として東京の代表的な地区の料金を記載させていただきます。

地域 処分費用
東京都大田区 300円
東京都新宿区 400円
東京都日野市 400円

③不用品回収業者に依頼

大袈裟に感じますが、不用品回収業者に依頼して茶箱を処分する方法もオーソドックスです。利用する理由としては、茶箱だけでなく同時に不用になった家具や電化製品、自転車、衣類などを処分したい人が多いです。

 

確かに不用品回収業者の中には、処分する物が多ければ多いほど料金がお得になるプランがあります。ぜひ、周りを見回して処分したい物をたくさん見つけた方は、不用品回収業者を利用しましょう。

 

一口に不用品回収業者といっても検索すると膨大な量の不用品回収業者があります。以下に不用品回収ルートとその他会社を例に、サービスの違いや費用感についてご紹介します。

サービス名 A社 B社 不用品回収ルート
料金プラン 軽トラック載せ放題 15,000円 軽トラック載せ放題 19,800円 業界最安値(他社より1円でも高い場合料金相談可能)
受付時間 10:00~19:00 9:00~23:45 24時間

不用品回収ルートでは業界最安値宣言をしており、上の表でもある通り他社と比較し料金が1円でも高い場合はお申しつけください。その他にも最短でお問い合わせ頂いた即日に回収に伺うスピード対応にも自信がありますので、茶箱やその他不用品がお手元にある場合は是非お気軽にご相談ください。

 

詳しい料金プランやサービス概要はこちらをご確認ください☞『不用品回収ルートの特徴や料金プラン

茶箱を処分せずにアレンジ!

不用になった茶箱をアレンジて再利用するのも一つの手です。いくつかアレンジ例をご紹介です。

 

  • キャスターをつけて物入れにする
  • 押し入れなどの仕切りや棚として使う
  • 防水スプレーなどで防水加工して、玄関や庭で物入れとして利用

 

ただし、あまりにも劣化してる場合は諦めて処分してしまいましょう。

まとめ

茶箱は一見そのまま捨てられそうですが、正しい処分方法で捨てなければいけないことをご紹介させていただきました。

 

茶箱を処分したい場合は「細かく分解して燃えるゴミに出す」「自治体に申し込んで回収してもらう」「不用品回収業者に依頼して回収してもらう」のどれかに頼る必要があります。茶箱以外にも不用品が有る場合や手間を掛けたくない場合には不用品回収業者をご利用することをお勧めします。

 

不用品が無くなればできれば、家がスッキリして気持ちもスッキリしますよ。

 

お気に入りや思い入れのある茶箱などで捨てるのに抵抗がある場合は、ちょっとしたアレンジをすることで再利用することもお勧めです♪

page top