トロフィー・メダルの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
トロフィー・メダルは何ゴミ?正しい捨て方5つをご紹介!

大会の優勝時に受け取れるトロフィーやメダルは嬉しいものですが、ずっと家に置いておくには場所を取ってしまいます。

 

そんな理由から、トロフィーやメダルの処分を考えている人は少なくありません。

 

ここでは必要なくなったトロフィーやメダルのゴミ区分や処分方法について解説しています。

トロフィー・メダルの処分方法5つ

トロフィーやメダルは通常の家庭ゴミとして捨てる方法意外にも、いくつかの方法があります。

 

費用や手間などの何を優先するか考えながら、どの処分処分方法が自分に適しているか考えながら確認しましょう。

金属ゴミとして捨てる

材質が金属のトロフィーやメダルであれば、家庭ゴミの「金属ゴミ」として捨てることができ、回収された金属ゴミは解体工場へ送られ、貴重な金属資源のとして再利用されます。

 

トロフィーの台座などで木製やプラスチック部分があれば、分解してから金属ゴミとして出しましょう。

粗大ゴミとして捨てる

高さが30cm〜50cmを超えるトロフィーであれば、金属ゴミとしては捨てられませんので、粗大ゴミとして捨てる必要があります。

 

粗大ゴミとして捨てる流れは以下のようになります。

 

  1. 粗大ゴミ受付センターへ問い合わせ、粗大ゴミの収集を依頼する。
  2. スーパーやコンビニで購入できる粗大ゴミ処理券を購入して貼り付ける
  3. 粗大ゴミの収集時間までに、お問い合わせ時に指定した場所へゴミを出しておく。

 

粗大ゴミは一点につき一枚のゴミ処理券が必要になります。貼り忘れなどがある場合は収集されないので気をつけましょう。

オークションに出品する

トロフィーやメダルはネットオークションに出品する方法でも処分できます。

 

個人に向けて送られるものですが、

 

  • 小さな大会で再利用する
  • 子供のためにオリジナルのトロフィーをつくる

 

など様々な活用法があります。小さなものから、有名な大規模の優勝トロフィーまでさまざまなものがありますが、相場は500円〜数万円になります。

 

名前の乗っているプレートは出品時には忘れずに剥がしましょう。

貴金属として買取に出す

銀製のトロフィーであれば、貴金属として金・銀・プラチナ店で買い取ってもらえます。

 

トロフィーの底や側面に「925」や、「STERLING(スターリング)」と刻印れていれば、本物の銀を使用している証です。

 

サイズの大きいトロフィーやメダルの場合は高額チャンス!

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法でもトロフィーやメダルを回収してもらえます。前に紹介した方法とは違い、費用はかかっていまいますが、処分までの手間や時間は最も少ない方法です。

 

世の中には無料で回収すると宣伝しておいて、トラックに積み終わった後に高額な費用を請求する業者がいます。そのような業者に引っかからないためにも、回収の実績がある料金プランの明確な業者に依頼しましょう。

不用品回収ルートでトロフィー・メダルを回収してもらうメリット

不用品回収ルートでは、規模に関わらず回収を行っているので、

 

  • 大掃除のタイミングで不用品が大量に出てきた
  • 引越しで必要ない家具が大きすぎる

 

など、トロフィーやメダル以外に排出された不用品を分別する必要なく、一度に片付けられます。

 

さらに、最短で即日回収にも対応しているので「今日中にすべて回収して欲しい」と考えている方はお気軽にご相談ください。

 

気になる点やお見積もりは、WEB・LINE・電話から無料で受け付けています。

トロフィーやメダルを処分する前に

必要がないからと言ってトロフィーやメダルを捨てるのに抵抗を感じる方もいると思います。そんな時は、写真を撮ってアルバムに思い出として残しておきましょう。

 

デジタル写真で保存すれば場所も取らず、見返したい時に見返せるのでおすすめです。

まとめ

優勝トロフィーやメダルは家庭ゴミとして簡単に捨てられますが、なにを重視するかによっても選ぶ方法が異なります。

 

少しでも安く処分したり、お金を手に入れたいなら買取に出す方法がおすすめです。

 

手間や時間を節約したいと考えている方には、即日回収にも対応している不用品回収ルートにお任せください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top