テレビの回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
粗大ごみで出すことが出来ない!テレビの正しい処分方法
公開日: / 最終更新日:

処分するテレビ

一家に一台とも言える家電製品のテレビですが、最近はインターネットの普及や動画サイトの充実によりテレビの利用者は減ってきたと思います。見ることがほとんどなくなった…壊れてしまった…など様々な理由から不用となったテレビは粗大ごみとして出すことが出来ません。ここでは何故粗大ごみとして処分出来ないのかを初め、テレビの処分方法についてもご紹介させて頂きます。

テレビは粗大ごみとして出すことが出来ない

テレビは家電リサイクル法の対象品となるため、自治体などによる粗大ごみに出すことができません。冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・洗濯機もこの法の対象品です。これらの家電には有用な部品や材料が使われているためリサイクルしなければいけないのです。

家電リサイクル法とは

 

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

参照元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/

家電リサイクル券について

家電リサイクル法に則って処分を行う場合にはリサイクル費用が掛かります。このリサイクル費用はリサイクル券を購入し処分品に張ることで支払うことになります。リサイクル券は郵便局で購入することが出来ますが、処分する品目やメーカー・サイズによって料金が異なりますので、購入する前にどのリサイクル券を何枚購入すれば良いかを事前に家電リサイクルセンターのHPから調べておく必要があります。

テレビの処分費用について

テレビを処分するのにかかる費用は大まかにわけて、「リサイクル費用」と「収集運搬費用」の2つがあります。リサイクル費用は先ほどご紹介した通り、メーカーやサイズにより異なり、収集運搬費用に関してはどの処分方法を利用するかでことなります。

 

処分方法についてはこれから6つご紹介いたしますので、収集運搬費用の参考にして頂ければと思います。

テレビの処分方法6選

その1:買換えの時に家電量販店に引き取りを依頼する

家電量販店で新しいテレビを購入する際に今使用しているテレビを引き取ってくれるサービスを利用する方法です。引き取り費用も比較的抑えることが出来るうえ、テレビの到着時にその場で交換(引き取ってもらえる)してもらえるのでテレビが無いという状態もおきません。唯一のデメリットとしては買換えの時にしかこの方法が使えないという点ですね。また、購入前に必ずこのサービスを対応しているかどうかをお店の方に必ず確認してください。

その2:購入した店舗に引き取りを依頼する

その1と似ているようですが、こちらは単純にテレビを処分したい時に利用する方法です。不用となったテレビを処分したい時にもし購入したお店が分かるようでしたら、そのお店に連絡して引き取ってもらうサービスです。家電製造業者には自らが製造した特定家庭用機器の引取りを求められたときは、それを引取り、リサイクル及び回収を実施する義務が家電リサイクル法により課せられています。ですので購入したお店が分かる場合にはお店に引き取り依頼をしましょう。どのお店で購入したか分からない場合や既に購入したお店が無くなっている場合はこの方法が使えないので別の方法で処分する必要があります。

その3:家電製品協会指定の場所に持ち込む

その1とその2での方法が使えない場合には家電製品協会指定の場所に持ち込むことでテレビを処分することが出来ます。こちらの方法はテレビを処分したい方なら誰でも利用することが出来るのが特徴的ですが、指定の場所まで持ち込む必要がある、収集時間が決まっている、リサイクル券を事前に用意する必要があるなど手間がかかることがデメリットとなっております。

その4:リサイクルショップやネットオークション等に出品する

この方法はちょっと特殊ですが、処分費用を掛けずに処分することが出来ます。また希望の金額で買取をしてもらえた場合にはとてもお得に処分することが出来る方法です。ここまでですとメリットばかりになりますが、実はなかなか買い取り手が付くことが難しいです。テレビは新型が続々出る商品でもありますので、出品しようとしたテレビがとても古いものだったりするとこの方法を利用することが厳しくなってきます。

その5:知人や友人に譲る

こちらの方法も処分費用が掛からないうえ、面倒な手続きも無いためお勧めの方法です。処分に出す前にテレビを欲しがっている知人や友人がいないかを確認してみると良いでしょう。大型で無ければ持ち運びにも手間もかからず、処分もでき、譲ってもらった方はテレビがもらえて2人ともハッピーな気持ちになれること間違い無しです。

その6:不用品回収業者に回収してもらう

最後の方法として不用品回収業者に依頼してテレビを回収してもらうという方法をご紹介いたします。こちらの方法の特徴としてはその他の方法に比べ費用は掛かってしまいますが、手間を最大限に省くことが出来ます。電話やWEB問い合わせから回収を依頼し、あとは依頼した業者さんが来てくれるまで待つのみになります。事前に費用の見積もりをしてくれる業者さんも多いので、一度ご相談してみるだけでも良いかもしれません。

 

もう1つの特徴として、他の不用品も同時に回収してもらうことができ、1度に不用なものを整理することが出来るので、テレビ以外にも不用となったものがある場合にはこちらの方法がとてもお勧めです。

悪徳な不用品回収業者にはご注意を

不用品回収業者は手間がかからない、気軽に利用出来る特性上悪徳業者いますので注意が必要です。特に「町中をゆっくり徘徊し無料で引き取ります」というようなトラックなどは見たことがあるのではないでしょうか。悪徳業者を利用してしまうとその時はとてもお得に処分出来たと思いますが、不法投棄やトラックに乗せた途端に法外な料金を請求してくることもありますので、注意が必要です。

不用品回収業者にお困りなら不用品回収ルートにお任せ

不用品回収業者の利用を検討中であれば是非「不用品回収ルート」にお任せください。不用品回収ルートにはお客様に選ばれる以下の理由があります。

 

・お客様の70%は女性のため女性の方にも安心して頂けます
・年間回収件数20,000件と豊富な回収実績
・アクシデントがあっても最大3,000万円の補填精度あり
・サイズや量に関係なく1点から大量の不用品まで回収可能

 

費用面とスピード面にも自信をもっており、お客様の依頼していただいた量に合わせた料金プランを用意、お問い合わせ頂いた時から最短60分でお見積り・回収に伺うことも可能となっております。

 

その他の詳しい料金プランはこちらからご確認ください☞「不用品回収ルートの料金プランページ」

 

また、見積自体は無料となっており、24時間365日受付中となっておりますので、どなたでもweb・LINE・電話からご相談いただく事が可能となっておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

テレビの処分方法について6つ程ご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。テレビは家電リサイクル法の対象となっているため、リサイクル料金と収集運搬費用がかかること、またそれぞれの処分方法により処分費用がことなることをご紹介させていただきました。

 

新しく購入をお考えの方は必ずお店の方で引き取りサービスが対応しているか確認してください。手間も費用も抑えることが出来るのでお勧めです。その他の方法だと知人や友人に譲る方法も二人ともお得になれるため、処分をするよりも先に周りの方たちにきいてみると良いでしょう。

 

費用はある程度かかってしまっても良いが手間を最大限省きたい時には不用品回収業者に依頼することがお勧めです。その際町中を徘徊している業者は避けるようにしてくださいね。

 

もし不用品回収業者でお困りでしたら、是非不用品回収ルートをご利用してみてください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top