傘立ての回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
不用になった傘立ての処分方法3つと不用品回収を選ぶときのポイント
公開日: / 最終更新日:

家庭で使われる小さなものから、オフィスなどの職場で活躍する傘立て。買い替えしようと思ったり、必要なくなった時にどうやって処分すれば良いか悩むことがあるかと思います。

 

ここでは傘立ての処分方法3つを紹介した後で、不用品回収を選ぶときのポイントについて解説していきます。

傘立ての処分方法3つ

傘立ての処分方法はそれぞれ特徴が異なります。どの処分方法がもっとも適しているか考えながら確認していきましょう。

粗大ゴミとして処分する

各自治体の規定に従い、粗大ゴミとして傘立てを処分する最も一般的な方法です。

 

  1. お使いのパソコンや電話から「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせて収集の依頼をする。
  2. スーパーやコンビニで「粗大ゴミ処理券」を購入して、傘立てに貼り付ける。
  3. 収集日の回収時間までに指定場所に傘立てを出しておく。

 

回収する業者は自宅の中まで入ってはこれないので、指定場所まで自力で運ぶ必要があります。

 

傘立ての数が多いまたオフィスなどでは、その分費用と手間か増えるので予算オーバーしないように注意が必要です。

可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する

粗大ゴミサイズ以下の傘立で金属製のものは不燃ゴミとして処分することができます。一部木製など可燃物を使っているものは、分解してからゴミとして処分するようにしましょう。

不用品回収として処分する

不用品回収業者に依頼して処分する方法です。不用品回収業者なら傘立てのサイズや個数に関係なく回収対応しているので、オフィスなどの職場で使われている傘立てでも簡単に処分することが可能です。

 

傘立てのサイズが大きくて数が多い場合は、プロの回収業者の不用品回収を利用することをオススメします。

不用品回収を選ぶときのポイント

不用品回収業者選びに失敗しないために、選ぶ時に見るべきポイントについて解説します。

 

不用品回収の中には、違法に費用を吊り上げる悪徳な不用品回収業者も多いです。きちんと安全かどうか確認してから依頼するようにしましょう。

過去の実績を確認する

不用品回収業者の過去の実績を見ることでその業者の安心感が測れます。「創業年数」や「回収件数」がその業者を見極める実績となります。創業からの年数が経っているのは、それだけ選ばれ続けてきた理由からです。

 

不用品回収に安心感を1番に求めるなら老舗の業者を選ぶようにしましょう。

料金のプランが明確か

不用品回収業者の中には料金プランが不透明で、出張費用や見積もり費用などのオプション料金として違法に費用を吊り上げることがあります。

 

また回収後に費用内容を説明されて、高額な支払いを請求されることがあります。あらかじめ見積もりをして金額に納得した後で、回収してもらうようにしましょう。

不用品回収ルート独自の強み

不用品回収ルートでは信頼性もさることながら、他社にはない独自のメリットがたくさんあります。自分が傘立てを処分する際に、どんな利点を優先するか考えながら確認しましょう。

回収費用の安さは業界トップクラス

不用品回収ルートでは業界最安値宣言をしています。回収費用が他社より1円でも高い場合は相談頂けますので、回収費用をとにかく安くしたい人に嬉しいメリットです。

 

また見積もり・出張費用が無料なので、回収後に費用が吊り上がることはありません。

 

 

無料お見積もりはWEB・電話・ラインからお問い合わせできます。もちろん金額に納得いただけなければ、キャンセルすることもできるのでお気軽ご相談ください。

サイズや規模に関係なく回収可能

家庭で使われている小さいサイズの傘立てなら粗大ゴミで済むかもしれませんが、従業員の多い職場て使われている傘立てはそう簡単に処分できません。

 

他社で断られた数の多い傘立てでも、不用品回収ルートならサイズや規模に関係なく回収対応いたします。

 

不用品回収ルートが提供している「定額プラン」は、分別作業費やスタッフ追加料金などオプションの料金が追加されることなく定額で回収致しますので、職場などの傘立てをまとめて処分したい方に嬉しいポイントです。

万が一の時の損害補填が最大3,000万円

粗大ゴミとして処分する場合、傘立てを自宅から外へ運ぶ際にどこかへぶつけたりしてものを壊してしまったり、怪我をしたり事故が起きる可能性は少なくありません。

 

不用品回収では常に注意を払って作業しておりますが、万が一のアクシデント時に最大で3,000万円を損害補填として対応しております。

 

創業年数は17年以上になり、回収実績も年間20,000件に上りますので、「品質」「信頼」は自信を持って強みと言えるポイントです。

まとめ

傘立てを処分する方法は主に、「自治体に依頼して廃棄処分する方法」と「不用品回収業者に依頼して処分する方法」の2つのパターンに絞られます。

 

費用を優先するか、手間や安全性を優先するかで選択肢は変わってきます。不用品回収業者に依頼する場合には是非不用品回収ルートをご利用してください。

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top