傘・ビニール傘の回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品回収なら不用品回収ルートへお任せください!

不用品パンダ
【知らない人は必見】傘・ビニール傘の正しい処分方法まとめ
公開日:

傘やビニール傘は非常に壊れやすい製品です。
 
壊れた傘の処分方法がわからず、使わないのに自宅に放置している方も多いのではないでしょうか。
 
自治体によって処分方法は異なりますが、ルール通り処分すれば特別難しいことはありません。
 
そこで今回は、傘・ビニール傘の正しい処分方法をご紹介いたします。
 

傘・ビニール傘の処分方法

先ほども申し上げた通り、傘やビニール傘の処分方法は自治体により異なります。
 
具体的には、以下3つのパターンが多いです。
 

  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不燃ごみとして捨てる
  • 分解してそれぞれ素材ごとに分別して捨てる

 
まずはお住まいの自治体のホームページなどを確認するか、問い合わせるなどして、傘が何ごみになるのか調べるようにしましょう。
 

粗大ごみとなる場合

粗大ごみの定義は自治体によって異なります。
 
一辺30cm〜のものを粗大ごみとする自治体もあれば、一辺50cm〜としているところ、また重さで決めている自治体などもあります。
 
お住まいの自治体で傘が粗大ごみとして扱われる場合は、自治体指定の流れに沿って回収を行ってもらう必要があります。
 
詳しくは自治体に確認するのが一番ですが、多くの自治体では以下のような流れで傘やビニール傘を粗大ごみに出します。
 

  1. 自治体のホームページから「粗大ゴミ受付センター」にアクセスし、電話やインターネットなどで申し込む
  2. 処分費用分の有料ゴミ処理券を取り扱い店(コンビニ等)で購入
  3. 購入した処理券に必要事項を書き、傘・ビニール傘に貼り付け指定された収集日に収集場所に出す

 
有料ゴミ処理券の取り扱い店が近所にない場合は、少々面倒かもしれませんね。
 

コンビニなどで手軽に買える場合が多いので、最寄りのコンビニに訪ねてみましょう。

 

不燃ごみとなる場合

傘やビニール傘を不燃ごみ(燃えないごみ)として扱う自治体も少なくないようです。
 
この場合は、指定のごみの日に袋に包んで捨てればよいだけなので非常に簡単です。
 
粗大ごみの条件に該当しないかよく確認し、大丈夫そうであれば不燃ごみとして捨てましょう。
 

分解が必要な場合

傘やビニール傘の素材をバラバラにして、それぞれ分別して捨てる必要がある自治体もあります。
 
この場合は面倒ですが、ハサミなどを利用して分解するようにしましょう。
 
最終的には柄の部分、骨の部分、布・ビニール部分に分けられます。
 
それぞれを指定の方法で捨てるようにしましょう。
 

分解などが面倒であれば不用品回収業者の利用もおすすめ

お住まいの自治体で、傘の分解が必要だけれど、作業が面倒・・・といった場合は、不用品回収業者の利用もおすすめです。
 
処分とは異なり回収という形になり、専門のスタッフが自宅まで回収に来てくれます。
 
傘以外にも家具などの不用品を回収してくれるため、他にも不要なものがあればまとめて出すのがおすすめ。
 

弊社の不用品回収ルートでも、傘やビニール傘の回収を受け付けております。
お申し込み・お見積もりはWebやLINE・お電話にて無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

まとめ

傘やビニール傘の処分方法についてご紹介いたしました。
 
ごみとして捨てる場合は、自治体指定の方法で正しく捨てるようにしましょう。
 
その上で、分解作業が面倒だったり不慣れで危険な場合は不用品回収ルートをはじめとした不用品回収業者のご利用をご検討ください。
 

CHECK! 対応エリア

不用品回収ルートの対応エリア一覧です。

まずは無料お見積もり!メール・LINEでもOK 24時間365日無料見積もり相談受付中!

フリーダイヤル 0120-555-329

メールLINEからも 無料見積もり受け付けております。

page top